聖なるブログ 闘いうどんを啜れ

アクセスカウンタ

zoom RSS 巨人と小人の、チンポはどうだ

<<   作成日時 : 2005/08/05 20:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 まいった。暑さのせいか、まったく頭が働かない。韓国映画「人形霊」は面白く、なにごとか書こうかと思ったけれど、人形についてはいつかきちんとまとまった論文を書かなければならぬと禁欲。やはり体系的論理的な文章を書かなければ、思考は衰退するのかもしれない。ビールより水のほうが美味いと感じるきょうこのごろ。

 週刊プレイボーイに、イランだかインドだかで、25メートルの大巨人の骨が発掘されたとの記事が写真付きで載っている。けど、ムーに載ったなら信じられるが、プレイボーイではとうてい信用できない嘘っぱちだと思ってしまう(韮沢さんなら信用できるが、矢追純一では信用できないのとおんなじ)。しかし、写真を見るかぎり、まぎれもなく本物だ。
 まえにテレビで、南米で小人の地底人のミイラが発掘されたと報じられていた。写真を見るかぎり、まごうかたなき地底人。私も、地底人こそ見たことはないのだが、これはまちがいなく本物と断言できる写真だった。なのに、番組には妙ちくりんな頭をしたナントカゴローという男がでてきて、「あれはフィギアですよ」などと喋りはじめ、おまえのほうがよっぽどフィギアだろう、とおもい、この男の顔がいっしゅん悪魔の顔に見え、私はあわててテレビ局に抗議の(正義の)電話をかけたのだった。巨人族、地底人、爬虫類人、ヒバゴン、体長1メートルのバッタ、オボコボ、チュパカブラ、これらはすべて実在する。なぜなら、そんな気がするからだ。じつは、私のポコチンも、かなり大きいと自負しているのだが、やはり私も巨人族の末裔なのだろうか。それとも、井の中の私大海を知らずというやつなのだろうか。かくして、今日も、正義こそ守ったものの、まともな文章は書けなかった。今月の小劇場は、ヨーロッパ企画「囲むフォーメーション」がおすすめ。では。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
巨人と小人の、チンポはどうだ 聖なるブログ 闘いうどんを啜れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる