聖なるブログ 闘いうどんを啜れ

アクセスカウンタ

zoom RSS 探偵!ナイトスクープ

<<   作成日時 : 2007/09/18 06:40   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 もし坂本竜馬が生きていたら、と思う。竜馬の最期の言葉は「俺は脳をやられたからダメだ」というものだったらしい。もし竜馬があのとき死ななかったら、脳をやられた竜馬は裸で絵を描きながら全国各地を旅してまわったかもしれない。
 「裸の大将 竜馬がゆく」という物語は、こうして生まれたのだ。

 銀座松屋で自動人形師ムットーニの作品展「ムットーニシアター」をみる。ちいさな箱の中でくりひろげられる人形の物語。しかし、近代に侵食されない古きよき日本文化をこよなく愛する俺はやはり山車からくり人形のほうが好きなので、あまり感心しなかったのだ。
 それより、『日経マガジン』40号に載っていた、「神秘の紐 あやとりがつなぐ世界」のほうが演劇的にも興味深い。北方先住民があやとりをよくするというのはきいたことがあったが、国際あやとり協会によれば「五、六年前のホモ・サピエンス(新人)時代に起源をもち、世界各地で偶発的に生まれ、広がった」とのこと。「記録する文字を持たなかった世界の先住民はほとんどといっていいほど、あやとり文化を継承している。文字のない時代、重要な情報を次世代に伝えるため、語り手の記憶を助ける方法としてあやとりが用いられたことを物語っている。」 それは神話や民話として物語られながらかたちを変えてゆく物体劇(前人形劇)といってもいいだろう。このすばらしい文化も邪悪な西洋文明に弾圧され、衰退し、滅びつつあるのだ。愚にもつかない西洋演劇を有難がってるバカは死んだほうがいいと思う。

 ところで、最近ハマっているのが、「探偵!ナイトスクープ」という番組。大阪のテレビ局の制作とのことだが、神奈川テレビで放送されている。「みんなが出るテレビ」の再放送とつづけて見ていたのだが、近頃じゃこっちのほうが楽しみになってきている。じつはもう十九年も放送されている、関西では視聴率20%を超える人気番組で、東京でもかつて放送されていたという。そうしたら、すこしまえに小林信彦が新潟でこの番組を見た、と書いていた。クワスというロシアの飲み物を探してほしいとの依頼だったのだが、小林信彦によるとクワスとはロシア文学に頻繁に現われるそうで、たしかにゴンチャロフの『オブローモフ』にもでてくる。
 むかし小林信彦は、「天才たけしの元気が出るテレビ」を「欽ドン」のまねだ、と書いていたことがあり、俺は「欽ドン」以後の世代なのでよくわからんのだが、「元気テレビ」は当時もっとも先鋭的な番組と思っていた(ただし初期にかぎる)し、小林信彦は「オールナイトフジ」を80年代を代表する番組と評価していて、俺はそれに凄まじい違和感を覚えたぐらいで、秋元康とテリー伊藤では段違いの才能の差があると思うのだが、「ナイトスクープ」は一般視聴者をまきこみ作ってゆく方式としては「元気テレビ」の衣鉢を継ぐものではないかとおもったりして、この番組の評判を聞くにつれ、小林信彦がいままで見たことなかったのはちょっと不思議な気もするのだが、番組のDVDが出ていると知り、さっそく1巻と3巻を借りて見て、死ぬほど笑った。
 いやほんと、視聴者と出演者と製作者がすばらしい共同作業をみせているという点で、これは理想的な双方向性を実現しているのではないか。テリー伊藤にとって出演者はあやつり人形のようなものだったのが、この番組ではすべての出演者がいきいきと活動している。まあそうとう演出(やらせ)もあるだろうが、依頼人として番組に登場する素人が、なんでこんなに面白いのか。最高だったのが川下りで通勤しようと試みる会社員。頭の禿げあがった四十過ぎのオッサンが、なぜこんなバカげたことを思いつき、しかも実行しようとするのか。やっぱ東京育ちの俺にはかなり理解しがたいけれど、こういう人がいるからこそ、世の中は面白いのだ。これほど面白い番組が十九年もつづいているとは、奇跡に近いのではないか。はやくのこりの2巻と4巻がみたくてたまらず、もっともっとDVDが出されることを熱望する。
 かくして、今日も私にいどんでくる馬鹿(悪)どもの罪は、私の煉獄の炎によって浄化された。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
遊びにきました。「探偵!ナイトスクープ」
みた〜い。DVD借りて見てみます。
国際あやとり協会なんてものがあるんですね。
ぴろりん
2007/09/19 02:08
コメントありがとうございます。ぴろりんさんのところではtvkは見られないのですか? 横浜方面では木曜の夜8時に放送しています。見られるのであれば、こちらのほうもぜひどうぞ。
闘いうどん
2007/09/19 06:34
はじめまして。
金魚の会からお邪魔してます。
探偵ナイトスクープは私も大好きな番組です。
私は「小枝の小ネタ」シリーズが気に入ってます。
この頃はすぐに寝てしまってなかなか観れないのが残念ですが。
はこふぐ
2007/10/16 10:59
コメントありがとうございます。はこふぐさんは関西の方ですか。私はDVDにあった寛平さんの肛門パクパクで死ぬほど笑いました。「笑いましょうよ」というサークルにもトピックが立っているので、ご覧になって下さいまし。
闘いうどん
2007/10/16 12:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
探偵!ナイトスクープ 聖なるブログ 闘いうどんを啜れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる