聖なるブログ 闘いうどんを啜れ

アクセスカウンタ

zoom RSS 筑紫哲也の思い出

<<   作成日時 : 2008/11/18 23:14   >>

トラックバック 5 / コメント 4

 筑紫哲也というと、八〇年代の初頭だったか、すでに三人だけとなった幇間(悠玄亭玉介と桜川善平とあと女の人)の芸をみせる催しがあり、母親に連れられて見に行ったとき、テレビの取材といっしょに筑紫哲也がきていた、と母親が執拗に言い張っていたのを思い出す。まだ少年だった俺には、そういわれたところで筑紫哲也が誰なのかも知らないし、テレビに出るような著名人がそんなもの見にくるわけないと思っていたが、のちに筑紫はお芝居などが大好きらしいと知り、じゃあそうだったのかもしれないと得心した。

 社会意識皆無の俺は報道番組を見ない。だからニュース23も家族がみてると音声が聞こえてくるといったぐらいにしか知らない。ニュースステーションも見たことない。しかしピーウィーハーマン似だった久米宏が髭をはやすと大竹まことになるからには、大竹が髭を剃ったらピーウィーになるのだろうか? それだけがひじょうに気になる。
 数年前、文化村美術館でフリーダカーロ展だったかを見てたら、なんか聞き覚えある声が響いてきて、みたら筑紫哲也だった。ああいう仕事してる人は声がよく通るんだなと感心した。俺が生テツヤを確認したのはこれ一度きりだ。
 八〇年代半ばの筑紫編集長の朝日ジャーナルはあまり読んだ記憶がないが、流行物嫌いの俺が反感を覚えていたことはたしかだ。若者の神とか新人類とか、いまのいままで生き残ってるのどれくらいいるのか?
 ビートたけしがラジオで、筑紫がジャーナルの「神々」にレオナルド熊を呼ぶといったのに、「反体制なら誰でもいいのか」と猛り狂っていたのを聴いたことがある。浅田彰も筑紫ジャーナルを批判しついでに、菅孝行と粉川哲夫を「カッコつきの左翼」と罵っていたはずで、つまるところ浅田にとっての菅孝行はたけしにとってのレオナルド熊で、菅孝行=レオナルド熊、ということになるのだ。ところで菅孝行と菅秀美(筆名は鮭切身)親戚説は本当なのか? 俺にとっては菅秀美より菅緑だ。
 というわけで俺は雑誌編集者としての筑紫哲也もよくは知らない。朝日ジャーナルを読むようになったのは左翼色を鮮明にした伊藤正孝編集長時代になってからで、下村マン子時代は誰もがそうであるように思い出したくない。
 筑紫哲也の思い出といっても、このくらいだ。別に嫌いな人ではないのだが、史上最低なテレビ局TBSのキャスターははやめに降りておくべきだったろう。ところで週刊金曜日の新しい編集委員は姜尚中あたりだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
筑紫哲也が語った日本政治のがん症状
筑紫哲也氏の死去を、昨夜のテレビ番組のいくつかが取り上げていた。その中の一つで、生前、概ねつぎのことを語る筑紫氏の姿を映し出していた。政治とは結局は税金の配分の問題である。過去にたいしても、将来にたいしても日本の政治はお金をかけようとしない、と。がん症状だというのだ。 この筑紫哲也氏の言葉は、今日の政治のありようをまことに簡潔でありながら、本質をしっかり捉えている。税金がどのようにつかわれるか、それが政治だという同氏は、小泉以来、特に際立った新自由主義的施策の結果、それがどんな現れ方をするのか... ...続きを見る
花・髪切と思考の浮游空間
2008/12/21 09:50
筑紫哲也氏が死去
ジャーナリストでニュースキャスターの筑紫哲也(ちくし・てつや)氏が7日午後、肺がんのため東京都内の病院で死去した。73歳だった。大分県日田市出身。葬儀は近親者のみで行い、後日、お別れの会を開く予定。 1959年に早稲田大政治経済学部を卒業、同年朝日新聞社に入社し... ...続きを見る
虎哲徒然日記
2008/12/21 10:15
筑紫哲也死す・・・の感想文
個人的には考え方が合わない部分もあり、合う部分もあったジャーナリストだった。 NEWS23の「多事争論」でも納得出来る部分もあり、納得出来ない部分もあったが、簡潔でながらそれでいて鋭い部分を短時間でコメントするあたりはさすがだった。 ...続きを見る
徒然なる司馬に
2008/12/21 10:20
ジャーナリスト 筑紫哲也さん死亡73歳 
筑紫哲也さん死す、がん全身転移(日刊スポーツ) - goo ニュース ...続きを見る
僕のつぶやき。 ネットの窓から。
2008/12/21 11:17
筑紫さんであれば、田母神氏の論文、そして更迭などについて、どう論評したか? 筑紫哲也氏 肺がんのため...
TBSの報道番組「筑紫哲也NEWS23」のメーンキャスターであった、筑紫哲也(ちくし・てつや)氏が7日午後、肺がんのため、東京都内の病院で死去した。73歳であった。 (´;ω;`) ...続きを見る
チョクのブログ
2008/12/21 23:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
浅田彰が<粉川哲夫を「カッコつきの左翼」と罵っていた>というのは正確ではありません。彼は、<粉川哲夫さんのような愚論な左翼>にはもっとがんばってもらわなければならないと言ったのでした。なお、「愚鈍」は、単にバカなという意味ではなく、英語のstubborn(頑固な)の意味だったそうですが、「愚論な左翼」という言葉は非常に受けました。
粉川哲夫
2008/11/19 10:32
粉川哲夫さん、コメントありがとうございます。
「カッコつきの左翼」という言葉はどこかで使っていたと記憶していますが、罵倒ではなく応援メッセージだったのですね。熊さんもたけしにネタにされて有名になったし、よかったよかった!
闘いうどん
2008/11/19 21:38
すみません。「愚論」ではなくて「愚鈍」でした。浅田の「愚鈍な左翼」発言は、朝日新聞社主催のイヴェントの席上だったと思います。粉川は、自分を「左翼」ではなく「アナキスト」と思っていたので、「愚鈍」呼ばわりよりも、「正等」左翼の菅孝行(正確には、「菅孝行さんや粉川さんのように愚鈍な左翼は・・」でした)といっしょにされたことに不満だったとか。
粉川哲夫
2008/11/20 00:10
たしかにいわれてみれば、粉川さんと菅さんではスタイルが違いますね。ラジオと劇場の違いみたいなとこでしょうか。
闘いうどん
2008/11/20 07:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
筑紫哲也の思い出 聖なるブログ 闘いうどんを啜れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる