聖なるブログ 闘いうどんを啜れ

アクセスカウンタ

zoom RSS ホワイトゴート

<<   作成日時 : 2009/10/21 07:28   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
馬の舌と肝臓のお刺身。やっぱり肉は生にかぎりますな。

 先日テレビで、ホワイトゴートという機械を紹介していた。
 シュレッダーで裁断された紙を、尻拭き紙に再生する機械だ。
 知らなかったが、細かく裁断された紙は、再生が難しく、焼却処分されているという。
 機械を製造したのは、群馬にあるシュレッダー製造会社の御曹司。
 裁断された紙をなんとか再利用できないかと、思案をめぐらし、試行錯誤し、十五年かけて、この機械を作りだした。
 「ホワイトゴート」とは紙を食べるヤギをイメージした命名(メエメエ)ですね。
 裁断された紙を洗濯機みたいに回転させ攪拌して水に溶かし、きちんと巻かれた尻拭き紙になって出てくる。すごい。使い心地もいいらしい。
 現在のところ、手作りなので、一台900万円するという。

 群馬県といえば、ダム建設中止反対を唱える保守奴隷の都かと思っていたら、こんなふうに真剣に地球環境を考えている人もいるんだと感動。しかもメーカーの会社の社長も息子が、自分たちの作る機械がだしたゴミ問題をきっちり解決しようと、率先して取組んだのだから偉い。
 こういう人がもっと増えれば環境問題も一歩づつ前進してゆくのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なんか、いつもお久しぶりですね(笑)

ダム建設中止反対は、大部分が政府の責任だと思います。
最初はダム建設に反対していた住民が、泣く泣く建設を受け入れたのに、また掌を返したように「中止」。なら最初から建設を企てるな、と言いたくなるのも至極当然です。

それにしても、写真の料理、美味しそう…(^.^)
麒麟檸檬
2009/10/25 02:05
政府の責任は当然ですが、受入賛成の拝金主義者どもをのさばらせてきた地元住民の責任もあると思います。マスコミも最低ですが。
闘いうどん
2009/10/25 07:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
ホワイトゴート 聖なるブログ 闘いうどんを啜れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる