聖なるブログ 闘いうどんを啜れ

アクセスカウンタ

zoom RSS さまざまな大珍品

<<   作成日時 : 2013/04/18 17:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

《演劇におけるJ・グロトフスキーの「リヴィング・シアター」》(山崎正和『世界文明史の試み』433頁) 山崎正和はこんなていどの知識で前衛批判を行っているのか…

銀座コインの案内が届いたのでみていたら、昭和の大恐慌時に刷られ、未発行に終わったという幻の紙幣「裏白五十円」の見本券がなんと一千万の値。
とりあえず急場しのぎの見せ金として印刷されたものだとか。いっしょに作られ、じっさいに出まわった二百円もすぐ回収されたため、現存品はわずかなようで、日本紙幣収集事典では七百万を超える値段がついているし、今年のコインコンベンションの案内をみると、二百円の見本券に三百八十万の値がついている。五十円券はホントに幻の品らしく、事典でも、民間にあるという話は聞かない、と書かれているし、取引に出されるのは今回がはじめての大珍品らしい。見本でない本物が発見されたら、いくらになるのだろうか。
銀行か印刷会社の関係者が保管してたものか、あるいはどっかの大金持ちの収集家が死んだかなにかの事情で手放されたのだろうな、と想像する。私も収集癖のある人間だけど、こんな凄いの手に入れたいものです。

そういえば先日の「何でも鑑定団」では、「敵国降伏」青色切手を使用した封書が三百万円だった。こちらも刷ったはいいが発行前に戦争に負けたため不発行、になるはずが一部手違いで発行されてしまい、使用の際は「敵国降伏」の文字に墨を塗らなければならず、まっさらのまま消印が押してあるのは幻の大珍品なのだとか。終戦後まもなく、とある切手マニアの少年が特別に入手したものに、プレミアをあてこんで自分宛に手紙を出したとの物語があるそうな。あんな時期にそんなことを考えているとは、収集狂の執念おそるべし。そういえば俺も切手を集めていたころは、日夜切手のことばかり考えていたっけ。件の少年もたぶん切手のことしか頭になかったのだろう。

こないだふと思い出し、ネット検索したのが、大船にあった横浜ドリームランドのモノレールのこと。
鉄道マニアだった少年時代、遠足か何かで電車に乗って大船駅を通りかかったとき、湘南モノレールの反対側にもモノレールの路線らしきものがあるのを発見し、不思議に思った。それが、とうじすでに運行休止になっていた、ドリームランドモノレールだったわけだ。のちにテレビのニュース番組で、運行再開しようにも、近隣に民家が建てられてしまい、どうにもならないといった事情が放映されてるのを見たことがある。
けっきょくドリームランド自体が閉園になり、ほとんど運行されないまま廃止になったそうだ。そこまでは知っていたが、なにか情報が得られるかなと思って調べてみた。そしてこんなのみつけた。
http://blog.goo.ne.jp/saiun4gou/e/1360e6926cf7c015c95730c8e13edc66
http://blog.goo.ne.jp/isaburou_shinpei/e/65ecdc0318386f189e45849c5567763b
記念切符のほうは存在だけは知っていたが、普通の切符を保存してる人がいるのは驚き。運転していたのが一年ぐらいのはずだから、これも大珍品なのではないか。どこかで売りに出されているのだろうか?

もうひとつ思い出し、調べたことが、三波伸介の凸凹大学校。番組そのものではなく、最終回の三波伸介追悼特集がすごかった。
冒頭で出演者が、故人は明るい人だったので、この番組もできるかぎり明るくしたいと思います、とかなんとかいっておいて、薄暗い部屋にぽつんとたったひとつ置かれた椅子に、斎藤清六とかずうとるびの江藤とか清水クーコとかが順順にひとりずつ座り、涙を流し泣きじゃくりながら、三波伸介の思い出を語る。そして最後。ハゲ頭に眼鏡とチョビ髭の三波伸介の写真に向かい、出演者全員は並んで、一言も発することなく、ひたすら遺影をみつめ、涙を流しつづけるのだ。どこが明るい番組じゃー、と俺はあまりの異様な暗さに轟いた。あんなものすごい強烈な追悼番組はあとにもさきにも見たことない。ウキペデアにもそのことは書かれているが、テレビ東京はこれを再放送してもらえないだろうか。だれか録画を持ってる人が、youtubeに掲げてくれてもいい。この録画も大珍品とよぶにふさわしいものではないだろうか。



メッケもん!?掘り出し珍品図鑑
ポプラ社
桂 文我

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by メッケもん!?掘り出し珍品図鑑 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




名品・珍品・逸品!!世界一コレクション生活 (講談社プラスアルファ文庫)
講談社
北原 照久

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 名品・珍品・逸品!!世界一コレクション生活 (講談社プラスアルファ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さまざまな大珍品 聖なるブログ 闘いうどんを啜れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる