聖なるブログ 闘いうどんを啜れ

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガとアニメ

<<   作成日時 : 2013/07/02 12:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

体制が彼らを産み出したのだから、体制には彼らを処罰し抑制する道徳的権利はないという論法は、動物学者には実験室で培養した生きものが毒性を持つようになっても抹殺する権利がないと言うのと同じで、馬鹿げている。E・レイトン『大量殺人者の誕生』

 日本最古のテレビアニメが発見されたという報道があった。
画像
もぐらのアバンチュール

 切り絵の動画だということで、すごく見てみたいけど、衛星放送の専門チャンネルでしかやらないみたいだ。しばらく我慢すればどこかで見られるようになるだろうか。

 前にも書いたが、おいらはどうもアニメという言葉が好きではない。考えてみれば、自分の幼少時代はアニメなんて言葉はなく、マンガとか漫画映画とかよばれていたのだ。
 当時のいわゆる「マンガ」は、テレビにかじりついてひたすら観ていたけど、なぜかほとんど記憶していない。「天才バカボン」とか「サザエさん」はかろうじて憶えているけど、テレビより原作のほうがはるかに面白いといまでは思う。
 日本の特撮物やマンガへの興味を失わせたのは、小学三年か四年ぐらいでレイハリーハウゼンの映画を観たせいもある。そこにあらわれる怪物があまりにリアルで素晴らしく、俺はやがて人形アニメーションに夢中になってゆく。俺にとって、アニメといえば人形アニメのことで、三十年以上前の「おかあさんといっしょ」では、粘土や折り紙や砂を使った、プチプチアニメの元祖みたいな動画をやっていて、これもすばらしく毎日見ていた。あの映像は残されているならぜひDVD化すべきだろう。

 ところで俺が大嫌いなテレビマンガの代表は「ドラえもん」だ。というのも、これが放映されたのがたしか中一のときで、小学生のころは原作の漫画が大好きで(映像はマンガ、紙に印刷されたのは漫画と表記する)、単行本も全部読み、コロコロコミックスなんかも読んでいたはずだが、なにより大山のぶ代の声がダメで、ドラえもんはあんなガサツでなく、もっと知的な感じだと思うし、なよなよしたのび太の声も受けつけなかった。のび太ってやつはあんな優しい感じじゃなく、もっと小狡さとか怠惰とか、ある種日本人の負の部分を表した人間像だったと俺は思う。そんなこんなで一回目の放送以後この番組は観ていない。

 中二のころ、ちょっとオカマっぽい転校生がやってきて、とくに親しいわけでもなかったが、家が近くだったのでいっしょに帰っていると、ふいに「ガンダムって知ってる?」と問いかけてきた。まだ友達の少なかった彼はどうもその話題がしたくてたまらなかったらしい。知らないと答えると、「何時にやってるんだけど、つづけてみてると面白いよ」と言った。そのうちそいつはクラスでもやたら騒騒しい男と仲良くなって、ガンダムごっこを始めた。俺はその騒騒しい男が、五月蝿いだけで面白くないから敬遠、というか軽蔑していた。それもあって、ガンダムがいくら話題になっても目を背け、いまだに観たことがない。

 中三ぐらいのころから俺は日本の民俗人形芝居に熱中し、ますます人形への愛が高まった。絵が動くだけでは物足らなさすぎたのだ。いまきゅうに思い出したのだが、むかし12チャンネルでやってた「猫目小僧」は異色で、絵が動かない、紙芝居風のテレビマンガだった。むかしはこんなものも珍しくなかったのだろうか?
 アニメなる言葉が一般的になったのは『アニメージュ』という雑誌が評判になってからじゃないだろうか。おいらは小学生時分から、漫画はギャグと硬派物しか読まず(ドラえもんもギャグ漫画と認識していた)、映画もアクション物ばかりで、いまだ宇宙物に嫌悪感を抱いているのも、こうした経験があるせいだろう。
 宇宙物といえば、寺沢武一の『コブラ』はけっこう愛読した。あれもほんとに面白いのは単行本の三巻ぐらいまでなのだが、それが「スペースコブラ」の題名でテレビマンガ化されたのもひどかった。たぶん一回しか観てないはずだ。その後も『魁!!男塾』とか、愛読してた漫画がテレビ化されると必ず失望、というより絶望するだけだった。

 それでも古い漫画映画は人形物や実験作品もふくめずいぶん観ている。『アニメージュ』こそ読まないものの、『スターログ』という雑誌の昔の漫画映画の記事はいまも切り取って保存してある。まえにも書いてるはずだが、むかしの動画はほとんど工芸品に近いもので、それゆえ芸術として愛好できるのだ。

 これらが、私がアニメを嫌う理由なのです。
 かくして、今日も正義は、私によって守られた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガとアニメ 聖なるブログ 闘いうどんを啜れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる