聖なるブログ 闘いうどんを啜れ

アクセスカウンタ

zoom RSS 七度目の正義

<<   作成日時 : 2016/07/31 08:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ツイッター転載の小ネタ集:七月の闘いです

7月3日
ダッカ事件で玉川徹氏から「日本人がなぜ狙われるようになったか」と問われた高橋和夫教授はなんだか歯切れが悪かった。放送大学も政府批判すると放送停止にされるんだろうか。

7月4日
佐藤優と竹内久美子の対談本なんて出てるのか。インチキ生物学者の竹内にツッコミまくられるとは、佐藤優もしょせんその程度だったということではないのか。池田清彦が竹内久美子にツッコミまくる対談本を企画したほうが圧倒的に面白いと思うのだが。

大谷翔平て水島新司の「光の小次郎」みたいだけど、一番打者で初球本塁打とはまるで「ドカベン」の中(あたる)ではないか。

7月8日
「水族館ガール」ってかならず松岡茉優の入浴場面があるんだな

7月9日
喜多村緑郎って鉄割アルバトロスケットの戌井昭人が襲名するのかと思ってた

7月10日
不正選挙があった、と断言する気はさすがにないが、じゅうぶん疑うに足る状況証拠はこの四年間で積み重ねられている。疑わなければ声をあげることもできず、証拠は闇に葬られるだけ。疑うことさえ否定するのはただのウンコ主義というものだろう。

7月15日
これを機に孝明天皇暗殺説をもっと検証するべきではないか

7月17日
日曜美術館で古代ギリシャ展を紹介してたが、彫像はどいつもこいつもポコチン丸出しじゃねえか! 古代ギリシャでは筋肉の美は追究されたが、ポコチンの大きさはどうでもよかったらしい。みんなチンポ小さかった。

7月18日
スイカを食べていると、果汁をただよう種がおたまじゃくしに見えてくる。

7月21日
芸術コント:犬の散歩
甲「すぐれた犬ですね」
乙「いいでしょ、血統書つきなんだ」
甲「なるほどな、いくぞ!ゴゴゴゴゴ」
乙「その決闘じゃないよ!」

芸のためならチンポもみせる
それがどうした文句があるか

7月23日
鬼太鼓(おんでこ)座に対抗して、褌一丁の男たちがマラカス振ってマンボを踊りまくる鬼魔羅(おんまら)座を結成したいものだな。

7月25日
東京五輪が大事なんて思ってる都民は、本当はただの一人もいないのではないか。石原時代に東京が落選したとき、誰もが快哉を叫んだはずではなかったか。東京より沖縄の現在の方がはるかに重要だ。自分個人の利益のためなら米国とも中国とも北朝鮮とも組んで国民を弾圧するのがアヘ政権の本質なのだ。

起きたばかりの事件は全貌がわからなくとも執拗に報道するのに、裁判が始まるころには一切取りあげないから、犯行動機などが世間に知られないままになってしまう。ベビーシッター事件の被告(モッテ)が猥褻目的で幼児を預かっていたなぞ、新聞に小さく書かれていただけだった。これでは犯罪予防にならない。

7月26日
高田延彦はドーピング問題をどう考えているのか。ライジンとやらは薬物やり放題だろうに。

7月27日
人類の進化は
大高透→大阪四郎→伊佐坂先生
という流れと
大高透→豚高透→豚高闘竜
という流れに分けられることが化石資料によって明らかにされている
土用の丑の日に対抗して
月用の豚の日を創設する必要があるだろう

7月28日
ジョナサンワイナー『フィンチの嘴』読む。選択による生物進化の観察を記録している、といいながら、みたとこ450頁を越えるこの書の中で、環境に適応した種が生存競争を勝ち抜き、その他は死滅する「自然選択」の実例は、一箇所(第一部5章)しか記されていない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
七度目の正義 聖なるブログ 闘いうどんを啜れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる