聖なるブログ 闘いうどんを啜れ

アクセスカウンタ

zoom RSS トリプルX:再起動

<<   作成日時 : 2017/03/17 23:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
レックスホイスラーのさかさま絵

去年の夏ぐらいから映画館へ足を運んでない。シネコンは好きになれないと前から書いているけど、見たい作品はだいたいバスに乗って行かねばならない所で上映されるから、面倒になって、DVDになるまで待とうと諦めてしまうのだ。演劇はもう一年以上見てないが。

 「トリプルX」だが、第一作は地元の二番館で観た。そこは二回しか行かずに潰れてしまったのでよく覚えているけど、映画の中身はあまり覚えていないから、それほど感心しなかったのだろう。「ワイルドスピード」はどんどんスケールアップしていったにもかかわらず俺がヴィンディーゼルに地味な印象を持っているのも、最初に観た作品をひきずっているからかもしれない。別の役者で続編が作られているのは知らなかった。

 で、「再起動」、テレビのCMで東洋人が出ているのをちらっと見かけたけど、誰だかわからなかった。映画館に行ってみて、はじめてドニーイェンとトニージャーがでてると知った。二人の共演ははじめてのはずだ。

映画の出来はなかなかのものだが、アクションはジャッキーチェンとか007なんかの影響が強いようで、やや既視感がある。最後の、無重力状態になった飛行機内での格闘は素晴らしく、見応え充分(しかしこれも「トランスポーター」シリーズのどこかにあった)。

お話はよくわからない部分があって、もう一度観れば理解できたかもしれないのだが、シネコンという場所はそれを許さない。DVDがでたら見返さなければならない。謎の美女(という設定にしたかったのに巧くいってないように思えた)はインドの女優さんで、「チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ」にでていた人。この映画も観たけどそれほど記憶にない。007のQみたいな役柄のメガネの女の子が可愛い。

参考
チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ
http://oudon.at.webry.info/200905/article_8.html

登場人物は魅力的なのに、上映は一時間四十分ぐらいなので勿体ない。もっと細部を描きこんで三十分ほど尺を伸ばしたほうが面白く、効果的だったんじゃないだろうか。あとトニージャーのアクションが少ないのが残念。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トリプルX:再起動 聖なるブログ 闘いうどんを啜れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる