アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「芸能」のブログ記事

みんなの「芸能」ブログ

タイトル 日 時
今年最後の本質
ツイッター転載の小ネタ集:十二月の闘いです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/31 10:54
ビートたけし 包茎伝説
ビートたけし 包茎伝説 加藤治子さんといえば、80年代初頭、包茎に苦しむビートたけしに「手術したら?」と優しく親身な助言をあたえていた、とタモリがネタにしていて、この美しい逸話に、さすが「なよたけ」の作者の妻だ、と私は泣きじゃくった。いや、このころの私はまだ「なよたけ」を知らなかったが… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/07 20:22
北川景子と尾野真千子
宮田隆『分子からみた生物進化』を読んでいたら、《ジュラ紀後期の地層に葉に似た昆虫の化石が見つかっている。(略)その頃にはまだ広葉樹が進化していなかった》という記述があった。葉っぱよりさきに昆虫の擬態はすでに完成されていたのか?と驚愕し、調べてみる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/12 20:35
四月五月の正義
ツイッター転載の小ネタ集 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/31 08:29
ワイルドスピード スカイミッション
引越しで、過労死寸前というぐらいくたびれてます。この間の出来事についてはまた後日報告しよう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/21 11:20
「明日、ママがいない」DVD化を切望する
「明日、ママがいない」DVD化を切望する お蚕チョコ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/30 21:28
矢崎泰久『残されたもの、伝えられたこと』
去年の暮れぐらい、図書館で矢崎泰久の本を検索したら、表題作を見つけた。副題に「60年代に蜂起した文革者烈伝」とある。読みたいと思って、棚を探したけれどみつからない。ちょうど原稿を書いているとこなので、週一回は通っているから、そのたびに探すのだけど、検索機では貸出可能になってるのに、やっぱりない。一ヶ月ほど経ってもみつからないから、とうとう職員に尋ねてみた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/19 12:11
つけ麺の話
つけ麺の話 芦田愛菜ちゃんのあまムーチョ 愛菜ちゃん字がきれい ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/21 20:38
九月の動画集
Youtube動画集芸術篇です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/26 12:28
片山陽加主演「リボンの騎士」
片山陽加主演「リボンの騎士」 片山陽加主演の舞台、UMANプロデュース「リボンの騎士 鷲尾高校演劇部奮闘記」(六行会ホール)を観てきたよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/15 22:51
六月の闘い:動画集
六月の闘い:動画集 本棚 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/30 13:32
世界1のSHOWタイム
先日、東劇にて古今亭志ん朝の落語映像「居残り佐平治」「宗aの滝」「愛宕山」を観た。すばらしい。やはり同時代をともに生き、志ん朝司会の動物番組「オーワンダーランド」をみることができたのは大いなる幸せだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/24 12:07
四月の闘い
ツイッター転載の小ネタ集、四月の闘いです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/01 22:40
民俗芸能動画集
東京都民俗芸能大会で観た、稲城市山本社中の里神楽「天の浮橋」が面白かった。生まれてきた蛭子を泣きながら海に流したり、カグツチによってマンコが焼け爛れ悶え死ぬイザナミとか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/05 12:16
山田勝仁『寺山修司に愛された女優』
山田勝仁『寺山修司に愛された女優』 図書館の新着コーナーで山田勝仁『寺山修司に愛された女優 演劇実験室◎天井桟敷の名華・新高けい子伝』をみつけた。新刊かと思ったら、三年以上まえに出た本だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/13 09:43
動画集6
東横線にのってると、車内テレビで「のるレージ」なる妙な広告をやってるのが気になってた。動画を調べてみると、これ。でもいまだになんなのかよくわからない。 http://www.youtube.com/watch?v=SuVtldxUyXs ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/16 12:05
音楽・動画集5
ユーチューブの音楽・動画を集めてみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/18 10:21
美輪明宏ドキュメンタリー〜黒蜥蜴を探して〜
美輪明宏ドキュメンタリー〜黒蜥蜴を探して〜 加藤浩次に怯えるまゆゆ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/15 10:32
音楽・動画集3
youtubeでひろった名曲を紹介するよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/26 07:40
音楽・動画集2
ユウチュウブにあったさまざまな音楽・動画を紹介するよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/25 11:15
音楽・動画集1
youtubeの動画をいくつか紹介するよ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/24 18:52
遊佐未森名曲集
遊佐未森名曲集 なかよし ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/25 09:19
芸能小ネタ集
ツイッター転載の小ネタ集、芸能編です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/09 21:07
インドのアクション映画「闇の帝王DON」
インドのアクション映画「闇の帝王DON」 高木美保と黒田福美ってまぎらわしい ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/24 21:04
さまざまな大珍品
さまざまな大珍品 《演劇におけるJ・グロトフスキーの「リヴィング・シアター」》(山崎正和『世界文明史の試み』433頁) 山崎正和はこんなていどの知識で前衛批判を行っているのか… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/18 17:58
大衆演劇と世界経済3
承前 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/22 16:13
007 スカイフォール(ややネタバレ)
お待ちかね、007最新作は大傑作といえるぐらい見応えあったよ。 ...続きを見る

トラックバック 8 / コメント 0

2012/12/03 21:56
見世物小屋の中から
ウェブリブログの調子が悪いようなので、試験的に更新します。たしか2002年に書いた原稿デス。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/21 11:44
アウトレイジ ビヨンド(ネタバレ)
「アウトレイジビヨンド」の感想です。ネタバレしてるので、気をつけて! ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2012/10/11 20:00
みえない演劇をさがして2
「みえない演劇をさがして」第二章 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/10 23:52
踊る信長2
踊る信長第二章 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/29 00:49
踊る信長1
2001年、ステージカオス4号に発表したもの(第一章)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/26 21:06
寺子屋崩壊1
これから、過去に書いた二十枚以上の長編評論を載せていきます。第一弾は、2000年、ステージカオス3号なる劇評同人誌のようなものに発表したもの(前半)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/24 21:43
劇評28 クロカミショウネン18
某氏のブログに掲載したもの(現在は閉鎖) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/14 23:33
劇評22 新派「太夫(こったい)さん」
2004年ぐらいに書いたもの ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/08 07:41
映画・演劇随想 小豆島デコ歌舞伎の謎
知人のHPに発表したもの ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/06 00:10
仲谷明香『非選抜アイドル』
仲谷明香『非選抜アイドル』 朝日新聞に民主党と財務省の癒着が暴露されてます。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2012/04/05 14:29
桂米丸「わが師の思い出」
と、いうわけで、しばらく更新が滞っているうちに一月も終わってしまったけれども、ようやく私は正義の世界に帰ってきた。やはり私には正義がよく似合う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/04 13:49
石川美津穂は何処へ…
「多くの人は科学技術のよい面ばかり見て、それが予期せぬ悪い影響をもたらすことを考えません。私の大学の先生は20世紀はじめ、米国に自動車が登場した頃のことを覚えていました。路上の馬ふんや蹄鉄の騒音から解放された人々は『自動車のおかげで街はきれいで静かになった』と喜んだそうです。大気汚染や二酸化炭素の問題は想像もできなかった。今後開発される技術も、予期せぬ問題を引き起こすでしょう」 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 3

2012/01/12 14:09
現代アートの競演
現代アートの競演 AKB48 菊地あやかちゃんの画像  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/27 09:50
沖縄喜劇の女王・仲田幸子
沖縄喜劇の女王・仲田幸子 映画「ライフ―いのちをつなぐ物語」を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/26 15:38
島田紳助がこと
島田紳助引退報道は、テレビで見ると、釈明会見や「お世話になった」という芸能人コメントの垂れ流しに終始しているが、問題はまだ闇に閉ざされている。犯罪まがいの行為に手を染めていたとの説もあるようだ。紳助は芸人としては天才だけど、人間としては最低だとの認識が俺にはあり、いまではあの顔を見ると吐き気がする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/25 12:42
全国こども民俗芸能大会
伝説のアイアン木場VS宮沢静虎 木場にチョークを極められ絶体絶命の宮沢にセコンドの声が飛ぶ。 「お前の妻は淫売のクソ女だ!」 宮沢「ボクをバカにするなーっ!」 かくしてアイアン木場失明 「タフ外伝」より ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/22 11:17
演劇の現状は? 其の弐
ブルースウイルス主演「RED」は、「ナイト&デイ」「エクスペンダブルズ」よりはるかに面白かったが、アーネストボーグナインが出ていたのにはびっくり。今年94歳だという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/07 13:55
藤山新太郎『タネも仕掛けもございません』
 日本科学未来館でテオ・ヤンセン展をみる。ビーチアニマルと名づけられた、風をためて動くという不思議な物体。でも展示品は一部しか動かず、大半はただのオブジェとして置かれているだけなので、これで1200円は高い気がする。野外での実演がみてみたい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/17 14:08
そっくりさんたち
そっくりさんたち 前記事で菅直人の批判をしたとたんに諫早開門指令。たまにはいいこともするんだな。利権まみれの地元議員に負けずがんばってほしい、この件だけは。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/15 10:18
クリストフ・シュリンゲンジーフ「外国人よ、出ていけ!」
クリストフ・シュリンゲンジーフ「外国人よ、出ていけ!」 太田光の小説が話題のようだ。むかしビートたけしが小説を発表したとき、中上健次が直木賞最有力候補と持ち上げていたけれど、たけしがじぶんで書いたものではなかったらしい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/21 14:17
左翼文化人と芸能人
 AV男優を、ポコチン・プロレタリアートと呼ぶべきか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/09/28 16:15
川本喜八郎の死
川本喜八郎の死 いきつけの図書館に豊竹山城少掾のCD全集がはいっていて、随喜の涙を流しながら寺子屋の段を借り、ふと傍らのチラシをみたら、インチキ文芸時評で私や小谷野敦氏を敵にまわしまくっている某テクスト論者記念講演会のお知らせが…(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/01 15:39
北野武監督「アウトレイジ」
北野武のスプラッターやくざ映画、「アウトレイジ」をポコチン丸出しで観たよ。北野映画は好きではないが、これはかなり面白かった。 ...続きを見る

トラックバック 12 / コメント 0

2010/06/20 21:39
はいだしょうこと大野一雄
アルビノ金魚はいまのところ元気。でもちょっと水が悪くなるとすぐ全滅してしまうので、油断できない。はやく共産党が政権とって、鳩山も長妻もいない平和な世の中が来ないかな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/06 07:54
東京サンシャインボーイズ「ショー・マスト・ゴー・オン」
 ここんとこしばらくてんやわんやの毎日だったけれど、気になっていた事柄のひとつがいい結果に終わり、やっと本格的な悪徳商法との闘いにのりだせるめどがついた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/08 07:41
「黄金の日日」を観る日日
 愛ちゃんが不安と腹痛を訴えて早稲田を中退するらしい。(いささか情報錯乱) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/03/10 00:44
中川右介『団十郎と歌右衛門』
 双葉十三郎死去。九十九歳。俺も少年時代に『スクリーン』の採点評を読んでいて、いまおもいかえせば、かなり自分の好みにあった批評だった。いまの江戸木純や秋本鉄次より的確だろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/18 06:32
タカアンドトシはやすしきよしを超えた
 猫猫ブログに「川端香男里は鴻英良を露文科から追い出した」と書いてあって、詳しい経緯はわからないけど、コウノトリちぇんちぇって、追放されっぱなしの人生歩んでんのね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2009/12/17 17:40
レベッカ・ホルン展
反駁することは甚だ易い、が、理解することは極めて難い。(フォイエルバッハ) ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2009/11/19 12:14
サルメ “7”〜白雪姫と7人のこいびと〜
 週末はサルメのトーキョーお座敷レビュー「“7”〜白雪姫と7人のこいびと〜」(ギャラリー・ルデコ)を観たよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/17 23:25
金正日並のインチキウンコカス人間 鳩山由紀夫
森繁久弥死去。九十六歳か。やっぱり百歳の壁は厚いんだな。オイラはその業績をよく知らないのだが、森繁はもう森繁というひとつのジャンルだったのではないか。先日教育テレビで、森繁と杉村春子の対談を放送していたのに、ついうっかり見そびれたのは残念だった。まあいずれ追悼番組があるだろうし、小林信彦が本を書くことだろう。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 13

2009/11/11 12:18
エクスタピー
 私が学生のころ、酒井法子のそっくりさんが出演した裏ビデオが話題になって、なんでも、「いくピーいくピー」と悶えあえぎ、絶頂に達し「エクスタピー!」と叫ぶんだそうな。見て抜きたかったなあ。しかしどう考えても押尾学のほうが重罪人なんだが。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/18 00:11
愚かしき哉、大衆!――ドキュメント政権交代
ついにこの日がやってきた。とにかくアニメの殿堂だけは阻止したい、これ以上オタクをのさばらせてはならないという、民衆の熱い強い想いが巨大なうねりとなって、自民党を崩壊に追いやったのだ。こんな嬉しいことはない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2009/08/31 08:34
大河ドラマ「翔ぶが如く」を泣きながら見る
予嘗て或人と議論せしこと有り、「西洋は野蛮ぢや」と云ひしかば、「否な文明ぞ」と争ふ。「否な否な野蛮ぢや」と畳みかけしに、「何とて夫れ程に申すにや」と推せしゆゑ、「実に文明ならば、未開の国に対しなば、慈愛を本とし懇懇説諭して開明に導く可きに、左は無くして未開蒙昧の国に対する程むごく残忍の事を致し己れを利するは野蛮ぢや」と申せしかば、其の人口を莟めて言無かりきとて笑はれける。『南洲翁遺訓』より ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/02 19:14
ひさびさ DREAM9
前田五郎が中田カウス脅迫に関与とか。はるかむかし、芸人達を本のネタにした西川のりおが、カウスにボコボコにされたうえ、前田五郎に脅されて大阪に帰れず東京で暮らしていたという話があったけど、いまこそのりおの出番じゃないのか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/26 23:42
ポコチンを出して何が悪い!――いま、SMAPからPOCOPへ
草g剛がポコチン丸出しで逮捕され、日本中が怒りと怯えのパニック状態と化しているが、その真の意味を理解するものは少ないといえよう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/24 07:04
深見千三郎とパン猪狩
 東京都現代美術館の「池田亮司 +/−」はつまらなかったが(常設展のほうがよかった)、国立近代美術館の「ヴィデオを待ちながら」はおもしろかった。でもなぜNHK日曜美術館の司会が姜尚中なのだ? ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2009/04/15 00:10
独道中五十三駅
 ある広さの土地に囲いを作って、これはわたしのものだと宣言することを思いつき、それを信じてしまうほど素朴な人々をみいだした最初の人こそ、市民社会を創設した人なのである。そのときに、杭を引き抜き、溝を埋め、同胞たちに「この詐欺師の言うことに耳を貸すな。果実はみんなのものだし、土地は誰のものでもない。それを忘れたら、お前たちの身の破滅だ」と叫ぶ人がいたとしたら、人類はどれほど多くの犯罪、戦争、殺戮を免れることができただろう。――ルソー『人間不平等起源論』 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 1

2009/03/18 06:25
伝統芸能の一日
 ひさかたぶりに国立劇場伝統芸能情報館の公演記録鑑賞会に行く。学生時代は毎月足を運んで忠臣蔵全段の公演映画を見たりしたものだ、となつかしく思いだす(まだ情報館は建ってなかった)。このたび見たのは、民俗芸能「万歳と大黒舞」。昭和五十四年に上演されたもの。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/11 09:03
九十九一と80年代の笑い
 東京劇団フェス’08(新宿シアターアプル)で、福岡の劇団グレコローマンスタイルの「和装ニホヘト」をみる。全国大会優勝を目指す和装モデルと着付師、それをとりまく人間模様を描いた、正統派バックステージ物シチエイションコメデー。かなりうまくできていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/11 12:14
インド舞踊 シャクティ初来日公演
世を渉ること浅くば、点染も亦浅く、事を歴ること深くば、機械も亦深し。故に君子は、其の練達ならんよりは、朴魯なるに若かず、其の曲謹ならんよりは、疎狂なるに若かず。――菜根譚 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/13 06:59
たばこ税増税反対の署名にご協力ください
山本夏彦はかつて、新国劇は才能ある若手をつぶしたから劇団自体がつぶれてしまった、というようなことを述べていたが、歌舞伎座の裏にある飲み屋のママは以前、新国劇は緒形拳にひっかきまわされたと喋っていた。緒形拳と新国劇の関係は、ほんとはどのようなものだったのだろうか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/09 11:53
容疑者Xの献身
昨今の大相撲騒動で気になるのは、力士たちの喋り方。いやしくも相撲取りなら、「わしは八百長をやったでごわす」とか「八百長は一切やってないでごわす」というふうに、語尾に「ごわす」をつけるべきだろう。こんなところからも伝統の崩壊が迫っているのだ。 ...続きを見る

トラックバック 33 / コメント 0

2008/10/06 14:15
中学生日記に感動
 衛星放送で、花柳章太郎主演「佃の渡し」を見ようと思ったけれど、面倒臭くなってやめてしまう。「太夫さん」だったらどうあっても録画保存したんだがな。それにしても深夜一時頃になって昭和三十年代の新派芝居見るヤツなんているのか? せめて夜十一時ぐらいにしてほしいよ。NHKの番組編成は、東急のダイヤ編成に匹敵するウンコぶりだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2008/09/07 07:59
志ん朝・欽ちゃん・後藤ひろひと
巨大グモ。国産種だろうか?外国の毒グモだったらと思うと夜も眠れない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/31 20:40
野茂英雄引退
すいか味のキットカットって、ぜんぜんすいかの味しないじゃん! 塩かけて食べないとダメかな? ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2008/07/18 13:29
スペインの恐怖映画 [REC](レック)
 最近はデボラコルカーカンパニーの舞踊「ルート」(神奈川県民ホール)、五島列島の芸能(国立劇場)をみたよ。  五島は手延べうどんだけでなく、鯨漁がさかんだったようで、芸能や民話にもあらわれている。神道・仏教・キリスト教が古来から共存しており、神楽や念仏踊りや賛美歌といったそれぞれの芸能が上演された。少女たちによる太鼓演奏が素敵。来月は東京の夏音楽祭で、アマゾン先住民やアフリカ砂漠の民の芸能も上演されるので楽しみだ。 ...続きを見る

トラックバック 8 / コメント 0

2008/06/30 10:19
市民の雅楽とミュージカル
 新聞の投書をみたら、タスポ導入で自販機での煙草の売上が一割に減ったという。一割減ったんじゃないぞ。一割にまで落ちたのだ。これでは生活できまい。JTはどう責任取るのだろうか。事は簡単で、コンビニでも煙草を売るときはカード提示を必須とすればよいのだが、タスポやってるたばこ協会とやらは天下り団体との噂で、なんらかの利権が絡んでいると推察される。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2008/06/05 05:04
少女探偵事件ファイル
許さ〜ん! ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2008/05/03 08:44
三蔵法師 求法の旅
ほわほわした妹キャラのココちゃん  さかりがついて、犬猫を追いかけまわしています ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 1

2008/03/02 22:29
阿国歌舞伎のてんやわんや
 冷凍餃子の件で、日本たばこの人が嘆いていた。弱り目に祟り目とはまさにこのことだ。そのうちマスゾエ大臣が記者会見で国産冷凍餃子を食うすがたが見られるんじゃないか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/03 12:07
仏団観音びらきと劇団鹿殺し
 もう観劇はやめようとおもいながらも、仏団観音びらき「蓮池極楽ランド」(タイニイアリス)と劇団鹿殺し「百千万」(下北沢駅前劇場)をみる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/16 07:10
宇宙食堂「銀河系ホームレス」
いま額賀の顔面に吹き出物ができたら政権吹っ飛ぶだろうな ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/26 20:06
江川卓と小沢一郎 あるいは春風亭小朝
 江川と小林繁がはじめて会話したというCMはまだ目にしてないけれど、新聞にふたりのこれまでのいきさつが書かれていた。「空白の一日」については、自分はまだ子供だったのでよく知らない。記事によれば、《「ドラフト前日は自由の身でどの球団も契約可能」というのが巨人の解釈だったが、明らかな野球協約の曲解だった》という。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/20 05:03
東京の夏音楽祭
 アメリカ映画の華やかさやぜいたくさというものも、アメリカが世界に先んじて、テキサスの石油を掘ってもっとも能率的な地球資源の搾取に成功し、自動車産業を興し、石油と鉄を浪費することで大きな富を築いたところから生まれたものであった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/01 20:15
中国の語り物芸
 演劇評論家(自称)だというのに、先月見たのは韓国曲武劇「JUMP」だけ。今月も厳密に演劇といえるものはまだ見ていない体たらくだが、浜離宮朝日ホールで行われた「『中国曲芸』の魅力に迫る」を見た。曲芸というから雑技かと思ってたらさにあらず、語り物・歌い物の芸のことだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/24 10:30
タカトシ寄席
 迫りくる異常気象と天変地異から日本と地球を守るために、宮崎哲弥と山形浩生を人身御供に捧げるべきではないだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/22 12:38
松本人志監督作品「大日本人」
 俺は80年代をつうじてビートたけしを尊敬崇拝していた。その反動で、以後のたけしが嫌いになってしまったのだ。もちろん北野武映画なぞすこしも面白いと思ったことはない。かつてたけしは、森田芳光の「家族ゲーム」を、左利きの映画と評していたが(正統派でないといった意味か?)、自分の映画だって左利きじゃないかと思う。クロマニヨンハスミや欧米人に褒められて悦に入ってる姿は醜いの一言に尽きる。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2007/06/10 08:26
演劇でチンポ!
 連休中は仕事が入ったり動物の世話したりで、存分に悪と闘うことができなかった。近頃じゃ、客席からただ舞台を眺めているより、場内を歩きながら自由に見物する展覧会のほうが演劇的なのではないかと思い始めているのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/08 06:56
長崎市長射殺事件と民主主義
 新作落語「国家の罠」 演:林家正蔵 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/19 12:06
東国原英夫は宮崎県に熱湯ダムを建設せよ!
 「よいか健彦、高校生の本分は、あくまでオナニーだということを忘れてはならぬぞ。受験勉強などするヒマがあったら、オナニーをしろ、オナニーを」 私の父の遺言その1 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/02/18 07:43
サーカス・ダンス・オブジェ
 そのむかし、ビートたけしがオールナイトニッポンで、そのまんま東のお父さんは「国原ラーメン」という看板の屋台を引っ張っていると喋っていたが、みたとこ親父の存在は表にだされてないな。東国原英夫が知事になるなら、太田光も都知事選に出馬したほうがいいんじゃないのか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/24 07:36
佐高信の位置
 矢崎泰久が席亭を務める、奇想天外!「新宿寄席」(12/27 紀伊国屋ホール)を足を運ぶ。去年は切符売切で見られなかったのだけど、今回は週刊新潮の中傷記事のせいか、最後列は空席が目立っていた。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/29 13:41
全国民俗芸能大会
 辻沢杏子をズリネタにしていた私としては、この頃の石原真理子の露出はおぞましいかぎりであります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/14 07:58
中村獅童と一発のおまんこ
 子供の死体写真を公開していた小学校教員がいたという。私も死体についてはひとかたならぬおもいを抱いているけれども、さすがにこいつは何を考えてんだと呆れる。きっとそのうち犯罪をしでかすにちがいないのだから、そくざに死刑にし、死体を一般公開すればいい。さすればこの男も本望だろう。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/06 07:45
落語SP復刻盤あれこれ
 007DVD全集がまた出るようだ。俺はオーデオマニアじゃないから、音や画質には無頓着だが、キネマ旬報の記事を読むと、前回のものとは別の秘蔵映像や音声解説がたっぷり入っているらしく、さすがに買う気にはなれないのだが、ムラムラと見たくなってしまう。しかし、これ、毎回新作ができるたびに新たな全集が出されるんじゃないか? ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/11/21 13:13
ダメじゃん小出と箱の劇
 安倍晋三が自民党総裁に就任した。きっと父親のミッキー安川も、草葉の陰で喜んでいるに相違ない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/25 07:07
ナミイと唄えば
このところ異様な事件ばかりで、気が滅入る。いくら滅ぼしても、まるで蛆虫のように湧きあがる悪と、どう闘えというのか。いっそのこと、悪に身を委ね、ドイツのポストモダン演劇を礼讃してしまおうかと考えたりする。(写真は笑い犬) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2006/08/31 12:55
「ムーヴィンアウト」と「シザーハンズ」
 京都の演劇結合体ベビーピーの「みんなボブ」をみる(池袋小劇場)。まえにみた「鈍色ナンセンス」は、自分達がビートルズだと思い込んでる四人組を描いた傑作密室会話劇だったが、ボブディランをめぐる今回の物語は、つまらなかった。最近の劇団は場面転換の処理がヘタだな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/27 08:28
本はポコチン丸出しで読め
 最近は奇術や腹話術の歴史の本をいくつか読んだよ。ヒトラーにも影響を与え、やがて殺されたハヌッセンなる奇術師には、大いに興味をそそられる。リッキージェイ『世紀末奇芸談』はとりわけ面白かった。むかしよくテレビで、奇人変人とか一芸名人集などみて感嘆したが、世の中にはげにさまざまな芸人がいるものと驚かされる書物だったよ。一番驚愕したのは、身長を自在に変えられる男。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/23 10:40
芸術! 鉄割アルバトロスケット
 私の正義を邪魔する者は、たとえ誰であろうとも容赦はせん! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/21 08:13
鈴々舎馬風 落語協会会長へ
 いいのか、これで? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/27 07:57
M:i:V ミッションインポッシブル3
 国立劇場で無言劇・壬生狂言を、十一年ぶりにみたよ。千葉に伝わる地獄劇・鬼来迎のような「賽の河原」がとりわけ面白かった。フィルムセンターではフランスの無声映画「燈台守」を、やはり十数年ぶりにみたよ。花田清輝はこれを化け猫映画と書いていたけど、なるほどなあ。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2006/06/26 08:02
米原万里追悼
 よく新聞広告にでている、小牧久時博士論文選集ってやつ、あれいったいなんなんだろう。とても気になる。たしかピーターシンガーの本の訳者あとがきで触れられていた記憶があるけども、絶対平和への第三段階であるらしい「個体数の調節で野生動物、魚、昆虫の殺し合いの根絶」というのは、ものすごくひっかかる。具体的に、何をやるつもりなのだろう。きっと太田竜みたいにいっちゃった人なんだろうな。かつてABBAが「恋の太田竜」という曲を歌っていたのだが… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/16 10:04
前進座とイタリア仮面劇
 先月から今月にかけては、ちょいと取込みもあって、なるべく芝居を観ないようにしてきたので、体が楽だ。何年か前までは、映画や演劇を見ないとなんとなく損した気分になったけど、このごろは劇場もない田舎に隠棲してもいいと思うほどになった。バカがはびこりすぎなのだ。それでも最近は、前進座創立75周年記念公演「謎帯一寸徳兵衛」「魚屋宗五郎」(国立劇場)、アントニオファーヴァ作・演出・主演「プルチネッラ」(シアターX)をみた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/05/27 06:44
ヨコハマメリー
 妖怪人間そっくりコンテストなる催しが、鳥取かどこかで行なわれるらしい。俺の中学の同級生に、ねずみ男そっくりの奴がいたのだが(ヨーダそっくりの奴もいた)、いまでは幸福な家庭を築いているはずのそいつを、俺が勝手に応募して、妖怪人間としてのスターの座につけてやりたいという欲望を禁じえない。「元祖!でぶや」の常連出演者にしてやりたい。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 3

2006/05/15 21:23
江頭2:50を世界無形遺産に認定せよ
 テレビで石川県東二口の人形浄瑠璃を紹介していた。文楽より古式の、文弥節一人遣い人形芝居。過疎化による後継者難に苦闘する人達。近隣には、深瀬のでくまわしという、もっと独特の人形芝居が残されているはずだが、そちらはふれられなかった。地域文化を活性化させ、邪悪な資本制社会に抵抗すること。すこしまえTVチャンピオンでは、ゆるキャラ日本一決定戦という夢の企画が行なわれていた。町おこしなどのため生みだされた、謎のかぶりもの達が日本中から集められ、その技を競いあう幻の大会で、かぶりものや人形をこよなく愛する... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/02 08:07
笑う沖縄
 テレビ朝日で小那覇舞天(2/11)、NHKで照屋林助(2/18)と、申し合わせたように、師弟関係にある沖縄の笑芸人ふたりをそれぞれ特集した番組があいついで放送された。俺は小那覇舞天のCDは持っていたが、ロクすっぽ聴いてなく、今回初めてどんな人だか知ったしだいで、お恥ずかしい。照屋林助についても名前しか知らなかった。こんなすばらしい芸の世界に足を踏みいれずにいたなんて、我ながら呆れる。勉強の仕直しだな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/02/20 11:56
スティーブンセガール「沈黙の追撃」
 セガール映画はひさびさにみたが、これは意外な傑作だった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/30 08:08
金子賢て誰?
 大晦日のPRIDE男祭りに俳優の金子賢が参戦するそうですが、世事に疎いオイラは金子とやらが何者なのか、わかっていませんでした。そこでちょっとお勉強。参考は『噂の真相』二〇〇一年九月号、「早大キャンパスからも姿が消えた広末涼子プッツン奇行癖の真相」です。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2005/12/16 11:44
笑点のテーマを日本国歌にせよ
 三笑亭夢楽死去。俺が寄席に通っていたのは中学の頃、文治と柳昇がお気に入りだったから、芸術協会を聴くことが多かった。小南や助六は印象に残っているが、夢楽の噺はあまり憶えていない。安藤鶴夫の『巷談本牧亭』にでてきたかどうかもよく憶えてない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/11/01 08:03
和泉元彌はデスマッチで能楽堂を火の海にせよ
 もう十年もむかしになるが、渋谷のジァンジァンでやってた和泉元弥ライブをみ、小一時間もしょうもないトークと称するものを聞かされ、耐えるということを学んだ経験があるが、あの台本はやはり母親が書いたものだったのだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/10/14 12:17
杉田かおるは自民党公認で立候補せよ
 郵政を民営化するためだけに生まれてきた男、小泉純一郎のわがまま解散と、杉田かおるの、自分が目立ちたいがための、話題作りの結婚離婚。なんだか同じように世間をふりまわすこの二人の邪悪な行動にわれわれはどう立ち向かい、正義を守ればよいのか。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/08/12 23:00
快楽亭ブラック 立川流から除名
 週刊朝日によると、快楽亭ブラックが立川流から除名されたのだという。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/29 21:11
ドゴンでマダン
 国立劇場民俗芸能公演で山形の林家舞楽、東京の夏音楽祭でアフリカ・ドゴン族の仮面舞踊、ゆうぽうとで韓国マダン劇「ペンパ物語」をみる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/16 12:22
長嶋茂雄をパラリンピックに出場させよ!
 野球が五輪種目から外されたんだって。まあ、だいたい俺はほとんど陸上しかみないんだけど。五輪なんて結局西洋人主導の競技優先だし、日本のテレビ中継は日本人の出場競技ばっかりだし、アジアの視点がなくてほんとうにつまらないものさ。カバディが正式種目になる日は遠い。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2005/07/10 08:58
超芸術 ケーシー高峰
 芸術をこよなく愛し、ひたすら芸術に生きるわたしは、横浜にぎわい座へ赴き、ケーシー高峰一座の旗揚げ公演「ドクターケーシー診療日記」を、ポコチン丸出しで観る。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/05/09 08:18
大江健三郎の息子は二代目こぶ平を襲名しろ!
 というわけで、正義を守るための試験的随筆を書きつづけてきたのだが、とにかく毎日更新しなければならぬとの勢いで、推敲もせず書きなぐっていたら、膨大な時間食って、毎日こんなことしてたら、大切なオナニーする時間もない。てゆうか、これ以上オナニーしないと死んでしまう。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/04/06 21:35

トップへ | みんなの「芸能」ブログ

聖なるブログ 闘いうどんを啜れ 芸能のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる