アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「煙草」のブログ記事

みんなの「煙草」ブログ

タイトル 日 時
田宮二郎の「白い巨塔」
田宮二郎の「白い巨塔」 田宮二郎主演のドラマ「白い巨塔」をDVDで観た。もう四十年近く前の作品だが、いささかも古びていない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/23 23:55
遺伝子・進化・滅亡
進化論関連の興味深い本がつぎつぎ見つかるので、とりあえず新ダーウィン主義のものはどうでもいいと飛ばしているけれど、少数派である反ダーウィン的書物でさえ、読んでも読んでも終わらない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/06 21:49
映画「ハンナ・アーレント」
最近DVD鑑賞した記録映画「PEACE BED アメリカVSジョン・レノン」が面白く、見応えがあった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/03 10:38
仲谷明香『非選抜アイドル』
仲谷明香『非選抜アイドル』 朝日新聞に民主党と財務省の癒着が暴露されてます。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2012/04/05 14:29
六本木美術館めぐり
「ドラゴン・タトゥーの女」観たけど、長かったな。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/20 10:31
林髞の名言
西本幸雄氏九十一歳で死去。あったかウォーミーを着用していたから、ここまで長生きできたんだね。むかし鈴木啓示がベースボールマガジンで西本さんと三原修の采配や育成方法を比較していたことがあって、面白かったと記憶している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/30 10:38
迷惑/不愉快
ウロ憶えだが、まえに若い女性が電車内で化粧をするのは迷惑だ、というけれど、これは迷惑じゃなくて不愉快なんだろう、と金原ひとみがどこかで言ってたと読んだことがある。個人的な感情を公共心にすり替えているのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/26 22:21
浮世におちんちんの花が咲く
江頭2:50のPPPでの、「ちょっとぉ〜、みんなおかしいよ〜っ!」という早川亜希の悲痛な叫びが、いまこそ俺には理解できる。日本人(とりわけ東京人)は狂ってるとしか思えない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/11 12:19
ねこタクシー
ねこタクシー 山芋のハゼドン ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/03 22:23
平本アキラの芸術「監獄学園」
 ヤングマガジンで平本アキラの新連載「監獄学園」がはじまりましたね。一回目はそれほど面白くなかったですが。「アゴなしゲンとオレ物語」はもちろん芸術ではあったけれども、かなり息切れ状態のまま延延つづいてるってかんじ。むしろ一時的に連載されていた「やりすぎコンパニオンとアタシ物語」のほうが完成度の高い、素ばらしい芸術でした。木多康昭「喧嘩商売」の復活はまだみたいです。待ち遠しいわい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/09 10:00
小泉毅を厚生労働大臣に任命せよ!
小泉毅を厚生労働大臣に任命せよ! それにしても長妻昭って一体なんだったんだ? ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/19 08:56
つぶやき大全集
超大物作家の抗議を受け、ツイッターを閉鎖しようと思ったけれど、やりかたがわからないので、とりあえず過去の呟きをいくつかこっちに移動させてみたよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/08 12:10
ヌルヌル大作戦
ヌルヌル大作戦 その崇高すぎる内容ゆえに一部で削除が心配されているわれらが聖なるブログ。私がメジャーになってからではもう遅い。さあ、皆も、いまのうちに伝説の生き証人になりましょう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/16 15:34
デス電所「丸ノ子ちゃんと電ノ子さん」
 外国タパコ値上げは断念されたようで一安心。巷にはびこる禁煙ファシストにこそ、健康押売税を導入すべきだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/19 14:06
ニンジャ・アサシン
禁煙ファシストもシーシェパードと変わらんな。それにしてもタスポでチャージしてるヤツいるんだろうか? ...続きを見る

トラックバック 5 / コメント 0

2010/03/15 12:24
福島瑞穂は秘宝館を建設せよ!
福島瑞穂は秘宝館を建設せよ! ワンワン ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/15 07:23
死んだほうがいい史上最低のバカ大臣 長妻昭
ヒョードル、あいかわらず強いね。最初は危なっかしかったけど、1Rのうちに相手の動きを観察し、クセを読みきっていたというから凄い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/10 13:21
厚生官僚を皆殺しにしろ!
 河出書房新社の現代の文学33『五味川純平集』で「人間の條件」を読了。二段組で千頁を超える大作。三年ほど前に古本屋で買ったまま、ほったらかしにしていたのを、今年になって読み始め、一日に百頁づつこなしてゆけば十日で終わると考えていたのだが、取り込みもあり、半分読んで中断し、半年たって一気にのこりを読み進む。いやはや、すごい小説があったものだと茫然自失。世界文学の最高峰といってもいいのではないか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/03 08:28
わけのわからない肩書
 森永さんとカンニング竹山の見分けがつかなくなってきた! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/27 19:55
歪むエコロジー
 まずはいい話題から  パリでご活躍中の豊島由佳さんのホームページが開設されました。私はもっぱらフランス語で読んでいるのですが(嘘)、日本語でもお読み戴けるので、ぜひご覧下さい。 http://www.yukatoyoshima.fr/Yukatoyoshima/Yuka_TOYOSHIMA.html ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/23 20:02
オナニーに死す
 かってな推察だが、禁煙ファシストにはエコ系とネットおたく系の二種類がいるのではなかろうか。ネットで喫煙者をひたすら叩いているガイキチ連中は、『買ってはいけない』とかに共感してるふうには見えないからね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/18 13:50
電動自転車問題
電動自転車問題 お宝画像 ピーター(池畑慎之介) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2009/04/08 11:56
コラムニストとしての加藤周一
K‐1のリングって神聖だったの??? ...続きを見る

トラックバック 5 / コメント 2

2008/12/07 08:37
たばこ税増税反対の署名にご協力ください
山本夏彦はかつて、新国劇は才能ある若手をつぶしたから劇団自体がつぶれてしまった、というようなことを述べていたが、歌舞伎座の裏にある飲み屋のママは以前、新国劇は緒形拳にひっかきまわされたと喋っていた。緒形拳と新国劇の関係は、ほんとはどのようなものだったのだろうか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/09 11:53
禁煙ファシストの異常な主張
 東京の夏音楽祭で、宮崎県の神楽を見に行ったら、上演六時間といわれてびっくらこいた。途中で帰って、テレビでDREAM5をみたら、これがかなり面白かった。青木真也が宇野薫を怒涛の寝技で攻め込み、川尻達也とエディアルバレスはたがいに膝を崩しながらなお撲りあう。しかも優勝はハンセンってところが、マニアにはこたえられない。週刊現代では窪塚洋介と山本KIDの大麻疑惑を報道してるけど、窪塚は須藤元気とも親しかったんじゃないか。まさか須藤はLSDとかやってないだろうな。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 17

2008/07/22 17:36
朝日新聞の愚劣な社説
朝日新聞の愚劣な社説                二日酔いだにょ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/15 14:23
禁煙ファシストの謀略
 自民党の議員が辞職したため、女優の松たか子がくりあげ当選した。それにしても松本幸四郎一家てのは家庭崩壊してるのか? 親父の名字が松本なのに、息子が市川、娘が松なんて、ありえないだろ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/06 12:03
禁煙ファシズムの時代がやってきた
禁煙ファシズムの時代がやってきた  ファシズムと教会を頂点とする政治的反動勢力は、労働大衆から、この世の幸福の断念、規律、服従、欠乏、国民や民族や祖国のための犠牲を要求する。問題は、彼らがこれを要求するという点にあるのではなく、彼らが、この大衆自身による履行を通じて政治的に生き、肥え、肥っているという点にある。――ウイルヘルムライヒ『階級意識とは何か』 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/22 20:49
杉村太蔵のチンポは臭い
 「人々の力を味方に、植民地的な国家体制や新自由主義の経済体勢を終わらせる。この闘いは歩みを止めない」 ボリビア モラレス大統領 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/01/25 07:44
広瀬隆のために
 広瀬隆の本を読む人は、三つの種類にわけられる。ひとつはその著書に導かれ、エコロジストになったまではよかったが、そこに漂う神秘主義的感覚に囚われ、宗教にのめりこみ、あげくは人体自然発火を起こして極楽へ旅立つ型。いまひとつはその著書に異様に反発し、他の読者を軽蔑し、罵り、論破したつもりになって職場を追い出されたあと政界に進出し、そこからも追放され、あげくは脳梗塞を起こして車椅子のお世話になる型。さいごはその警報を冷静に受けとめ、真摯に分析し、日常を変革するよすがにしてゆく型だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2005/04/11 22:12

トップへ | みんなの「煙草」ブログ

聖なるブログ 闘いうどんを啜れ 煙草のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる