アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「音楽」のブログ記事

みんなの「音楽」ブログ

タイトル 日 時
抉られた本質(四月編)
ツイッター転載の本質集四月編でゴメス ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/30 11:45
七度目の正義
ツイッター転載の小ネタ集:七月の闘いです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/31 08:07
四度目の正義
ツイッター転載の小ネタ集:四月の闘いです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/30 20:33
オナニーマン
抒情作品が完全にその花を開き切るのは、孤独な生の静寂のなかだけである。そして、こういう開花さえも、読者にとっては毎日恵まれるわけにはゆかない幸福なのだ。小曲集を翻してみる。何もわれわれに語りかけるものがない。詩句は空しく響く。われわれはこんなものを書きとめ、纏めあげ、同時代人や後世に押しつけることに骨を折っている虚栄的な詩人を訝しく思う。しかし突然、ある特別な時間に、詩の一節とか、一つの詩全体とかがわれわれをぐいと掴みとる。その他のものは後からそのきっかけにつらなって出てくる。そして、一人の大詩... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2016/04/19 12:30
動画:イザイホーと人形戯
ユウチュウブから ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/23 10:50
団しん也デビュー40周年記念ライブDVD
K-1にでてたブアカーオが総合に参戦するという話を聞いて、格闘技系のネット記事をあれこれ漁っていたら、ゲーリーグッドリッジの最近のインタブー記事があった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/17 13:01
日本の音でお正月!
日本の音でお正月! おくればせながら、あけましておめでとうございます(こっこちゃんとネコ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/18 20:15
川原正敏『修羅の門』とか
「箱根八里の半次郎」は氷川きよしの歌だけど、某図案家は「コネとパクリの研二郎」だったわけだ。 やだねったら、やだね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/01 11:12
七月の正義
ツイッター転載の小ネタ集 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/31 19:49
平成二十六年 最後の闘い
ツイッター転載の小ネタ集。今年最後の闘いとなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/31 13:02
芦田愛菜ちゃんの「ビューティフルレイン」
芦田愛菜ちゃんの「ビューティフルレイン」 もしも記憶が存在しないならば、意識もまた存在しません。自分の過去を何も保存しない意識、自分自身をたえず忘れる意識は、瞬間ごとになくなってまた生ずる意識だということになります。(ベルクソン) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/04 13:08
お神楽とミャンマーの芸術
二日にわたっていい舞台芸術に親しんだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/24 20:48
秋の小ネタ
はじめて水島新司をみた赤塚不二夫は、「乞食が背広を着てるようだ」と感動したそうだが、水島が勲章を貰ったと知れば、さぞ、喜んだことだろう。水島新司はオナニー漫画『ドカベン プロ野球編』で晩節を汚したといっても過言ではないのだけれど。そういえば『男どアホウ甲子園』ていまだに読んだことない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/04 11:03
ドラマ「Mother」と芦田愛菜の衝撃
ドラマ「Mother」と芦田愛菜の衝撃 血圧を計って間をおかずもういちど計ると、最前とまったくかけはなれた数値になることが多い。血圧とはわずかな瞬間でも大幅に変動しているものなのではないのか。病院で一回計ったところで、安定しているとはいえないのではないか。それとも、俺のほうが異常なのか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/07 13:23
六月の闘い:動画集
六月の闘い:動画集 本棚 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/30 13:32
二月の闘い
二月の闘い ツイッター転載の小ネタ集、二月分のつぶやきです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/27 22:19
音楽・動画集5
ユーチューブの音楽・動画を集めてみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/18 10:21
音楽・動画集4
ちかごろはyoutubeでモーニング娘。(略してモーニング。)「恋愛レボリューション21」のPVばかり毎日くりかえし観てます。ダンスはカッコいいし、みんな超超超超かわいい。その後のメンバーの境遇を思うと、涙なくしては観られません。 http://www.youtube.com/watch?v=D_xkQAxyf-o ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/04 10:50
音楽・動画集3
youtubeでひろった名曲を紹介するよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/26 07:40
音楽・動画集2
ユウチュウブにあったさまざまな音楽・動画を紹介するよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/25 11:15
音楽・動画集1
youtubeの動画をいくつか紹介するよ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/24 18:52
ホワイトハウスダウン
「パシフィックリム」で怪獣に追われる芦田愛菜の走りっぷりをみると、はやく本拠地を海外に移さないと来年の24時間テレビのマラソンに駆りだされてしまうんじゃないかと心配になる。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 0

2013/08/21 10:57
遊佐未森名曲集
遊佐未森名曲集 なかよし ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/25 09:19
芸能小ネタ集
ツイッター転載の小ネタ集、芸能編です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/09 21:07
驚愕 早起き名人会!
あいもかわらず、総括総括の毎日だ。あったかくなったお蔭で、ひっくりかえっていたアルビノ金魚の稚魚がきちんと泳ぎはじめたよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/10 19:42
柴田是真など
柴田是真など 東京都現代美術館で「アートと音楽」、根津美術館で「ZESHIN 柴田是真の漆工・漆絵・絵画」を見てきたよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/28 10:11
アジアの神神
アジアの神神 都写真美術館で映画「スケッチ・オブ・ミャーク」を観た。いまでも古式の神事を残す宮古島。その古老たちの歌声を記録したもの。神がかりの儀式や、島の自然は、やはりすこしずつ失われている。だがしかし、映画としてはあまりうまくできていない。NHKで制作していれば、もっと豊富な資料を駆使したものができたのではないか。なんかビョークでも出てきそうな題名も気に入らない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/07 21:31
みえない演劇をさがして3
「みえない演劇をさがして」第三章 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/12 22:16
劇評26 菅間馬鈴薯堂
劇評26 菅間馬鈴薯堂 ワンワン ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/12 21:51
劇評19 ダメじゃん小出ほか
2003年、知人のHPに掲載したもの ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/04 00:12
劇評17 宝塚歌劇団
劇評17 宝塚歌劇団 これもたしか知人のHPに発表したもの ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2012/06/02 22:02
劇評16 春風亭小朝 チフリン・チマヴイ 茂山家狂言
これは2003年ごろ、知人のHP(現在は閉鎖)に載せたもの ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2012/05/31 12:45
譚盾プロジェクト「曾侯乙編鐘」
譚盾プロジェクト「曾侯乙編鐘」 死ぬかと思うぐらい笑った。http://matome.naver.jp/odai/2124886163145567986/2124894579222972377 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/07 11:22
中村とうようの自殺
ゆうべは血圧210を超えていて、よく死ななかったものだ。ネットでみたら大動脈解離患者の十年生存率は四割らしい。時評や書評などやらずに、書きたいことだけを書いていきたい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/22 14:34
グラウベル・ローシャの映画とか
こうも暑いと、パソコン画面なんかと向きあいたくないんだけど、あんまり更新しないで死んだと思われても困るから更新する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/12 12:34
フエゴ島先住民の歌
このところ更新が滞っているのは、病気の後遺症でまだ体調が万全でないのと、新しい評論執筆の準備をはじめているからであります。ストライクフォースのトーナメントは、アリスターとジョシュが準決勝進出だそうです。アリスターはK-1なんか出ないでこっちに専念してもらいたいな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/20 14:42
天才的泣き女
日放協衛星番組で江青の記録を観た。文革には関心があるので興味津津。裁判映像なんてのも残されているのだな。こんな女はうんと苦しめてから殺すべきだった。毛沢東がいまだ何億もの人間に崇拝されていると思うとおぞましい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/27 23:34
グレース・ノノとフィリピン先住民の歌
グレース・ノノとフィリピン先住民の歌 薄毛の男 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/15 14:08
人形ミュージカル「アベニューQ」
水嶋ヒロとやらの小説の裏話をきくと、いまなにかと話題の大澤信亮『神的批評』も福田製麺所と康芳夫が画策したのではないかと勘繰りたくなる(やっかみです)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/19 22:56
演劇地獄ー―フェスティバル/トーキョー10
最近は朝の連続テレビ小説「てっぱん」をたのしみに観ているのだが、イタリアの小説、『心のおもむくままに』(スザンナタマーロ著)はそれと似た、若くして娘に死なれ、父親のわからない孫娘を育ててきた老婆を描いたうつくしい作品で、もしかしたらこれを元に脚本は書かれたのではないだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/29 17:57
タマキン一族の繁栄
タマキン一族の繁栄 異生物種間交流 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/12 09:38
幻の桃
幻の桃 楊貴妃も食べたという幻の桃「蟠桃」を入手しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/08 22:11
武智鉄二 伝統と前衛
またしても、重たい本を抱えて図書館まで歩く日日が始まった。だけどワールドカップとやらより、目黒萌絵ちゃんの引退のほうが衝撃だろ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/13 22:28
毛皮族「社会派すけべい」
YouTubeで岩崎良美「愛してモナムール」を泣きながら聴く。加藤和彦の曲だった。「オペラ座を曲がれば」という文句を、当時少年だったおいらは聞き取れず、「オケラカモ マタレバ」という謎の呪文だと思っていたのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/25 15:24
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」は泣きながら観よ!
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」は泣きながら観よ! 世界視線を獲得したってのに、暮し向きはちっともよくならないな。 ...続きを見る

トラックバック 17 / コメント 2

2009/11/09 14:04
「CHICAGO」「徹底的に手足」
「CHICAGO」「徹底的に手足」 仲良しのネコとウサギ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/10/19 12:04
仏団観音びらき「レ・ミゼラブルーシート」
 お気に入り劇団、仏団観音びらきの第8回公演「レ・ミゼラブルーシート」をポコチン丸出しで観(於:タイニイアリス)、真の超芸術に親しむ快楽をおもうぞんぶん味わった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/10/12 19:07
ビートルズ・アドルノ・中村とうよう
 『怖い噂』なる雑誌を立ち読みしたら、つぎのような真実が記載されていた。ビートルズのメンバーは誰ひとり楽譜が読めず、曲はじつは他の人が書いていたとのこと。キノコ頭の四人組は、緑色革命の進行する時代に、麻薬市場拡大を目論む「300人委員会」とよばれる謎の組織によってデッチあげられたというのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/12 11:36
ヤンファーブル「寛容のオルギア」
 もし西尾幹二が憂国の情に駆られて革命を起こしたら、あたらしい世の中は西尾維新とよばれるのだろうか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/28 20:44
超芸術 「カカバカバ・カ・バ?」は泣きながら見よ!
超芸術 「カカバカバ・カ・バ?」は泣きながら見よ! 家の中でちいさなカマキリを発見。めっきり緑が少なくなっても、まだけなげに生きている虫達がいるのだ。人間の繁殖を抑え、人口を激減させ、衰弱させ、生命多様性を守らねばならない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2009/06/12 10:32
悪い芝居と飲尿ミュージカル
タスポも作れないバカは給付金も受け取るな! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/08 10:59
サルメのトーキョーお座敷レビュー
 連休中はあちらこちらでいいお芝居をいくつか観ました。もちろんダメなものも観ました。それらについて、日々ぷにゅぷにゅと書いて(滅ぼして)ゆきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/07 11:53
ウォー・ダンス
映画について書くのはひさびさだけど、見てなかったわけではなくて、この半月は映画館で「ICHI」「イーグルアイ」「レッドクリフ」を、あとDVDなどでも数本は見た。 ...続きを見る

トラックバック 31 / コメント 0

2008/11/19 22:38
インド舞踊 シャクティ初来日公演
世を渉ること浅くば、点染も亦浅く、事を歴ること深くば、機械も亦深し。故に君子は、其の練達ならんよりは、朴魯なるに若かず、其の曲謹ならんよりは、疎狂なるに若かず。――菜根譚 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/13 06:59
ジャニスジョプリンとシャボン玉
 十月はえらい鬱状態だったにもかかわらず比較的よく舞台を観た。パパタラフマラ「ガリバー&スウィフト」(東京グローブ座)、DULL-COLORED POP「JANIS」(タイニイアリス)、前進座「解脱衣楓累」(浅草公会堂)、ヤンファンメガバブルショー(新宿コマ劇場)、コロンビアの舞踊団コレヒオデルクエルポ公演(六行会ホール)。それにしても泰葉はぜったいにクスリやってるだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/01 08:06
トンデモ駄作 インディジョーンズ
 最近は映画「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」と「僕の彼女はサイボーグ」をみたよ。 ...続きを見る

トラックバック 25 / コメント 2

2008/06/23 18:27
市民の雅楽とミュージカル
 新聞の投書をみたら、タスポ導入で自販機での煙草の売上が一割に減ったという。一割減ったんじゃないぞ。一割にまで落ちたのだ。これでは生活できまい。JTはどう責任取るのだろうか。事は簡単で、コンビニでも煙草を売るときはカード提示を必須とすればよいのだが、タスポやってるたばこ協会とやらは天下り団体との噂で、なんらかの利権が絡んでいると推察される。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2008/06/05 05:04
東アジア歌垣サミット
 本日の教訓:居酒屋の客引きをみたらぼったくりと思え ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2007/12/10 12:40
中国障害者芸術団「千手観音」
鉄は粥のように溶け/鉄滓となって盛り上がり/小麦の練り粉のように伸びた――フィンランド叙事詩カレワラより (猫も練り粉のように伸びた) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 5

2007/11/16 00:31
文化座「瞽女さ、きてくんない」
なぜだ? なぜ文化の日は月曜じゃないのだ? (写真はワンコン) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2007/11/05 08:23
東京の夏音楽祭
 アメリカ映画の華やかさやぜいたくさというものも、アメリカが世界に先んじて、テキサスの石油を掘ってもっとも能率的な地球資源の搾取に成功し、自動車産業を興し、石油と鉄を浪費することで大きな富を築いたところから生まれたものであった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/01 20:15
中国の語り物芸
 演劇評論家(自称)だというのに、先月見たのは韓国曲武劇「JUMP」だけ。今月も厳密に演劇といえるものはまだ見ていない体たらくだが、浜離宮朝日ホールで行われた「『中国曲芸』の魅力に迫る」を見た。曲芸というから雑技かと思ってたらさにあらず、語り物・歌い物の芸のことだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/24 10:30
チンポが私の原点だ
 私の知人の変人、樋口君は少年時代、自慰行為のさい、何も考えず、ただただポコチンを凝視しながら、ひたすらにこすりつづけていた。あるとき、頭の中でイメージすればいいのだ、と思いつき、自分のこの発明が、人類の新たな進歩を促すものと期待していたが、すでにズリネタという概念が存在することを知り、自分が考えたことはすべて先の世にあったものなのだと絶望し、自殺し果てたという。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/05 10:31
梅沢武生劇団
 梅沢武生劇団、梅沢富美男・前川清主演新春特別公演を楽しむ(明治座)。  梅沢劇団ははじめて。明治座もはじめて。十何年か前、そのちかくにある江戸家猫八邸の新築の仕事をしたことがあるのを思い出した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/26 12:15
落語SP復刻盤あれこれ
 007DVD全集がまた出るようだ。俺はオーデオマニアじゃないから、音や画質には無頓着だが、キネマ旬報の記事を読むと、前回のものとは別の秘蔵映像や音声解説がたっぷり入っているらしく、さすがに買う気にはなれないのだが、ムラムラと見たくなってしまう。しかし、これ、毎回新作ができるたびに新たな全集が出されるんじゃないか? ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/11/21 13:13
「フラガール」「バックダンサーズ!」「出草之歌」
 いやあ、先月は忙しいがうえにさまざまな困難が重なり、大変だった。しかし、それらのすべてを片づけ、とうとう私は、正義の世界に帰ってきた。これからもいっしょうけんめい、力のかぎり滅ぼすぞ。さて、ヒマができたので、ダンスや音楽関連のすぐれた映画をつづけて観た。 ...続きを見る

トラックバック 10 / コメント 0

2006/10/01 08:06
「ムーヴィンアウト」と「シザーハンズ」
 京都の演劇結合体ベビーピーの「みんなボブ」をみる(池袋小劇場)。まえにみた「鈍色ナンセンス」は、自分達がビートルズだと思い込んでる四人組を描いた傑作密室会話劇だったが、ボブディランをめぐる今回の物語は、つまらなかった。最近の劇団は場面転換の処理がヘタだな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/27 08:28
イ・ヒア ピアノリサイタル
 日本橋高島屋で、「からくり人形師・玉屋庄兵衛の世界展」をみる。300年近い歴史を持ち、現在は九代目を数える玉屋庄兵衛の、技巧を凝らしたすばらしい人形たちをたんのうする。国立劇場にある、平櫛田中による六代目菊五郎像そっくりの、端正で写実的な石橋人形が山車に乗って曳かれ、動くさまが、映写される。その動きに派手さが足りないのがさみしいところだが、よくぞこれだけのものを、動く人形として作りあげたと感動。邪悪な西洋の自動人形なぞ話にならぬ。有名なヴォーカンソンのアヒル(餌をついばみ、消化して排泄したと伝... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/21 07:36
米原万里追悼
 よく新聞広告にでている、小牧久時博士論文選集ってやつ、あれいったいなんなんだろう。とても気になる。たしかピーターシンガーの本の訳者あとがきで触れられていた記憶があるけども、絶対平和への第三段階であるらしい「個体数の調節で野生動物、魚、昆虫の殺し合いの根絶」というのは、ものすごくひっかかる。具体的に、何をやるつもりなのだろう。きっと太田竜みたいにいっちゃった人なんだろうな。かつてABBAが「恋の太田竜」という曲を歌っていたのだが… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/16 10:04
ヨコハマメリー
 妖怪人間そっくりコンテストなる催しが、鳥取かどこかで行なわれるらしい。俺の中学の同級生に、ねずみ男そっくりの奴がいたのだが(ヨーダそっくりの奴もいた)、いまでは幸福な家庭を築いているはずのそいつを、俺が勝手に応募して、妖怪人間としてのスターの座につけてやりたいという欲望を禁じえない。「元祖!でぶや」の常連出演者にしてやりたい。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 3

2006/05/15 21:23
笑う沖縄
 テレビ朝日で小那覇舞天(2/11)、NHKで照屋林助(2/18)と、申し合わせたように、師弟関係にある沖縄の笑芸人ふたりをそれぞれ特集した番組があいついで放送された。俺は小那覇舞天のCDは持っていたが、ロクすっぽ聴いてなく、今回初めてどんな人だか知ったしだいで、お恥ずかしい。照屋林助についても名前しか知らなかった。こんなすばらしい芸の世界に足を踏みいれずにいたなんて、我ながら呆れる。勉強の仕直しだな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/02/20 11:56
フィンランドのクリスマス 「七人の侍」など
 クリスマスファミリーミュージカル「フィンランドクリスマスフェスティバル」をみる(於:新宿文化センター)。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 3

2005/12/26 00:11
地声で歌へエノケン
 学校も危険、通学路も危険、塾も危険。生徒を殺害した塾講師の、萩野という名前をみて、知り合いかと思って一瞬ぎくっとしてしまった。歌舞伎「寺子屋」の勘三郎の武部源蔵も、この影響で変わってくるだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/12/12 07:50
ポコチンをこすりながら考えた
 ちかごろ体操の佐藤弘道お兄さんをやたら見かけるが、きよこお姉さんやつのだりょうこにも同じぐらいの活躍をマニアは期待してるはずだ(さすがに保険のCMは勘弁してほしいけど)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/09/21 08:01

トップへ | みんなの「音楽」ブログ

聖なるブログ 闘いうどんを啜れ 音楽のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる