アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画」のブログ記事

みんなの「映画」ブログ

タイトル 日 時
持永只仁とクエイ兄弟
持永只仁とクエイ兄弟 赤ちゃんからの脱却 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/11 18:58
大芸術!「山田孝之のカンヌ映画祭」
大芸術!「山田孝之のカンヌ映画祭」 根津美術館で「高麗仏画――香りたつ装飾美」を。ひさびさに東洋美術の神髄を心ゆくまでたんのう。しかし肉眼では捉えきれないぐらい緻密に描き込んであるので、暗い会場でやや離れたところに展示された絵をみても、見逃した部分は多く、図録を見返すと、さらなる驚きが発見される。観音様の絵の中に、ちいさな仏がびっしり描かれていたりするのだ。金泥で書かれた装飾経もまた細かな美が集積された芸術だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/29 00:33
メカニック ワールドミッション
八月末から父親が入院しており、さらに雨ばかり降っていたので、先月は思うように悪と闘うことも、本質を抉ることもできなかったのだが、これだけは観ておきたいと、ジェイソンステイサムの映画「メカニック ワールドミッション」を観る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/02 12:12
末次由紀『ちはやふる』
偉大な芸術作品については批評界や文学研究筋からする、相互に対立する判断があまりに多いという不満がしばしば聞かれる。人々はそこに学問としての不十分さを見とるのである。もちろん、それがて執筆者たちの不誠実あるいは不十分な知識から出たものである場合は、遺憾に思うほかあるまい。だがそれでも、芸術作品は、情報を蓄積する能力をもった特別な装置であることを忘れてはならない。/芸術作品は、芸術的生命を持ち続けているかぎり、それ自体が新しい解釈を、いわば、配給し続けるのである。――ユーリーロトマン『文学と文化記号... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/27 20:30
今年三度目の正義
トゥウィッター転載の小ネタ集 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/31 08:23
芦田愛菜の最高傑作は何か
芦田愛菜の最高傑作は何か お茶のサイダーとコーラ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2016/02/09 19:53
芸術『るろうに剣心』
DVDでイタリア映画「プロジェクトV」とドイツ映画「白バラの祈り」を観たよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/29 15:19
十一月の正義
ツイッター転載の小ネタ集 十一月の正義をお届けします ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2015/11/29 17:57
007 スペクター(ネタバレ)
007スペクターの感想です。ネタバレするので、未見の方は絶対に読まないでください。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/28 21:29
バトルヒート
ドルフラングレンとトニージャーの映画「バトルヒート」を観てきたよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/03 13:34
ワイルドスピード スカイミッション
引越しで、過労死寸前というぐらいくたびれてます。この間の出来事についてはまた後日報告しよう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/21 11:20
一月の正義
ツイッター転載の小ネタ集 今年一月分の闘いです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/31 22:48
九月の動画集
Youtube動画集芸術篇です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/26 12:28
「アクト・オブ・キリング」と「消えた画」
スピードワゴンライブのDVD観たよ。水戸黄門と指相撲のネタが面白かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/20 11:26
YouTubeで観る「トムヤムクン2」
今年に入ってからほとんど映画を観てない。DVDも観てない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/08 23:18
キネティック・アート展
ここ最近は「オランダ・ハーグ派展」「ヴァロットン展」「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展」などを見、刺激的だったけど、損保ジャパン東郷青児美術館でみた「不思議な動き キネティック・アート展」は、こりゃめちゃくちゃ面白かったわ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/16 11:47
動画集 芸術篇
これは観てみたいなあ。「ビーシャビーシャ」の改訂版みたいなものか。 日本初上陸!舞台が無い体験型エンターテインメント「フエルサ ブルータ FUERZA BRUTA」とは http://matome.naver.jp/odai/2139105085958773701 … ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/27 08:06
動画集6
東横線にのってると、車内テレビで「のるレージ」なる妙な広告をやってるのが気になってた。動画を調べてみると、これ。でもいまだになんなのかよくわからない。 http://www.youtube.com/watch?v=SuVtldxUyXs ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/16 12:05
音楽・動画集5
ユーチューブの音楽・動画を集めてみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/18 10:21
映画「ハンナ・アーレント」
最近DVD鑑賞した記録映画「PEACE BED アメリカVSジョン・レノン」が面白く、見応えがあった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/03 10:38
美輪明宏ドキュメンタリー〜黒蜥蜴を探して〜
美輪明宏ドキュメンタリー〜黒蜥蜴を探して〜 加藤浩次に怯えるまゆゆ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/15 10:32
音楽・動画集4
ちかごろはyoutubeでモーニング娘。(略してモーニング。)「恋愛レボリューション21」のPVばかり毎日くりかえし観てます。ダンスはカッコいいし、みんな超超超超かわいい。その後のメンバーの境遇を思うと、涙なくしては観られません。 http://www.youtube.com/watch?v=D_xkQAxyf-o ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/04 10:50
音楽・動画集1
youtubeの動画をいくつか紹介するよ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/24 18:52
LOVE展 アンドレアス・グルスキー展
このごろはツイッターのほうを中心にしていたけど、全世界でアカウントが凍結されまくってるらしく、あたしのも凍結されてしまったので、復旧するまでこちらで発信してゆくことにします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/28 20:15
マンガとアニメ
マンガとアニメ 体制が彼らを産み出したのだから、体制には彼らを処罰し抑制する道徳的権利はないという論法は、動物学者には実験室で培養した生きものが毒性を持つようになっても抹殺する権利がないと言うのと同じで、馬鹿げている。E・レイトン『大量殺人者の誕生』 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/02 12:52
大衆演劇と世界経済2
つづき ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/21 16:07
イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ
イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ トムクルーズの「アウトロー」観た。アクション映画かと思ってたらかなり地味な探偵物だった。殺されちゃう女の子がややAKBの中塚智実に似てたのと、濡れ衣を着せられる男が山田零に似てるのが印象的。まあ、それなりに面白かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/11 11:11
雲の上団五郎一座のことなど
ツイッターでラサール石井の悪口書いたら、ご本人からフォローされてしまった。フォロー返しはしてません。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/21 11:03
父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯
あまりの寒さに傷が癒える余地もない ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/05 21:56
007 スカイフォール(ややネタバレ)
お待ちかね、007最新作は大傑作といえるぐらい見応えあったよ。 ...続きを見る

トラックバック 8 / コメント 0

2012/12/03 21:56
ジョングレンの活劇(三)
ジョングレンの活劇(三) ジョングレンの活劇3 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/28 13:23
ジョングレンの活劇(二)
ジョングレンの活劇(続) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/26 22:24
ジョングレンの活劇(一)
2002年ごろ執筆。ステージカオス六号に掲載。別サイトにほぼ同内容の文章がありますが、こちらが決定稿になります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/23 21:22
劇評28 クロカミショウネン18
某氏のブログに掲載したもの(現在は閉鎖) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/14 23:33
劇評27 劇団ブラジル
某演劇祭の観劇モニターとやらで書いたもの。のちそこで知り合った大学生のブログに掲載(現在は閉鎖)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/13 13:46
劇評18 ロベルト・ベニーニ「ピノキオ」 ヨーロッパ企画「囲むフォーメーション」
知人のHPに掲載したもの ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2012/06/03 00:10
映画随想「007ダイアナザーデイ」「ブラックダイヤモンド」
これも知人のHPに掲載したもの ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/01 12:03
劇評13 ネームレススタジオ
2002年ごろ、自分のHPに載せたもの ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/05/28 20:56
劇評12 立体映像劇と人形劇
たぶん2002年ごろ、自分のHPに発表したもの ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/27 20:59
劇評3 マトリックス 身体改造 李銘盛など
  メディア的身体/ガイア的身体 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/18 22:38
小ネタ集 「野田佳彦は爬虫類人だった!」の巻
小ネタ集 「野田佳彦は爬虫類人だった!」の巻 ツイッター転載小ネタ集 第五弾 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/14 13:28
世界最古の洞窟壁画
世界最古の洞窟壁画 気がつけばもう三月も残り少ない。今月はまだ一度も正義を遂行していなかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2012/03/25 12:22
ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル
八ツ場ダム建設に関して、地元の人人が口口に民主党への憤りをのべるのをみてると、つい「やらせ」という言葉を思い浮かべてしまう。彼らを翻弄したのは民主党ではなく、どう考えても自民党と官僚どもだろう。つくづく群馬は保守金権王国だと思う。いっそ群馬は福田康夫を王様にして独立したらどうだろうか。 ...続きを見る

トラックバック 24 / コメント 0

2011/12/22 21:52
マネーボール
講談社野間記念館で「近代日本の風景画展」、損保ジャパン東郷青児美術館で「アルプスの画家セガンティーニ ―光と山―」をみたよ。どちらもよかった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2011/12/12 12:49
孔子の教え
談志が死んだ。ついに死んだか。 談志については書きたいこともあるのだが、またいつか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/24 14:42
グレートハンティング
「家政婦のミタ」と「寝取られ宗介」を合体させた「ミタ宗介」というドラマを作ってほしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/04 00:07
沖縄喜劇の女王・仲田幸子
沖縄喜劇の女王・仲田幸子 映画「ライフ―いのちをつなぐ物語」を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/26 15:38
グラウベル・ローシャの映画とか
こうも暑いと、パソコン画面なんかと向きあいたくないんだけど、あんまり更新しないで死んだと思われても困るから更新する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/12 12:34
トランスフォーメーション
おたからやに小判売る人なんているのかな? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/31 00:43
クリストフ・シュリンゲンジーフ「外国人よ、出ていけ!」
クリストフ・シュリンゲンジーフ「外国人よ、出ていけ!」 太田光の小説が話題のようだ。むかしビートたけしが小説を発表したとき、中上健次が直木賞最有力候補と持ち上げていたけれど、たけしがじぶんで書いたものではなかったらしい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/21 14:17
ポコチン一族の逆襲
チャウチャウ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/09 23:22
川本喜八郎の死
いきつけの図書館に豊竹山城少掾のCD全集がはいっていて、随喜の涙を流しながら寺子屋の段を借り、ふと傍らのチラシをみたら、インチキ文芸時評で私や小谷野敦氏を敵にまわしまくっている某テクスト論者記念講演会のお知らせが…(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/01 15:39
朝から夜中まで
魔太郎先生 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/21 12:05
北野武監督「アウトレイジ」
北野武のスプラッターやくざ映画、「アウトレイジ」をポコチン丸出しで観たよ。北野映画は好きではないが、これはかなり面白かった。 ...続きを見る

トラックバック 12 / コメント 0

2010/06/20 21:39
化石と貨幣
フイルムセンターでベルギーのサスペンスミステリー映画「ロフト」を観る。これは大傑作だった。日本でも劇場公開されてたらしい。脚本が緻密で、素晴らしい。こういうのみると、昨今流行りの仮想現実物は子供だましにみえてしまうな。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/07 12:49
闘いうどんの男
先週は、自分にとってもっとも気がかりだったことが解決した。よかった。やはり権力は必要だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/24 18:22
DART'S「イン・ザ・プレイルーム」
DART’S「インザプレイルーム」を観てきたよ(ギャラリールデコ4)。これはかなり見応えある舞台でした。(注:ネタバレしてます) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2010/05/04 15:29
ウインクル君
DVDで「Mr.ウィンクル 世界一かわいい犬の大冒険」をみたよ。いやしかし、かわいい犬じゃのう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/05 07:36
ドイツの小説と映画 「治療島」と「THE WAVE」
猪肉 ...続きを見る

トラックバック 9 / コメント 8

2009/12/24 12:09
イングロリアスバスターズ
 タランティーノって温水洋一に似てるな。  さて、「イングロリアスバスターズ」観てきました。ネタバレありで語ります。観てない人は読まないで。 ...続きを見る

トラックバック 17 / コメント 0

2009/11/29 08:55
レベッカ・ホルン展
反駁することは甚だ易い、が、理解することは極めて難い。(フォイエルバッハ) ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2009/11/19 12:14
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」は泣きながら観よ!
世界視線を獲得したってのに、暮し向きはちっともよくならないな。 ...続きを見る

トラックバック 17 / コメント 2

2009/11/09 14:04
ミヒャエル・ゾーヴァとライアン・ラーキン
 とうとうミルコタイガーも引退か。今後は私がその遺志を勝手に引き継いで、豚高タイガーを襲名させていただきます。どうか豚高タイガーを御贔屓に。 ...続きを見る

トラックバック 5 / コメント 0

2009/09/25 07:50
アルティメット2
みみみ君とモモちん ...続きを見る

トラックバック 9 / コメント 0

2009/09/21 01:25
バーダー・マインホフ 理想の果てに
 『ムー』最新号、南山宏の「ちょっと不思議な話」によると、戦争で空中衝突し、一体化された二つの銃弾がウクライナで発見されたという。南山は、空中で弾丸が衝突する可能性は無限にゼロに近く、前例のない未曾有の珍事だと書いている。 ...続きを見る

トラックバック 13 / コメント 4

2009/07/25 23:00
超芸術 「カカバカバ・カ・バ?」は泣きながら見よ!
家の中でちいさなカマキリを発見。めっきり緑が少なくなっても、まだけなげに生きている虫達がいるのだ。人間の繁殖を抑え、人口を激減させ、衰弱させ、生命多様性を守らねばならない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2009/06/12 10:32
マサラ・カンフーを見よ!「チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ」
風邪ひいて新型インフルかと心配したが、ピース喫んだら鼻がとおって以後快方に向かう、煙草が体にいいことが証明されたわけだ。 ...続きを見る

トラックバック 5 / コメント 0

2009/05/31 20:01
新大都映画とか
 私のポコチン  ――長すぎる。(『正義の博物誌』より) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/27 08:25
フロスト×ニクソン
審理にたいくつした裁判員たちは、やはりダヨ〜ンのおじさんを描くのだろうか? ...続きを見る

トラックバック 30 / コメント 0

2009/03/30 08:07
花の生涯 梅蘭芳
OCNの妙なCMのせいで、とうとう相武紗季と香取慎吾の見分けがつかなくなってしまった。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 2

2009/03/09 12:18
黒沢明「用心棒」
最近は悪との闘いそっちのけで秘蔵映像のDVDダビングに熱中してる。まだまだ録画が山ほどあるのだ。それにしても被害総額一億以上の詐欺事件に関しては死刑を適用すべきじゃないのか。 ...続きを見る

トラックバック 8 / コメント 0

2009/02/06 12:31
伝統芸能の一日
 ひさかたぶりに国立劇場伝統芸能情報館の公演記録鑑賞会に行く。学生時代は毎月足を運んで忠臣蔵全段の公演映画を見たりしたものだ、となつかしく思いだす(まだ情報館は建ってなかった)。このたび見たのは、民俗芸能「万歳と大黒舞」。昭和五十四年に上演されたもの。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/11 09:03
2001年謀略の旅 同時多発テロの真実
今大いに不義を為して国を攻めるに至りては、則ち非とするを知らず。従りて之を誉め、之を義と謂う。此れ義と不義との別を知ると謂う可きか。(現在、大規模な不義を働いて、他国を攻撃するに至っては、だれもその行為を非難することを知らない。そこで攻伐を称賛し、その行為を正義の戦いだなどと評価する。いったいこんな有様で、義と不義との区別を認識しているなどと言えるであろうか。) ――墨子 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/08 07:14
亀井文夫のエコロジー映画
紙面刷新されたぴあをみたら、フイルムセンターとかのオフシアター情報が載っていない。これではなんの雑誌かわからない。そもそもぴあの出発点は名画座情報を教えるものだったはずなのに、その使命を忘れ、自らが情報を創出していると勘違いした結果がこのありさまなのだ。もはや雑誌として存続する意味があるのだろうか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/18 11:44
感動できない私
 相武紗季と綾瀬はるか、はたしてどっちのカレンダーを買うべきかと、苦悩し懊悩し自問し煩悶したあげく、われに返ると、無意識のうちに選択購入していた西尾幹二カレンダーを握りしめたまま、世界の中心で「俺の性は倒錯してるんだぞ!」と叫ぶあちきは、やはり真の変態なのだろうか? ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2008/12/02 12:43
ウォー・ダンス
映画について書くのはひさびさだけど、見てなかったわけではなくて、この半月は映画館で「ICHI」「イーグルアイ」「レッドクリフ」を、あとDVDなどでも数本は見た。 ...続きを見る

トラックバック 31 / コメント 0

2008/11/19 22:38
容疑者Xの献身
昨今の大相撲騒動で気になるのは、力士たちの喋り方。いやしくも相撲取りなら、「わしは八百長をやったでごわす」とか「八百長は一切やってないでごわす」というふうに、語尾に「ごわす」をつけるべきだろう。こんなところからも伝統の崩壊が迫っているのだ。 ...続きを見る

トラックバック 33 / コメント 0

2008/10/06 14:15
超超超傑作! インビジブルターゲット
 『大航海』で小谷野敦が、ネクラという言葉は「笑っていいとも」でタモリが使い始めた、と書いているが、たしかそのまえの「笑ってる場合ですよ」で九十九一が「ネクラ万歳」というコーナーをやっていたはずだ。もしタモリが言い出したのなら、オールナイトニッポンあたりからではないだろうか。それにしても九十九一、いまなにをしているんだろうか? ...続きを見る

トラックバック 7 / コメント 0

2008/09/08 19:18
ナイトシャマラン監督「ハプニング」
誓うワンコン ...続きを見る

トラックバック 34 / コメント 0

2008/08/06 13:04
スペインの恐怖映画 [REC](レック)
 最近はデボラコルカーカンパニーの舞踊「ルート」(神奈川県民ホール)、五島列島の芸能(国立劇場)をみたよ。  五島は手延べうどんだけでなく、鯨漁がさかんだったようで、芸能や民話にもあらわれている。神道・仏教・キリスト教が古来から共存しており、神楽や念仏踊りや賛美歌といったそれぞれの芸能が上演された。少女たちによる太鼓演奏が素敵。来月は東京の夏音楽祭で、アマゾン先住民やアフリカ砂漠の民の芸能も上演されるので楽しみだ。 ...続きを見る

トラックバック 8 / コメント 0

2008/06/30 10:19
ランボー 最後の戦場
グランディーババレエ団をみてきたよ。本質的に男には興味ないのだが、「夜の密会」という演目が面白かった。 ...続きを見る

トラックバック 29 / コメント 0

2008/05/25 09:29
黄金の日々(舞台・映画編)
「守りなんせ、滅ぼしなんせ」という祖母の遺言を胸に抱き、正義を守り悪を滅ぼしつづける、私の崇高な闘いの記録第二弾! ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2008/05/12 05:46
チーム・バチスタの栄光
まず家電販売店を節電させろ! ...続きを見る

トラックバック 37 / コメント 2

2008/02/15 09:52
阿国歌舞伎のてんやわんや
 冷凍餃子の件で、日本たばこの人が嘆いていた。弱り目に祟り目とはまさにこのことだ。そのうちマスゾエ大臣が記者会見で国産冷凍餃子を食うすがたが見られるんじゃないか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/03 12:07
秋山成勲×三崎和雄 無効試合に
 「伯父さん」という言葉は差別用語なんだって。じゃあジャックタチの映画はテレビ放映できないのだろうか。シナチクをメンマ、ピグミーチンパンジーをボノボとしたみたいに言い換えるのだろうか。もっとも差別語と放送禁止用語は違うのだが。むかしゴダールの「気狂いピエロ」をテレビでやったときは「ピエロルフ」という理解できない原題で放送していた。「気狂いピエロ」でも理解不可能なんだけど。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 1

2008/01/24 07:54
「マリと子犬の物語」「アイ・アム・レジェンド」
遊就館の切符を貰ったので、新年は靖国神社へ初詣。黄金のウンコのお守りとか売ってたよ。 ...続きを見る

トラックバック 44 / コメント 2

2008/01/07 22:39
中国の児童演劇
 中国児童青少年演劇優秀舞台公演で、国立中国児童芸術劇院「おたまじゃくしの大冒険」「十二ヶ月」をみたよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/23 08:44
アンカー展とピピロッティリスト「からから」
 来年はよいよ本腰入れて小説と評論を書こう、と大藪春彦と堀辰雄をかわりばんこに読みはじめる。あとひとつきのうちに本30冊は読もうと決意。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2007/12/03 06:59
BABY-Q 禁断セッション
犬用のビール。不味かったよ〜、って、俺が飲むな! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2007/09/25 11:10
ヤン&エヴァ シュヴァンクマイエル展
 ラフォーレミュージアムで「ヤン&エヴァ シュヴァンクマイエル展」をみる。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2007/09/03 11:52
タカトシ寄席
 迫りくる異常気象と天変地異から日本と地球を守るために、宮崎哲弥と山形浩生を人身御供に捧げるべきではないだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/22 12:38
松本人志監督作品「大日本人」
 俺は80年代をつうじてビートたけしを尊敬崇拝していた。その反動で、以後のたけしが嫌いになってしまったのだ。もちろん北野武映画なぞすこしも面白いと思ったことはない。かつてたけしは、森田芳光の「家族ゲーム」を、左利きの映画と評していたが(正統派でないといった意味か?)、自分の映画だって左利きじゃないかと思う。クロマニヨンハスミや欧米人に褒められて悦に入ってる姿は醜いの一言に尽きる。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2007/06/10 08:26
デンゼルワシントン主演映画「デジャヴ」
 この夏「ダイハード4」が公開されるそうだ。一作ごとに規模は大きくなるかわりに映画自体はショボくなるので、あまり期待はできないのだが、みないわけにゆくまい。「ロッキー」つくるならいっしょに「ランボーザファイナル 泥沼のアフガン」もつくってほしかった。 ...続きを見る

トラックバック 6 / コメント 2

2007/04/03 00:15
パレスチナ映画「パラダイスナウ」
 アングル21で「中国少数民族・古の祈りと装い」「ティモール島・手紡ぎ木綿の絣布」を、たばこと塩の博物館で「和の布遊び ちりめん細工の世界」をみたよ。素朴ながら複雑なうつくしい手芸品のかずかずに感動。そこには独自の宇宙がきらめいていた。 ...続きを見る

トラックバック 15 / コメント 2

2007/03/22 11:28
カビールの宗教詩
 衛星放送で「フェイス/オフ」を見たよ。公開時にいっぺん見ただけだから、もう十年ぶりぐらいだけど、ジョンウーの映像活劇世界はいつもながら素晴らしいな。「インファナルアフェア」もこれが元になってるんじゃないかしら。あとウー作品にハトがでてくるのには、007のジョングレン監督の影響はないのかな? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/21 07:49
レイハリーハウゼンの世界
 アントニオガデス舞踊団の公演を見たよ。「血の婚礼」はいささかたいくつだったけど、「フラメンコ組曲」は見応え聴き応えたっぷり。圧倒的に素晴らしかった。三月はイスラム圏の劇三本が上演されるうえに、アラブ映画祭が重なるので、かなり体力を消耗しそうだ。(写真はモモちゃん) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/28 06:57
笑い展
 確定申告のために役所めぐり。切手カタログがあるのなら、収入印紙カタログ作ってほしい。  マニアのために! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/16 07:29
六代目菊五郎の「鏡獅子」
 今年の私は真のアジア主義者として、邪悪な憎むべき西洋文明を滅ぼすために、これまで以上に力を尽くすよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/09 13:02
中村獅童と一発のおまんこ
 子供の死体写真を公開していた小学校教員がいたという。私も死体についてはひとかたならぬおもいを抱いているけれども、さすがにこいつは何を考えてんだと呆れる。きっとそのうち犯罪をしでかすにちがいないのだから、そくざに死刑にし、死体を一般公開すればいい。さすればこの男も本望だろう。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/06 07:45
007 カジノロワイヤル
 宣伝文句には「ジェームズボンドが007になるまでの物語」とあったように思うが、これは「007がジェームズボンドと名乗るまでの物語」なのではないだろうか。 ...続きを見る

トラックバック 6 / コメント 2

2006/12/01 21:48
チャップリンの偉さ
 バスターキートンは、チャップリン・ロイドと自分との違いについてこう述べている。《私の役柄は、乞食でもなければ、ロイドのような不適合者でもなく、仕事があれば最善をつくして、まる一日を棒にふってでもそれをやりとげようとして懸命の努力をする男だった。機関車を運転しなければならないとなると、汗水たらしてそれをやりとげようとするわけで、これがチャップリンだったら、簡単に近くの車庫に放りこんであとはかえりみない。私たち3人のいちばんかんじんな相違は、シチュエーションとかストーリーの展開がどうあれ、そういっ... ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 2

2006/11/15 07:52
オーストラリアの変態映画作家ロルフドゥヒーア
 フィルムセンターのオーストラリア映画祭で、ロルフドゥヒーア監督作品「バッドボーイバビー」「十艘のカヌー」をみる。(写真は赤ちゃん時代のモモちゃん) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 1

2006/10/31 07:29
君は「幻の湖」を見たか
 今月はゆったり過ごせると思ったら、あにはからんや、さまざまな困難が私に襲いかかる。しかしここで私が闘いの手を休めれば、この世は、邪悪なロックフェラーやロスチャイルドや、爬虫類人や、蓮実重彦や、死刑廃止論者に支配されてしまうのだ。滅ぼさねばならない。  正義のために! ...続きを見る

トラックバック 5 / コメント 2

2006/10/23 08:23
「フラガール」「バックダンサーズ!」「出草之歌」
 いやあ、先月は忙しいがうえにさまざまな困難が重なり、大変だった。しかし、それらのすべてを片づけ、とうとう私は、正義の世界に帰ってきた。これからもいっしょうけんめい、力のかぎり滅ぼすぞ。さて、ヒマができたので、ダンスや音楽関連のすぐれた映画をつづけて観た。 ...続きを見る

トラックバック 10 / コメント 0

2006/10/01 08:06
金魚の秋
 まるで私に滅ぼされることを歓迎するかのごとく、死に急ぐかのごとく、憎むべき悪が攻撃を仕掛けてくる。この、醜く増長する悪を前に一歩たりともたじろいではならぬ。来たるべき、ハルマゲドンのその日まで。くわえて、人並みはずれた私のチンコの長さを、正義と平和に役立てることができないかと、しばらく考えるも、有効な利用方法が思いつかず、断念。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/15 11:57
ナミイと唄えば
このところ異様な事件ばかりで、気が滅入る。いくら滅ぼしても、まるで蛆虫のように湧きあがる悪と、どう闘えというのか。いっそのこと、悪に身を委ね、ドイツのポストモダン演劇を礼讃してしまおうかと考えたりする。(写真は笑い犬) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2006/08/31 12:55
夏だ正義だポコチンだ!
 亀田興吉と小泉呪日郎こそ、愚かで醜い日本の大衆を濃縮して生みだされた最も邪悪な存在といえるだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/07 07:50
M:i:V ミッションインポッシブル3
 国立劇場で無言劇・壬生狂言を、十一年ぶりにみたよ。千葉に伝わる地獄劇・鬼来迎のような「賽の河原」がとりわけ面白かった。フィルムセンターではフランスの無声映画「燈台守」を、やはり十数年ぶりにみたよ。花田清輝はこれを化け猫映画と書いていたけど、なるほどなあ。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2006/06/26 08:02
ヨコハマメリー
 妖怪人間そっくりコンテストなる催しが、鳥取かどこかで行なわれるらしい。俺の中学の同級生に、ねずみ男そっくりの奴がいたのだが(ヨーダそっくりの奴もいた)、いまでは幸福な家庭を築いているはずのそいつを、俺が勝手に応募して、妖怪人間としてのスターの座につけてやりたいという欲望を禁じえない。「元祖!でぶや」の常連出演者にしてやりたい。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 3

2006/05/15 21:23
大統領のカウントダウン
 横浜市長選、共産主義者である私は、とうぜんのことのように共産党推薦の海洋学者(わが尊敬するレイチェルカーソンも海洋学者だった)に投票したのだが、共産党が政権を取り、文化大革命が断行され、愚劣な大衆が殺し合うことで、人口が十分の一以下に減る日は来るのだろうか。せめて永田寿康・西沢孝・堀江貴文・武部の息子を無人島に放し、バトルロワイヤルを実現してくれないか。元格闘家の西沢が有利すぎるので、やつだけ両手足の指を切断してから、行なってもらいたいものだ。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2006/03/28 16:17
百歳の映画作家 樋口源一郎
 記録映画監督・樋口源一郎の作品がspaceNEOで特集上映された。三月十四日に百歳を迎える監督を記念しての企画だったが、目前の二月二十三日、肺炎で亡くなられてしまったのだそうな。そのうち八本と、在りし日の樋口監督のお話を収録した短い映像を見た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/03/22 14:55
村田朋泰展
 永田議員は、自民党追究は他の人に任せて、贖罪のためにも、自分をハメたインチキ記者を徹底的に糾弾すべきだろう。西沢某とやらは、叩けば刑務所送りになるぐらいのホコリを持った、堀江ばりの邪悪な人間だろうから。小さな悪からコツコツと、滅ぼしてゆこう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/03/06 08:14
「ナイトオブザスカイ」「アサルト13」
 100万ドル紙幣といやあマークトエインの小説にあったと思うけど、じっさいにそんな詐欺事件が起こるとは思わなかったなあ。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 0

2006/02/18 23:23
アフガン零年
 アップリンクファクトリーでアフガニスタンの映画三本みる。ひさしく足を運んでいなかったら、アップリンクっていつのまにか場所移転してたのね。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/14 00:24
スティーブンセガール「沈黙の追撃」
 セガール映画はひさびさにみたが、これは意外な傑作だった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/30 08:08
フリークス覚書
 映画「カーテンコール」をみる。斜陽化する映画とともに生きた青年の悲哀を、在日の問題ともからめて、くどくならず、すっきりとまとめた好品。藤井隆がすばらしい。★★★★☆ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/11/23 22:13
復活! ズーズーC
 フイルムセンター、斉藤寅二郎(寅次郎)特集で「東京五人男」「大笑い江戸っ子祭」をみる。成瀬巳喜男のときみたいに、大大的な回顧上映が行なわれると思いきや、申し訳程度の十番組しかなく、代表作の「子宝騒動」さえも上映されないとはどういうことか。やはり喜劇にたいする認識は低いのか。それでも前記二作品はどっちもすごく面白く、寅二郎監督および日本のすぐれた喜劇人の才能をかいまみることができたのは嬉しいことだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/11/21 08:01
動物映画の残虐性を告発する
 フイルムセンターで「海魔陸を行く」「鉄扇公主」をみる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/13 23:35
ジャンクロードヴァンダムがこと
 散歩にいった犬が、体中に他の犬のウンコをくっつけて帰ってきた。そのむかし、肥溜めに落ちた子は名前を変える慣わしがあったときく。これに倣い、うちの犬も、ワンコンからイヌ吉へと強制改名したのだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/25 22:14
「プロデューサーズ」、大銀座落語祭
 ビデオで映画「模倣犯」をポコチン丸出しでみる。森田芳光作品は「家族ゲーム」以来だったが、二十年の歳月を経て、本作によりついに水野晴郎級の巨匠の座にのぼりつめたかと驚きを禁じえない。まだまだ「幻の湖」の橋本忍の境地には遠くおよばないとしても。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/19 12:14
伝統・文化・ジェニファーロペス
 十八日の朝日新聞朝刊にこんな記事があった。  《フラダンスを踊ったり、「コンドルは飛んで行く」を演奏したりするのに、許可が必要? 世界各地に伝わる伝統文化(フォークロア)にも、「著作権」があるという強い権利を、その文化を生んだ地域や民族に与えよと求めるもので、主に発展途上国が主張。先進国は著作権制度になじまないと反発する。背景には南北問題も潜んでいる。》 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 0

2005/05/20 13:31
日本鑑賞魚フェア
 コンビニで売ってる紙容器の無炭酸コーラを飲んでみたら、こりゃうまい。ちかごろは寄る年波に勝てず、寝しなに養命酒を嗜まなければならぬほど老化が進んだ俺だが、まだまだ世の中には、飲まなければならない飲み物がたくさんあるのだと知る。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/04/09 23:03
人生に必要なことは死体がみんな教えてくれた
 いい死体写真を見ると、心が奮い立ってくる。  いい死体写真を見ると、自分がマニアである喜びをつくづく感じてしまう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/04/04 22:07

トップへ | みんなの「映画」ブログ

聖なるブログ 闘いうどんを啜れ 映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる