アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「テレビ」のブログ記事

みんなの「テレビ」ブログ

タイトル 日 時
二度目の本質
ツイッター転載の小ネタ集:二月に抉られた本質です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/28 12:37
平成二十九年最初の本質
ツイッター転載の小ネタ集:一月の本質になります ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/30 19:51
十一月の本質
ツイッター転載の小ネタ集:十一月の本質です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/30 21:47
O・J・シンプソン事件
DVDで「鑑定士と顔のない依頼人」という映画を見た。だいたいこんなオチだろうなとは予想がつくけど、けっこう面白い。自動人形で知られるボーカンソンがでてきて、興味をそそられたが、けっきょく小道具で終わってしまったのが残念。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/05 12:21
九月の本質
ツイッター転載の小ネタ集:九月に抉られた本質です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/01 10:00
六度目の正義
ツイッター転載の小ネタ集 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/30 10:18
OUR HOUSE 感想
OUR HOUSE 感想 さかさま絵 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/14 21:12
「OUR HOUSE」小ネタ集
ツイッター転載の小ネタ集 アワーハウス編です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/31 20:10
今年三度目の正義
トゥウィッター転載の小ネタ集 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/31 08:23
芦田愛菜の最高傑作は何か
芦田愛菜の最高傑作は何か お茶のサイダーとコーラ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2016/02/09 19:53
今年最初の正義
ツイッター転載の小ネタ集 本年最初の闘いです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/29 11:44
師走の正義
ツイッター転載の小ネタ集 十二月の闘いです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/31 12:01
ビートたけし 包茎伝説
ビートたけし 包茎伝説 加藤治子さんといえば、80年代初頭、包茎に苦しむビートたけしに「手術したら?」と優しく親身な助言をあたえていた、とタモリがネタにしていて、この美しい逸話に、さすが「なよたけ」の作者の妻だ、と私は泣きじゃくった。いや、このころの私はまだ「なよたけ」を知らなかったが… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/07 20:22
仏団観音びらき「宗教演劇」
私もかつて舞台に立ったことのある劇場、タイニイアリスがもう半年も前に閉館していたそうだ。そこで昔アリスレビューというサイトに掲載した劇評を記念に載せときます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/05 20:10
北川景子と尾野真千子
宮田隆『分子からみた生物進化』を読んでいたら、《ジュラ紀後期の地層に葉に似た昆虫の化石が見つかっている。(略)その頃にはまだ広葉樹が進化していなかった》という記述があった。葉っぱよりさきに昆虫の擬態はすでに完成されていたのか?と驚愕し、調べてみる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/12 20:35
五・六月の正義
ツイッター転載の小ネタ集 五月末から六月にかけての闘いです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/30 09:48
「明日、ママがいない」DVD化を切望する
「明日、ママがいない」DVD化を切望する お蚕チョコ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/30 21:28
桂米朝のこと
こないだモヤさまで紹介されてたベトナムのフォーを食べてみた。うどん風そうめんといったかんじで、なかなか美味い。パクチーにもちかごろは慣れてきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/22 22:29
一月の正義
ツイッター転載の小ネタ集 今年一月分の闘いです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/31 22:48
芦田愛菜ちゃんの「ビューティフルレイン」
芦田愛菜ちゃんの「ビューティフルレイン」 もしも記憶が存在しないならば、意識もまた存在しません。自分の過去を何も保存しない意識、自分自身をたえず忘れる意識は、瞬間ごとになくなってまた生ずる意識だということになります。(ベルクソン) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/04 13:08
痛風の話
痛風の話 パプ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/20 14:55
ドラマ「Mother」と芦田愛菜の衝撃
ドラマ「Mother」と芦田愛菜の衝撃 血圧を計って間をおかずもういちど計ると、最前とまったくかけはなれた数値になることが多い。血圧とはわずかな瞬間でも大幅に変動しているものなのではないのか。病院で一回計ったところで、安定しているとはいえないのではないか。それとも、俺のほうが異常なのか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/07 13:23
湯川秀樹と武谷三男
例の小保方晴子割烹着事件で、入り乱れる批判と擁護をみていて、80年代に文学者がおこなった二つの論争を思い出したのだけれど、どうやらこれらの論争はあまり顧みられることはないようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/07 13:37
世界1のSHOWタイム
先日、東劇にて古今亭志ん朝の落語映像「居残り佐平治」「宗aの滝」「愛宕山」を観た。すばらしい。やはり同時代をともに生き、志ん朝司会の動物番組「オーワンダーランド」をみることができたのは大いなる幸せだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/24 12:07
五月の闘い
今月はネコの病気で連休中は出かけられず、治療費に数万円つかってしまった。でも元気になってなにより。崇高な長編原稿も完成し、ひさしぶりに正義の世界に立ち戻る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/30 23:39
三月の闘い
三月の闘い ツイッター転載の小ネタ集 三月篇 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/27 12:04
ホワイトハウスダウン
「パシフィックリム」で怪獣に追われる芦田愛菜の走りっぷりをみると、はやく本拠地を海外に移さないと来年の24時間テレビのマラソンに駆りだされてしまうんじゃないかと心配になる。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 0

2013/08/21 10:57
アメリカンポップアート展
「バトルロワイヤル」の山本太郎が反原発の闘士になったり、「実録連合赤軍」の井浦新が日曜美術館の司会者になったりしてるのみると、大量殺人映画で殺人鬼を演ずることが人格を高めるのではないかと思ったりする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/13 15:34
マンガとアニメ
マンガとアニメ 体制が彼らを産み出したのだから、体制には彼らを処罰し抑制する道徳的権利はないという論法は、動物学者には実験室で培養した生きものが毒性を持つようになっても抹殺する権利がないと言うのと同じで、馬鹿げている。E・レイトン『大量殺人者の誕生』 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/02 12:52
詐欺資本主義社会
詐欺資本主義社会 このところは書いておきたい話題もいっぱいあるんだけど、なかなか更新する時間がない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/16 20:00
聖人・小田晋
聖人・小田晋 うちにあった山田かまち幼少時代の筆跡。私の母とかまちのお母さんが友達だったのだそうです。横にお母さんの注釈が添えられています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/22 09:21
さまざまな大珍品
さまざまな大珍品 《演劇におけるJ・グロトフスキーの「リヴィング・シアター」》(山崎正和『世界文明史の試み』433頁) 山崎正和はこんなていどの知識で前衛批判を行っているのか… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/18 17:58
小ネタ集 不正選挙を断固糾弾する
ツイッター転載の小ネタ集 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/10 10:37
雲の上団五郎一座のことなど
ツイッターでラサール石井の悪口書いたら、ご本人からフォローされてしまった。フォロー返しはしてません。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/21 11:03
テレビと読書
大したことない平田オリザの劇を持ち上げてる連中はどうかしているが、それ以上に大したことないハイナーミュラーみたいなポストモダン演劇を褒めまくってる劇評家はもう民主党員なみに腐りきってるよな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/29 20:43
小ネタ集「消費税増税徹底反対」の巻
小ネタ集「消費税増税徹底反対」の巻 ツイッター転載の小ネタ集第六弾 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/20 21:56
劇評15 マン・オン・ザ・ムーン
HPに載せたもの ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/30 20:58
劇評14 ズーズーC
これもHPに載せたもの ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/29 20:56
劇評9 シベリア少女鉄道
劇評9 シベリア少女鉄道 ワンワン ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/24 00:37
劇評5 文学座 岸田国士作品
以下は2002年ごろ、自分のHP(現在は閉鎖)に発表した劇評。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/20 00:35
桂米丸「わが師の思い出」
と、いうわけで、しばらく更新が滞っているうちに一月も終わってしまったけれども、ようやく私は正義の世界に帰ってきた。やはり私には正義がよく似合う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/04 13:49
絶滅の森 アマゾン最後の民シクリン
 BSジャパンで放映された記録番組「絶滅の森 アマゾン最後の民シクリン」を見たよ。まえに放送されたときは都合で一部しか見られなかったので、再放送は何があろうと見逃すまいと思っていたのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/30 10:29
小ネタ集2
ツイッター転載の小ネタ第二弾 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/16 10:21
島田紳助がこと
島田紳助引退報道は、テレビで見ると、釈明会見や「お世話になった」という芸能人コメントの垂れ流しに終始しているが、問題はまだ闇に閉ざされている。犯罪まがいの行為に手を染めていたとの説もあるようだ。紳助は芸人としては天才だけど、人間としては最低だとの認識が俺にはあり、いまではあの顔を見ると吐き気がする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/25 12:42
毎日がハルマゲドン
毎日がハルマゲドン 期待してみた映画二本があんまり面白くなかったし、横浜トリエンナーレもつまんなかったので、書くことがないけれど、とりあえず近況報告。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/15 10:02
グレース・ノノとフィリピン先住民の歌
グレース・ノノとフィリピン先住民の歌 薄毛の男 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/15 14:08
ねこタクシー
ねこタクシー 山芋のハゼドン ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/03 22:23
隕石少年トースター「パペット・オン・ザ・パニック 完全版」
隕石少年トースター「パペット・オン・ザ・パニック 完全版」 マイケル以上の人造人間か!? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/28 13:55
演劇の現状は? 其の壱
 NHKは衛星第二とハイビジョンを一つのチャンネルにするとの新聞記事がでていた。見出しに、演劇は廃止、とある。衛星深夜の舞台中継だけでなく、教育テレビの芸術劇場も打ち切りらしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/02 11:58
うさぎさん
うさぎさん おめでとうさぎ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/06 23:46
人形ミュージカル「アベニューQ」
水嶋ヒロとやらの小説の裏話をきくと、いまなにかと話題の大澤信亮『神的批評』も福田製麺所と康芳夫が画策したのではないかと勘繰りたくなる(やっかみです)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/19 22:56
そっくりさんたち
前記事で菅直人の批判をしたとたんに諫早開門指令。たまにはいいこともするんだな。利権まみれの地元議員に負けずがんばってほしい、この件だけは。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/15 10:18
エコポイントは犯罪です
モモちん ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/26 14:48
東浩紀はカンニング竹山に弟子入りせよ
池田雄一を見た人は東京が飢饉にあると思い、東浩紀を見た人は飢饉の原因は東にあると思うだろう。(元ネタはチェスタトンとバーナードショーの会話です) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/08/02 16:51
はいだしょうこと大野一雄
アルビノ金魚はいまのところ元気。でもちょっと水が悪くなるとすぐ全滅してしまうので、油断できない。はやく共産党が政権とって、鳩山も長妻もいない平和な世の中が来ないかな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/06 07:54
DREAMとか六代目菊五郎とか
どこぞの文芸時評で石原千秋という人が俺の文章とりあげて、《「秀才」さんの作文》と書いている。早い話が貶されてるんだけど、とりあげてくれただけで嬉しいので、さっそく画像みつけてズリネタにしようと思ったら……驚愕 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/30 22:31
東京サンシャインボーイズ「ショー・マスト・ゴー・オン」
 ここんとこしばらくてんやわんやの毎日だったけれど、気になっていた事柄のひとつがいい結果に終わり、やっと本格的な悪徳商法との闘いにのりだせるめどがついた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/08 07:41
「黄金の日日」を観る日日
 愛ちゃんが不安と腹痛を訴えて早稲田を中退するらしい。(いささか情報錯乱) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/03/10 00:44
カーリングが私の原点だ
平均的読者が、もしその本を読むとしたら、それは著者からなにかを学ぶためではなく、それどころか、読者の頭にある凡庸さに著者の意見が一致しないときに、著者を弾劾するためであるということを、考えなくてはならない。オルテガ『大衆の反逆』 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/21 00:52
ミッキー安川を偲ぶ
 むかしEXテレビなる番組の討論会で、島田洋七を怒鳴りつけた大島渚にミッキー安川が「あんたはバカだ!」と怒鳴り返し、「ミッキーさんはコメディアンだというなら、ぼくを笑わせてみてください」といったせんだみつおをミッキーが灰皿を持って追いかけまわし、ミッキー発言に憤怒を炸裂させた西川のりおは興奮状態で立ちあがり「あんたなんか、ただのラーメン屋のおっさんやないですか!」と三辺も繰り返したということがあった。あのときのミッキー安川は面白かったなあ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/20 22:22
ベリーダンスと日本人形
 しっかし、どこ見回しても、福袋だらけだな。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/03 22:26
タカアンドトシはやすしきよしを超えた
 猫猫ブログに「川端香男里は鴻英良を露文科から追い出した」と書いてあって、詳しい経緯はわからないけど、コウノトリちぇんちぇって、追放されっぱなしの人生歩んでんのね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2009/12/17 17:40
三遊亭円楽とは誰か?
 映画「さまよう刃」はたいくつで冗長で、なんのカタルシスも得られない愚作だった。原作はもうちょっとマシだと思うが、東野圭吾はそもそもトリックの書き手で、人間やら社会を深く洞察する作家ではないのではないか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/31 08:37
ホワイトゴート
馬の舌と肝臓のお刺身。やっぱり肉は生にかぎりますな。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/21 07:28
私の内なる左翼精神
「もし愛する人が300人委員会だったら、あなたはどうしますか?」というテーマのケータイ小説を思いついたのだけど、ケータイ持ってないから書くこともできんわ! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2009/08/20 11:30
熊田千佳慕展
 これからは爬虫類人だけでなく、300人委員会やフリーメイソンとも闘わなくてはいけないとは、メンドくさいなあ。正義を守るのもラクじゃないデス。それにしても闇の勢力、ちょっと多すぎやしないか? ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2009/08/17 17:24
大河ドラマ「翔ぶが如く」を泣きながら見る
予嘗て或人と議論せしこと有り、「西洋は野蛮ぢや」と云ひしかば、「否な文明ぞ」と争ふ。「否な否な野蛮ぢや」と畳みかけしに、「何とて夫れ程に申すにや」と推せしゆゑ、「実に文明ならば、未開の国に対しなば、慈愛を本とし懇懇説諭して開明に導く可きに、左は無くして未開蒙昧の国に対する程むごく残忍の事を致し己れを利するは野蛮ぢや」と申せしかば、其の人口を莟めて言無かりきとて笑はれける。『南洲翁遺訓』より ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/02 19:14
科学から科楽へ でんじろうのサイエンスマジック
TAGTASフォーラムで菅孝行氏の日本近代演劇史を聴講。おいらがいま調べているあたりはみごとにスルーしてくれていたので一安心。間違ったことを平気で書いてる研究者は殺してやりたくなる、なんてのべておられたが、亡くなった曽田秀彦の本に出合えたことには感謝したいと仰る。それでむかし某同人誌で氏は曽田さんが主宰していた大正演劇研究会を「どうせアングラなんかどうでもいいと思ってるんだろう」とイヤミぽく発言していたのふと思いだしちゃいました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/10 20:27
深見千三郎とパン猪狩
 東京都現代美術館の「池田亮司 +/−」はつまらなかったが(常設展のほうがよかった)、国立近代美術館の「ヴィデオを待ちながら」はおもしろかった。でもなぜNHK日曜美術館の司会が姜尚中なのだ? ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2009/04/15 00:10
電動自転車問題
お宝画像 ピーター(池畑慎之介) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2009/04/08 11:56
フロスト×ニクソン
審理にたいくつした裁判員たちは、やはりダヨ〜ンのおじさんを描くのだろうか? ...続きを見る

トラックバック 30 / コメント 0

2009/03/30 08:07
スカパーを解約する
キネブチさんが劇評界の斉藤美奈子ならばさしずめ豚高透は、と考えても適当な名前が思い浮かばないので、とりあえずただの気色悪いゴマスリ男と認定しておく。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/19 11:12
黒沢明「用心棒」
最近は悪との闘いそっちのけで秘蔵映像のDVDダビングに熱中してる。まだまだ録画が山ほどあるのだ。それにしても被害総額一億以上の詐欺事件に関しては死刑を適用すべきじゃないのか。 ...続きを見る

トラックバック 8 / コメント 0

2009/02/06 12:31
伝統芸能の一日
 ひさかたぶりに国立劇場伝統芸能情報館の公演記録鑑賞会に行く。学生時代は毎月足を運んで忠臣蔵全段の公演映画を見たりしたものだ、となつかしく思いだす(まだ情報館は建ってなかった)。このたび見たのは、民俗芸能「万歳と大黒舞」。昭和五十四年に上演されたもの。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/11 09:03
大槻教授は敗北したのか?
怒れるワンコン ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/30 21:21
新国劇の「国定忠治」
知り合いの占い師から、劇評より小説を書いたほうがいいと言われたのだけれど、いつのまにかまたしがない劇評書きに戻りつつある今日この頃。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/16 12:52
コラムニストとしての加藤周一
K‐1のリングって神聖だったの??? ...続きを見る

トラックバック 5 / コメント 2

2008/12/07 08:37
筑紫哲也の思い出
 筑紫哲也というと、八〇年代の初頭だったか、すでに三人だけとなった幇間(悠玄亭玉介と桜川善平とあと女の人)の芸をみせる催しがあり、母親に連れられて見に行ったとき、テレビの取材といっしょに筑紫哲也がきていた、と母親が執拗に言い張っていたのを思い出す。まだ少年だった俺には、そういわれたところで筑紫哲也が誰なのかも知らないし、テレビに出るような著名人がそんなもの見にくるわけないと思っていたが、のちに筑紫はお芝居などが大好きらしいと知り、じゃあそうだったのかもしれないと得心した。 ...続きを見る

トラックバック 5 / コメント 4

2008/11/18 23:14
火星のオパール
憂勤は是れ美徳なるも、太だ苦しまば、則ち以て性に適い情を怡ばしむる無し。澹泊は是れ高風なるも、太だ枯るれば、則ち以て人を済い物を利する無し。(種々の状況を考慮し苦労して仕事につとめることは、それはよい行いであるが、しかし限度を超えて苦労しすぎると、その人の本性を楽しくし、心情を喜ばせることができなくなる。これに対して、心がさっぱりして無欲であることは、それは高尚な心であるが、しかし限度を超えて枯淡になりすぎると、世の人を救ったり役に立ったりすることができなくなる。)洪自誠『菜根譚』 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/03 22:25
大晦日にヒョードルVS朝青龍を実現させよ!
モントリオール五輪に出場したデューク麻生 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/09/24 09:39
中学生日記に感動
 衛星放送で、花柳章太郎主演「佃の渡し」を見ようと思ったけれど、面倒臭くなってやめてしまう。「太夫さん」だったらどうあっても録画保存したんだがな。それにしても深夜一時頃になって昭和三十年代の新派芝居見るヤツなんているのか? せめて夜十一時ぐらいにしてほしいよ。NHKの番組編成は、東急のダイヤ編成に匹敵するウンコぶりだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2008/09/07 07:59
志ん朝・欽ちゃん・後藤ひろひと
巨大グモ。国産種だろうか?外国の毒グモだったらと思うと夜も眠れない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/31 20:40
「エミリー・ウングワレー展」と「アール・ブリュット/交差する魂」
 すべてのもの、そう、すべてのもの、私のドリーミング、ベンシル・ヤム、トゲトカゲ、草の種、ドリームタイムの子犬、エミュー、エミューが好んで食べる草、緑豆、ヤムイモの種、これが私の描くもの、すべてのもの――エミリー・カーメ・ウングワレー ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2008/06/01 23:00
少女探偵事件ファイル
許さ〜ん! ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2008/05/03 08:44
がんばれ戦極
 スカパーで戦極をみたよ。プライドはダーティーな部分があったからなくなった、と吉田秀彦が正直に告白していたけれど、その汚い連中による大連立(しかもトーナメントばかりやってる)より、こっちのほうが期待できるというもの。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2008/03/05 23:27
加藤暁子『日本の人形劇』
 かながわ伝統芸能祭「相模人形芝居大会」をみる(神奈川県立青少年センター)。地元五つの座が競演。演者はほとんど女性だった。男はこうした文化活動なんかやってる暇ないのだろう。しかし三味線だけ全演目ひとりのひとが担当していた。他の演奏者が育っていないのだろうか。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 8

2008/02/18 13:17
横山大観展
 長野五輪の記念500円貨が何枚かあって、死蔵してても付加価値はつかないから使ってしまおうと思って、食堂で飯を食ったあと出したら、店員が500円玉ではないと突っ返してきた。カチンときたので、よくみろとまた差し出したら、しばらく眺めてやっと得心したという出来事がすこしまえにあった。むかし百円札をだしたら、アルバイトらしい会計の女の子が泣きそうな顔で上司に相談していて、申し訳ないことをしたと反省したものだ。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 6

2008/02/11 22:49
朝まで生テレビ「激論 大相撲」
 「書きたいことがたくさんあるのに、書くべきことが少なすぎる」とブログについてプロレスラーの石川美津穂が書いていた。  そのとおりだと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/22 12:51
探偵!ナイトスクープ
 もし坂本竜馬が生きていたら、と思う。竜馬の最期の言葉は「俺は脳をやられたからダメだ」というものだったらしい。もし竜馬があのとき死ななかったら、脳をやられた竜馬は裸で絵を描きながら全国各地を旅してまわったかもしれない。  「裸の大将 竜馬がゆく」という物語は、こうして生まれたのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/18 06:40
選挙でチンポ!
 3500円で芝居の切符を買おうか、2700円で金魚を買おうか迷ったあげく、金魚を選ぶ。某金魚専門店で川魚のようなのをみつけたが、これが初めてみる小金錦だった。もっと錦鯉みたいな鮮やかな黄金色かと思ってたが、意外に地味な色合いだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/29 20:10
演劇でチンポ!
 連休中は仕事が入ったり動物の世話したりで、存分に悪と闘うことができなかった。近頃じゃ、客席からただ舞台を眺めているより、場内を歩きながら自由に見物する展覧会のほうが演劇的なのではないかと思い始めているのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/08 06:56
みんなが出るテレビ
 新聞によると、困ったビジネスメールランキング三位は「メールの返信が常に遅い」、七位「大量のデータを了解なく送信してくる」、八位「必要以上に『開封確認要求』をつけてくる」だそうで、某劇場の失礼千万なバアさんがモロにあてはまり、これを読んだ俺は「ドワハハハ」と、ポコチン丸出しで豪快に笑ったのであった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/02 06:23
池田晶子死去
 さいきん気づいたそっくりさん  市川亀治郎とフットボールアワーの岩尾 浅野史郎と古田敦也 (写真はモモちゃんのお母さん) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/03 23:30
ムーミンはブルジョワだった
 給食費滞納してる親って、きっと子供の頃クソまずい給食ムリヤリ食わされたうっぷんを、いまになって晴らしてるんだろうな。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/02 12:58
はじめてのラゾーナ川崎
 おめでうさんのプピポンです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/07 19:40
秋山成勲とK‐1ダイナマイトのインチキ試合
 新年一発目は、修斗を食い荒らす(パンクラスはもう食い潰された)プライドと男祭りを批判しようと思ったけれども、ダイナマイトの桜庭×秋山があまりにも酷かったので、やはり抗議しないわけにゆかない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2007/01/01 09:45
チャップリンの偉さ
 バスターキートンは、チャップリン・ロイドと自分との違いについてこう述べている。《私の役柄は、乞食でもなければ、ロイドのような不適合者でもなく、仕事があれば最善をつくして、まる一日を棒にふってでもそれをやりとげようとして懸命の努力をする男だった。機関車を運転しなければならないとなると、汗水たらしてそれをやりとげようとするわけで、これがチャップリンだったら、簡単に近くの車庫に放りこんであとはかえりみない。私たち3人のいちばんかんじんな相違は、シチュエーションとかストーリーの展開がどうあれ、そういっ... ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 2

2006/11/15 07:52
金魚の秋
 まるで私に滅ぼされることを歓迎するかのごとく、死に急ぐかのごとく、憎むべき悪が攻撃を仕掛けてくる。この、醜く増長する悪を前に一歩たりともたじろいではならぬ。来たるべき、ハルマゲドンのその日まで。くわえて、人並みはずれた私のチンコの長さを、正義と平和に役立てることができないかと、しばらく考えるも、有効な利用方法が思いつかず、断念。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/15 11:57
PRIDE無差別級GP決勝戦
 スカパー観戦したのだが、これはいかなこと、私の応援する選手がつぎつぎに負けてゆく。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2006/09/10 23:07
横浜で味わうビールとアイス
 あいもかわらず、正義正義の毎日だ。先週の大雨で、家にあったアシナガバチの巣から蛹がこぼれおちてしまい、蜂の子というのは食ったことないけど、白いプニュプニュした蛹の死骸をさわってみると、なんともいえず美味そうで、つい口に含んでしまいたくなる。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2006/08/16 05:51
鈴々舎馬風 落語協会会長へ
 いいのか、これで? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/27 07:57
米原万里追悼
 よく新聞広告にでている、小牧久時博士論文選集ってやつ、あれいったいなんなんだろう。とても気になる。たしかピーターシンガーの本の訳者あとがきで触れられていた記憶があるけども、絶対平和への第三段階であるらしい「個体数の調節で野生動物、魚、昆虫の殺し合いの根絶」というのは、ものすごくひっかかる。具体的に、何をやるつもりなのだろう。きっと太田竜みたいにいっちゃった人なんだろうな。かつてABBAが「恋の太田竜」という曲を歌っていたのだが… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/16 10:04
桜庭和志HEROS参戦か!?
 トーナメント路線がいやで、あまし期待もせずに観ていたヒーローズだが、すごく面白かった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/04 00:31
プライド31 GPはもうやめろ
 PRIDE31は番狂わせの多い好試合続出で、私も大喜び。それにしても日経の内田洋一ってのはとんでもねえ野郎だな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/02/26 23:39
笑う沖縄
 テレビ朝日で小那覇舞天(2/11)、NHKで照屋林助(2/18)と、申し合わせたように、師弟関係にある沖縄の笑芸人ふたりをそれぞれ特集した番組があいついで放送された。俺は小那覇舞天のCDは持っていたが、ロクすっぽ聴いてなく、今回初めてどんな人だか知ったしだいで、お恥ずかしい。照屋林助についても名前しか知らなかった。こんなすばらしい芸の世界に足を踏みいれずにいたなんて、我ながら呆れる。勉強の仕直しだな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/02/20 11:56
パン君は虐待されている
 『ムー』『女性自身』とならんで私が最も信頼している真理の雑誌、『実話ナックルズ』弐月号に、つぎのような真実が告げられている。人気TV番組「Sどうぶつ園」、PとJのおつかい大挑戦のチンパンジーPが収録中、調教師から虐待を受けているというのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/01/13 14:58
プライド男祭り2005
 あけまんこ! (写真は犬のラーポン) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/01/03 21:08
金子賢て誰?
 大晦日のPRIDE男祭りに俳優の金子賢が参戦するそうですが、世事に疎いオイラは金子とやらが何者なのか、わかっていませんでした。そこでちょっとお勉強。参考は『噂の真相』二〇〇一年九月号、「早大キャンパスからも姿が消えた広末涼子プッツン奇行癖の真相」です。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2005/12/16 11:44
姉歯劇場が開幕した
 偽装を愛し、偽装に生きた男、姉歯元一級建築士のさわやかな生き様が、いま感動を失った無気力な大衆の熱い注目を集めているという。  姉歯はつぎのように語る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/12/14 13:15
セームシュルトK-1優勝おめでとう
 K-1GPでセームシュルトが圧倒的な強さで優勝した。ここ何年か、茶番と化した大会を見せられてきたものにとっては、嬉しいかぎり。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/11/19 23:56
小池百合子は環境ファシストになれるか
 保守派の人々は、頭が悪い。彼らは伝統的な価値観の衰退について泣き言を言いながら、熱狂的に技術の進歩と経済の成長を支持している。彼らはテクノロジーの急激な進歩には他の面での急激な変化が伴い、そしてこの変化は伝統的な価値観を破壊するということがわからないのだ。  ――テオドアカジンスキー(ユナボマー) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/11/02 08:04
笑点のテーマを日本国歌にせよ
 三笑亭夢楽死去。俺が寄席に通っていたのは中学の頃、文治と柳昇がお気に入りだったから、芸術協会を聴くことが多かった。小南や助六は印象に残っているが、夢楽の噺はあまり憶えていない。安藤鶴夫の『巷談本牧亭』にでてきたかどうかもよく憶えてない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/11/01 08:03
須藤元気を格闘技労組の会長にせよ
 プライド武士道GPをポコチン丸出しでみる。俺はこういった勝抜き戦方式で盛りあげるのは反対なのだが、メチャメチャ面白かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/09/26 10:25
愚民圧勝
 田原や古館に洗脳され、面白半分に投票した愚民どもによって、自民党が圧勝。もうこうなったら、愚民党に名称変更したらどうだろうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2005/09/12 10:24
巨人と小人の、チンポはどうだ
 まいった。暑さのせいか、まったく頭が働かない。韓国映画「人形霊」は面白く、なにごとか書こうかと思ったけれど、人形についてはいつかきちんとまとまった論文を書かなければならぬと禁欲。やはり体系的論理的な文章を書かなければ、思考は衰退するのかもしれない。ビールより水のほうが美味いと感じるきょうこのごろ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/05 20:31
セロの超能力革命
 数日前にフジテレビで放送された特番を見る。まえはテレビ東京でよくセロ特集をやっていたが、フジに獲られてしまったのか。テレビ東京マニアの俺にとっては悲しいかぎり。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 0

2005/07/04 08:31
前田日明完全孤立化作戦 進行中
 PPVでプライド武士道をみる。日本格闘界のみならず、UFC・ブラジル柔術などから中軽量級の雄を一堂にあつめた今大会は、ものすごく面白かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/23 00:06
動物大作戦
 ボウリングと脱線の連結した妄想が頭の中を駆けぬけるが、あまりに不謹慎なので、文字にはできない。やがて電車の券売機の隣に保険加入機が導入される日がくるかもしれない。マイケルムーアはJR西日本(真空地帯)へ突撃取材すべきだろう。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/05/06 14:43
人生に必要なことは死体がみんな教えてくれた
 いい死体写真を見ると、心が奮い立ってくる。  いい死体写真を見ると、自分がマニアである喜びをつくづく感じてしまう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/04/04 22:07

トップへ | みんなの「テレビ」ブログ

聖なるブログ 闘いうどんを啜れ テレビのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる