石川美津穂は何処へ…

「多くの人は科学技術のよい面ばかり見て、それが予期せぬ悪い影響をもたらすことを考えません。私の大学の先生は20世紀はじめ、米国に自動車が登場した頃のことを覚えていました。路上の馬ふんや蹄鉄の騒音から解放された人々は『自動車のおかげで街はきれいで静かになった』と喜んだそうです。大気汚染や二酸化炭素の問題は想像もできなかった。今後開発される技術も、予期せぬ問題を引き起こすでしょう」

1月3日の朝日新聞に掲載されたジャレドダイアモンドの発言。ここだけ取り上げるととても含蓄あり学ぶところの大きいものだと思うけれど、彼は舌の根が乾く間もなく、つぎのように言う。

「けっして福島の悲劇を軽んじるつもりはありませんが、原発事故もまた『リスクが過大評価されがちな事故』の典型例です。私たち米国人もスリーマイル島の原発の事故の後、1人の死者も出なかったのに、新しい原発の建設をやめてしまいました。それはあやまちだったと思います。原子力のかかえる問題は、石油や石炭を使い続けることで起きる問題に比べれば小さい、と考えるからです」

ダイアモンドなる人物のお里が知れようというもの。思想なきエコロジーがこうした与太を生みだす。原発事故は収束し、日本は復興している、なんてバカげたことをいいだす連中があとをたたずはびこるのだ。
地球温暖化対策は原発推進しかないというのも疑問だが、ただ反原発派のように即刻すべての原発を停止して火力で賄おうというのも疑問が残る。けっきょく電力消費を抑えた、石油にも原子力にも依存しないで自立できるエコロジー社会を構想し、創造することが必要なのではないか。インチキ環境思想に騙されず、脱原発も脱ダムも温暖化防止も視野におさめた、あたらしい文明創出の必要。


さて、前回の記事にトラックバックがついたんだけども、じつをいえば、この「脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・」というブログにはかなり強烈な記憶がある。女子プロレスラー石川美津穂と沼津のキャバクラで会ったという記事を読んだことがあったのだ。

http://tomotaroukun.blog116.fc2.com/blog-entry-392.html
http://tomotaroukun.blog116.fc2.com/blog-entry-393.html

石川美津穂を知ったのは、もう七年ぐらい前だろうか、格闘技通信の選手名鑑に載っていて、きれいな人だなあと思ったのが最初だった。別ページにはDVD発売のお知らせがあって、つまりこのときまだ石川は格闘技参戦してなかったのに、すでに格闘家として売り出そうとしていたわけだ。
そのあと「ワイルドフラワーズ」という映画に出演し、TBSの女子格闘技トーナメントに「映画主演女優」とのキャッチフレーズで出場していた。写真で見るほど美人じゃなかった記憶がある。その当時仕入れた知識だと、タレント養成所にいた石川美津穂は、演技の一環としてはじめたプロレスにはまって、そのままプロレスラーになったようで、森田芳光の芸術「模倣犯」にも出ていたらしい。そのあと舞台や歌などで活躍していたのだが、いつからかぱったり見かけなくなった。
一時期は太田プロ所属だったはずだが、解雇されたのか、故郷沼津でプロレスをやっているとの情報はあったが、やがてブログも閉鎖され、どうしているかわからなくなっていた。タッグを組んでいた東城えみははやくもAV女優に転身し、去年はデリヘル嬢になったと噂を聞いた。
で、件のブログによれば、2009年にはキャバクラであった子が石川美津穂で、次回行ったときには「私今日安全日なの」と誘惑されたとまで書いてしまい、削除要求されてもつっぱねて、癌で余命いくばくもないから石川美津穂に会いたいとコメントする人まで現れてかなり面白かったのだ。

現在、石川美津穂は何処で何をしているかまったく不明だ。消息をご存知の方がいたら教えてください。

この記事へのコメント

('仄')パイパイ
2013年07月14日 14:36
('仄')パイパイ
渋君
2014年02月06日 20:45
西麻布2丁目のお城みたいな建物の前で外車を洗車しているオバサンでは?
2014年02月06日 21:18
ふえぇ~! 情報ありがとうございます。本物ですかね? 玉の輿に乗ったのでしょうか? それとも女中さんになったとか?

この記事へのトラックバック

  • 三島市パブから沼津市キャバクラへ

    Excerpt: 近所の方と三島市のパブスナックから沼津市のキャバクラへ出かけただが、キャバクラ経営は凄く儲かりそうな感じだが、キャバクラ嬢へのサービス教育・心理学、マーケティングが大変そうだった。 Weblog: 脳挫傷による見えない障害と闘いながら racked: 2012-08-30 20:58