エグホン6 本質を抉れ!

ツイッター転載の小ネタ集:六月に抉られた本質です

6月2日
今日は交通会館の切手コインまつりへ。『社寺福銭・上棟銭他銭譜』という型録を買う。全国のお寺神社で発行された福銭やお守り銭、観光地の土産物銭や記念銭、会社やお店で制作した招福銭、各地の振興券、代用貨、子供銀行の貨幣からパロディコインなど、貨幣ならぬ貨幣が収録された労作。見応えあり。

6月3日
道端にカラスらしき雛がいてクークー鳴いている。最初何の鳥かわからず、うっかり触るのも怖いし、気になって動物病院の先生に相談したら、そのままにしておいたほうがいいという。ほっとけば親が助けるが、手を出して見つかると顔を覚えられ、むこう一年は攻撃されるらしい。

6月6日
アベが国連の選挙監視団派遣を拒否した、という噂はデマらしいのだが、じゃあどこからそんな話が出てきたのか、ちゃんと検証すべきだろう。俺は不正選挙はあると思っているけど、虚偽はよくない。まあムサシに問い合わせたから不正はない、というのもどうかと思うが。
この話の出所、現在アカウント凍結中の某女性作家のブログをみると去年からそう主張されているんだけど、ツイッター検索かけてみると、一昨年から情報発信している某アカウントに行きつく。やっぱコイツか。
この人、以前は相互フォローしてたんだけど、引用元不明の発言が多いので、出典を明記するよう求めたところ、そのツイイトを削除しまったく同じ発言を繰り返してるので、呆れてフォローを外した。
この人は、ほかにも東京新聞のコラムで不正選挙が取り上げられたとか、英国の新聞漫画で不正選挙が風刺されてるとか書いていたけど、東京新聞の記事は明らかに不正選挙論者を批判する内容だったし、英国の漫画もアベをおちょくってはいるが不正選挙にふれているわけではない。妄想が多すぎるのだ。
妄想にも一片の真実が含まれていることはあるし、俺も不正選挙は行われていると疑っている。アベならやりかねないことだし、こんなデタラメな政権が選挙のたび圧勝しつづけるわけがないと思うからだ。でも不正選挙論者が捏造や虚報を垂れ流すならアベと同水準に陥ってしまう。
不正選挙説を逐一反証した記事もあるのだが、どうも俺には、そういう見方もできるのかな、というぐらいにしか思えず、不正選挙を完全に論破し覆すものとは思えなかった。でも不正選挙論者はまずなにより事実を提出しないと、これまでに出てきたさまざまな状況証拠も嘘だと疑われてしまうだろう。

ひさかたぶりにビデオ芝居探検隊シリーズで山の手事情社「風通しのよいカメレオンリポート」を見る。九十年代はじめごろの小劇場演劇はほんとうに面白かったなあ。調べたら清水宏は日本スタンダップコメディ協会の会長を務めてると知り、びっくり。

6月9日
澤野雅樹『絶滅の地球誌』読む。第一部は自分の関心とも繋がり、興味深い。第三部で紹介されるパキスタンの核開発者カーン博士の思想と行動はじつに面白い。この本は一通りの勉強が終わったら、もう一度読み返したい。

6月17日
今日は水で作ったカップヌードルを食べてみたが、けっこううまかった。
十年に一人の逸材とよばれた人が十年目にして一位になるのがAKB不正選挙なのだ。

6月21日
透明なコーラってあんまり美味くないのう

それにしても六月だというのになんて暑さなのだ!
かくして、今月も本質は、私によって守られた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック