エグホン8

ツイッター転載の小ネタ集:八月に抉られた本質です

8月2日
考えてみれば、前田敦子が大島優子より先にAKB卒業するとは思ってなかったし、小嶋陽菜より早く結婚すると思わなかったのう。

いつ死んでもおかしくない老人二人が「東京駅が見えるホテルの一室で小便を漏らしながら」煙草をふかし、ときおり「こいつは殺す」と呟く対談本を出せばよい。柄谷か浅田が二人を小バカにした批評をすればさらに盛り上がることじゃろう。

8月3日
そういえば山田登世子先生は、筒井康隆や蓮實重彦の文体を巧みに模倣した著作でテリー・イーグルトンを嘲笑していた。心ある編集者なら大橋洋一さんに蓮實批判を書いてもらうべきなのだけど、盗作の隠蔽にいそしむ文芸誌には何一つ期待できないね。

8月13日
直接的な下ネタを好まない人間の精神状態が理解できない。異常な変態心理現象なのではないか?

8月15日
午後の紅茶のマンゴーラッシーティーはおいしいのう。
濱田龍臣主演で「あまちゃん2」をつくればいいのに(能年玲奈に似てるのだ)。

8月19日
それにしても「時事放談」がもっとも先鋭な政府批判番組になる日が来ようとは思いもよりませなんだ

8月21日
ラマルク進化論の起源はどこまで遡れるのだろう。イブンハルドゥーン『歴史序説』には、鉱物→植物→動物→人間という進化が表され、猿界が上昇し人間になるとの思想が記され、また肌の色は空気の構成に左右されると書かれている。アリストテレスやヘロドトスも読んでみなければならない。

今日はひさびさにツイッターでモノホンのキチガイに出くわした。金のための雇われ工作員とか洗脳された反知性派ではなく、マジモン。怖ろしかった~。

8月22日
薬の情報誌を読んでたら、重力進化説を唱える西原克成さんが出ていた。お元気そうだが、サメの陸あげ実験はまだやっているのだろうか?

諸外国から東京五輪ボイコットされるまえに、日本国民の側から恥ずべき五輪を中止に追い込む運動を展開すべきじゃないか。

8月25日
獅子と牛とを同一の法によらしむることは圧制である。(ウイリヤムブレイク)

8月27日
最近はさすがのネトウヨもアペ総統万歳をネタにするしかなくなってきている。そうとう追い詰められてるな

三十年ぐらい前のことだが、渋谷の大誠堂書店で立ち読みしてると、ニール・サイモンの戯曲集を探してるという女の人がいて、年配の店員が「私の若いころ卒業という映画の主題歌があって…」と、サイモン&ガーファンクルのこともよく知らないようだった。
かくいう私もセリフ劇は観ないので、ニール・サイモンはほとんど知らない。リンゼイ・ケンプの舞台は「真夏の夜の夢」「女形」を観ている。「真夏の夜の夢」は映画もあったはずだ。

それにしても邪悪なカルト人間どもに支配された日本に未来はない。いまの俺にできるのは、悪を滅ぼすことだけだ。かくして、今月も本質は、私によって抉られた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック