人類滅亡論序説3

 トルストイは『クロイツェル・ソナタ』のあとがきでのべる。《人類の滅亡ということは、人間にとって何もこと新しい思想ではない。宗教家にとっては、信仰のドグマであり、科学者にとっては、太陽の冷却という観察から推して、必ず到着しなければならぬ結論である》(14)と。  トルストイは長廬子とおなじように、天文学的に人類の滅亡は必然と考えている…
コメント:0

続きを読むread more