人類滅亡論序説5

 ピンカーは言語は自然淘汰によって発達し進化してきたとつねづね主張している、いわば淘汰原理主義者のひとりなのだが(その本尊はダーウィンだが、現在最大の布教者は利己的遺伝子でおなじみリチャード・ドーキンスだろう)、人間の本性は一万年のあいだ一定で、社会間の行動の違いは環境要因によるとし、遺伝子があたえる影響については一部留保しつつも懐疑的…
コメント:0

続きを読むread more