貫かれた信念 9~11

ツイッター転載の小ネタ集 九月から十一月にかけて貫かれた信念です 9月1日 24時間マラソンに対抗する24時間ズリセン、関東大震災に対抗する関東大試飲祭など、やらなければならない企画は山ほどあるなあ。 9月13日 「女王陛下の007」のダイアナ・リグが亡くなった。新聞にはボンドの最初の結婚相手を演じたとあるが、じつは映画…
コメント:0

続きを読むread more

詩と箴言:マックス・ノルダウ『現代の堕落』

よく「その人のことを信じようと思います」という言い方をするけれど、実はそれって、自分が信じたい“理想の人物像”を勝手に期待しているのではないか、って。だから「裏切られた」なんて言葉が出てきたりして。でも本当は相手が裏切ったわけではなくて、自分には見えていなかった部分が見えただけだとしたら? その時、すべてを受け容れられる自分でいるために…
コメント:0

続きを読むread more

世界の終末思想

M・ヒンメルファーブ『黙示文学の世界』はなかなかの好著。黙示文学というと通常は聖書の外典偽典のように、ユダヤ教からは排除された、キリスト教資料として扱われる。けれどもユダヤ人の著者は、ビンサンチン時代の「セフェル・ゼルバベル」「セフェル・エリヤフー」といったユダヤ文学を取り上げていて、こうした文献はほかに資料がなく、邦訳もない。岡田明憲…
コメント:0

続きを読むread more