とある温泉施設

よく行くお店にお気に入りの女の子がいて、マスクしてるから目しかみたことないけど、ちょっとキムヨナに似てるんだと気がついた。私はキムヨナの顔が好きなのだ。
浅田真央よりキムヨナのほうがかわいい、というと大抵の人はやな顔をする。でも政治家に対する態度をみてもキムヨナのほうがはるかに骨があって立派ではないか。一位と二位の違いだろうか。

さいきん舞台とはとんとご無沙汰で、ネット動画をときおり見るくらいなんだけど、テレビで見た「中居正広のダンスな会」は面白かった。風見しんごなんて「ヤヌスの鏡」以来だし、ジャニーズのダンスも侮れないものがあるのだな。俺が舞台芸術に熱中しだした90年代初頭には、ビデオダンス上映会がひんぱんに行われてて、ずいぶんいろいろと見た。教育テレビや衛星放送でも、マーサグラハムとかモーリスベジャールとかイリキリアンなんかやっていて、録画しまくっていた。このころから2000年初頭ぐらいは演劇より舞踊のほうが面白かったかもしれない。いい時代だったなあ。
舞踊の批評というのは狭い世界のぶん、縄張り意識が激しいと聞いたことがある。演者の動きを言語化するのはむつかしい作業なので、俺にとってダンスは批評よりただ享受するだけだったが、観ることの快楽をぞんぶんに味わうことができるのは、やはり踊りならではのことだと思う。ポストドラマ演劇などといっても、脱戯曲の芝居なぞ鍛えあげられた舞踊家の足元にもおよばない。

さて、自分が住む街には歩いていける距離に温泉施設があって、大動脈手術後しょっちゅう通っていた。そのあと、もっと近場に別の日帰り温泉ができた。それでもはじめは古い方がゆったりできるし、料理も豊富で、新しい方にはあまり足を運ばなかった。でもだんだん古い方のサービスが悪くなってきたので、新しい方ばかり行くようになり、たまにしか行かなくなった。
以前は脱衣場にはいると温泉のいい香りがただよってきたのだが、いつしか温泉自体からも匂いがしなくなった。もしかするとお湯をうすめてるんじゃないかと疑ってしまうし、効能も薄れてるんじゃないかとつい思ってしまう(新しい方はちゃんとした温泉の香りがする)。
しばらく行かなくなっていたころに、ツイッターでここの設備に大幅な改修がなされたけど、レストランがひどくなったと苦情がいくつか書かれていた。俺もその後行ってみたが、セルフサービスになっていて、鍋物なんかでも自分で席まではこばなければならなくなっていて、これじゃあ客も逃げるなと思った。ネットの書込みによると、一時は食堂のメニュー全体が変わってしまい、それがそうとう評判悪かったらしく、すぐ元に戻したのだそうだ。なんでも数年前に経営者が変わったらしく、お湯に香りがしなくなったのもこの頃だ。

先日、そこの温泉にひさしぶりに行ってみた。朝一番に行ったら、お湯がぜんぜん沸いてない。どの湯船も35度以下で、ぬるくてさむくて入ってられない。しょうがないからサウナで体をあっためてそうそうに退散。午前中は客が少ないとはいえ、これはひどい。もうひとつの施設は朝早くに行ってもちゃんとしてるぞ。まえにはお客のアンケート用紙もあったのに、なくなっている。

本日は最後までお読みくださり、ありがとうございます。
あなたのポコチンには、何が残りましたか?
DSC_0074.jpg

この記事へのコメント