貨幣のようなもの

画像
さかさま絵

先日の新聞に、偽造一万円貨のことが載っていた。コンビニでこいつを使った男が詐欺罪で逮捕されたとのこと。
画像

偽造というか、記念貨幣を模したメダルらしい。昭和六十五年とあるからシャレのようだ。聖徳太子の壱万円札を模倣した壱億円ハンケチのようなものだろうか。

画像
左は東京五輪記念貨を模したメダル。子供のころ拾ったもの。右は汚いですが本物の千円記念銀貨。大きさは同じでも重さはまったく違う。

長野五輪の記念貨幣は大量に発行しすぎたせいか額面以上の価値を持たない。なのでいつだか牛丼屋でこの500円玉を使ったら、店員がこれはお金じゃないと言い出した。店長らしき人が出てきて確認してくれたからよかったが、お金のことを何も知らんのだなと呆れた。記念貨幣をよく知らないと、昭和六十五年と記されたインチキメダルも本物だと思ってしまうのだろうか。

画像
もうひとつ貨幣のようなものを。これは鰹節のにんべんが江戸時代に作ったという日本最古の商品券。銀製で、代用貨幣といってもいいだろう。



"貨幣のようなもの" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント