ミティラー美術館コレクション展

たばこと塩の博物館でミティラー美術館コレクション展をみてきたよ。たば塩は前に行ったとき道に迷ってずいぶんムダに歩きまわって、もう間違えまいと挑んだのに、すこし手前で曲がってしまい、けっきょく歩きまわってしまった。場所を渋谷に戻してほしい。

インド先住民の描いたミティラー画ワルリー画の展示会は以前よくあちこちで開かれていて、何度かみた。細かな点と線でつくられたミティラー画、素朴な絵で自然や人間や神話を描くワルリー画のすばらしさには心を惹かれたものだ。稚拙にみえるが緻密な描写と複雑な構図で独自の世界を形づくる。ブッシュマンやアボリジニの壁画にも似た味わい。
unnamed.jpg
ミティラー画
前にみたときは単色の作品ばかりだったと記憶するが、鮮やかな色彩の絵もあった。

1612866954812_fc51f59d76512342736c1f7eb7907df6.jpg
ワルリー画

ゴンド画は今回はじめてみたが、じつにすばらしい。
LL_img_246089_8.jpg
トカゲかと思ってたらトラらしい。

貢物店で原画を売ってたので買う。
DSC_0074.jpgDSC_0075.jpg
これはなんの生き物かわからない。

これは数年前に買ったインダス文明の土偶
DSC_0073.jpg

最後に去年買った第一回国民体育大会記念切手
DSC_0076.jpg
じつをいえば第一回の国体記念切手なぞ存在しない。これは民間で発行された架空の切手なのだ。
本日は最後までお読みくださり、ありがとうございます。
あなたのポコチンには、何が残りましたか?

"ミティラー美術館コレクション展" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント