テーマ:芸能

エグホン8

ツイッター転載の小ネタ集:八月に抉られた本質です 8月2日 考えてみれば、前田敦子が大島優子より先にAKB卒業するとは思ってなかったし、小嶋陽菜より早く結婚すると思わなかったのう。 いつ死んでもおかしくない老人二人が「東京駅が見えるホテルの一室で小便を漏らしながら」煙草をふかし、ときおり「こいつは殺す」と呟く対談本を出せば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三遊亭円丈『師匠、御乱心!』と落語協会分裂騒動

三遊亭円丈の名著『御乱心』が三十年以上の時を経て、『師匠、御乱心!』と改題され、ついに文庫化された。 正直、新たにつけられた鼎談や夢枕獏の解説はつまらなかったのだが、そのむかし、『御乱心』をはじめて読んだときはまさに衝撃だった。スポーツ新聞に、円丈から本が送られてきたがかなり過激な内容だ、と紹介されていて、円丈はそれほど好きではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エグホン5

ツイッター転載の小ネタ集:五月に抉られた本質ですが、はじめのほうのツイイドを誤って消してしまいました。ので、十日から。 5月10日 ゆうべ体験した不思議な偶然を記しておかねばなるまい。ただ酒にありつこうと、本の宣伝もかねて、群像新人賞の贈呈式に足を運んだ。終了後、エレベーターの中で知人に本をみせていると、隣で驚きの声をあげた方が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田宮二郎の「白い巨塔」

田宮二郎主演のドラマ「白い巨塔」をDVDで観た。もう四十年近く前の作品だが、いささかも古びていない。 田宮二郎といえば、とうじ小学生だった俺にはあくまでタイムショックの司会者だった。このドラマは田宮の自殺直後の最終回を見た記憶はおぼろげに残っているぐらいで、あとは記憶にない。河原崎長一郎だけは「リンゴをかじると歯茎から血が出ません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年最後の本質

ツイッター転載の小ネタ集:十二月の闘いです 12月2日 そのむかし、椎名林檎の妊娠報告の文章が酷すぎると週刊文春が記事にしたとき、なぜか河内音頭の鉄砲光三郎にコメントを求めてたのを思い出した。インチキ保守に身を落とした椎名林檎より、本当に日本文化を保守していたのは、鉄砲光三郎のほうだろう。日本人なら河内音頭・江州音頭を聴かなけれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビートたけし 包茎伝説

加藤治子さんといえば、80年代初頭、包茎に苦しむビートたけしに「手術したら?」と優しく親身な助言をあたえていた、とタモリがネタにしていて、この美しい逸話に、さすが「なよたけ」の作者の妻だ、と私は泣きじゃくった。いや、このころの私はまだ「なよたけ」を知らなかったが… というつぶやきを書いてから、この件について誰かふれているだろうかと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北川景子と尾野真千子

宮田隆『分子からみた生物進化』を読んでいたら、《ジュラ紀後期の地層に葉に似た昆虫の化石が見つかっている。(略)その頃にはまだ広葉樹が進化していなかった》という記述があった。葉っぱよりさきに昆虫の擬態はすでに完成されていたのか?と驚愕し、調べてみる。 ネットの書込みをみると、この話は別の虫の化石と混乱して伝わっているらしく、広葉樹以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四月五月の正義

ツイッター転載の小ネタ集 4月2日 出版社で打ち合わせ、というか、ほとんど採用面接だった。途中で「批評がポエム化している」というフレーズを思いつき、ひとりほくそえむ。これはネット空間で言説が極度に断片化されてるということの意。 4月3日 民主党が野田豚彦を除名し増税見直しする可能性と、小沢一郎・山本太郎が共産党と協力しあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイルドスピード スカイミッション

引越しで、過労死寸前というぐらいくたびれてます。この間の出来事についてはまた後日報告しよう。  というわけで、公開から一月ぐらい経って、ようやっとワイルドスピード新作を見にゆく。  このシリーズ、当初はポールウオーカーが主役だったのに、だんだんビンヂーゼルのほうが重要な役になっていき、それとともに自動車映画からアクション映画へと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「明日、ママがいない」DVD化を切望する

お蚕チョコ 東京新聞には、終戦直後の紙幣図案が発見されたとの記事。野口英雄の肖像がこの時期すでに検討されていたという。日本紙幣収集事典にはそれと別の図案が掲載されている。 芦田愛菜の明日ママがネット動画にあがっているのをみつけたので、初回から最終回まで全九話をつづけて視聴する。 児童養護施設を悪しざまに描いているとして抗議…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

矢崎泰久『残されたもの、伝えられたこと』

去年の暮れぐらい、図書館で矢崎泰久の本を検索したら、表題作を見つけた。副題に「60年代に蜂起した文革者烈伝」とある。読みたいと思って、棚を探したけれどみつからない。ちょうど原稿を書いているとこなので、週一回は通っているから、そのたびに探すのだけど、検索機では貸出可能になってるのに、やっぱりない。一ヶ月ほど経ってもみつからないから、とうと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つけ麺の話

芦田愛菜ちゃんのあまムーチョ 愛菜ちゃん字がきれい 残念なことに、私は揚げ芋が好きではない。 ネットで近所の食い物屋の口コミみてたら、ふざけたのが出ていた。 酔っぱらってその店でつけ麺を注文したら、麺がふにゃふにゃで、文句を言ったら、店員が「うちはこういう麺なんです」と反論されたらしい。 ただたんに、こいつの口に合わな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九月の動画集

Youtube動画集芸術篇です 佐々木蔵之介のパワーマイム。テレビドラマの演技からは想像つかない芸術です。 http://www.youtube.com/watch?v=2dehQz1X-EU ヤンファーブル「劇的狂気の力」 http://www.youtube.com/watch?v=wqV5nrVtEwM ミス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片山陽加主演「リボンの騎士」

片山陽加主演の舞台、UMANプロデュース「リボンの騎士 鷲尾高校演劇部奮闘記」(六行会ホール)を観てきたよ。 片山はーちゃんはこんなに美人。 片山はーちゃんはこんなにかわいいのに、一度もシングル選抜に入ることなくAKB生活を終えようとしています。 私が片山さんに惹かれるようになったのは、たしかじゃんけん大会の映像で、ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六月の闘い:動画集

本棚 半年前に本を整理したばっかりだというのに、その後も本が増え、新たに棚を購入しなければならなくなった。すこし本も処分しなけりゃならん。 今月はツイッターでもRTばかりで、積極的に悪と闘わなかった。 なので、おすすめ動画集を。 インドネシアの詩人・演劇人レンドラの舞台映像を探したら、これを見つけた。詳細はようわから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界1のSHOWタイム

先日、東劇にて古今亭志ん朝の落語映像「居残り佐平治」「宗珉の滝」「愛宕山」を観た。すばらしい。やはり同時代をともに生き、志ん朝司会の動物番組「オーワンダーランド」をみることができたのは大いなる幸せだった。 で、ゆうべは日本テレビで「世界1のSHOWタイム」を観た。世界各地から集められた演戯者たちがその技を競いあい、観客が出演料を決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四月の闘い

ツイッター転載の小ネタ集、四月の闘いです。 4月5日 東京新聞で中山千夏が猪瀬と比較して卑劣極まる公約違反増税推進議員・辻元清美と菅直人を持ちあげ、別記事では増税推進活動家・湯浅誠が載っている。ついに東京新聞も増税キャンペーンに加担しはじめたのか? 市民運動家が市民の敵だということがはっきりしたわけだ。 4月7日 折原一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民俗芸能動画集

東京都民俗芸能大会で観た、稲城市山本社中の里神楽「天の浮橋」が面白かった。生まれてきた蛭子を泣きながら海に流したり、カグツチによってマンコが焼け爛れ悶え死ぬイザナミとか。 で、いろいろと民俗芸能関連の動画など調べていたら、山口県鷺流狂言DVDが販売されていて、思わず購入。鷺流は明治になって廃れてしまった狂言の流派だが、佐渡・山口・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山田勝仁『寺山修司に愛された女優』

図書館の新着コーナーで山田勝仁『寺山修司に愛された女優 演劇実験室◎天井桟敷の名華・新高けい子伝』をみつけた。新刊かと思ったら、三年以上まえに出た本だった。 寺山が世を去って三十年が経っている。おいらはもちろん、寺山の舞台には間に合っていない。去年、ワタリウム美術館での寺山展を見て、生の舞台を体感したかったと痛烈に思う。 寺山の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動画集6

東横線にのってると、車内テレビで「のるレージ」なる妙な広告をやってるのが気になってた。動画を調べてみると、これ。でもいまだになんなのかよくわからない。 http://www.youtube.com/watch?v=SuVtldxUyXs というわけでyoutube動画集 ジャックスミスの伝説的アングラ映画「燃え上がる生物」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽・動画集5

ユーチューブの音楽・動画を集めてみました。 衣笠貞之助監督「狂った一頁」 日本前衛映画の金字塔。同じ監督の「十字路」も大芸術だが、動画は掲がっていないようだ。 http://www.youtube.com/watch?v=UXlQ1_9Ypwo セネガルはセンベーヌウスマン監督の映画「エミタイ」 http://www.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美輪明宏ドキュメンタリー~黒蜥蜴を探して~

加藤浩次に怯えるまゆゆ さて、映画「美輪明宏ドキュメンタリー 黒蜥蜴を探して」を、「黒蜥蜴」とあわせて観た(東京都写真美術館)。 昨今の記録映画はどうも生ぬるい、とこれまで何度も書いてきて、先日DVD観賞した「ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー」もいささか物足りない出来栄えだった。なんかもうちょっと社会背景とか作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽・動画集3

youtubeでひろった名曲を紹介するよ。 シーナイーストン「テレホン」 http://www.youtube.com/watch?v=JiGxb1tdp_w キャロルキング「ナイチンゲール」 http://www.youtube.com/watch?v=T5y_Gqi1JhU hitomi「FAT FREE」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽・動画集2

ユウチュウブにあったさまざまな音楽・動画を紹介するよ。 現代京劇「智取威虎山」 http://www.youtube.com/watch?v=cjE0LDNycE8&feature=youtu.be 現代京劇というのも、文革期の悪夢のひとつになるのかもしれない。毛沢東・江青・京劇については、いずれ調べてみたい。 立花家橘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽・動画集1

youtubeの動画をいくつか紹介するよ スヘイラサリンポーのベリーダンス http://www.youtube.com/watch?v=O-Vv15VXyMM&feature=related いまや伝説の演出家グロトフスキの「アクロポリス」 http://www.youtube.com/watch?v=bh7T10IU…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊佐未森名曲集

なかよし さいきんはゆっくり音楽を聴く時間に恵まれないのだが、ふと、うちにある遊佐未森のCDを数えてみたら、全部で11枚あった。 80年代半ばごろには渡辺美里を好んで聴いていた。89年の『Flower bed』は良曲揃いだったけど、これを最後に渡辺美里はすっかり減退してしまったので、ほとんど聴かなくなった。 かわりに聴きはじめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸能小ネタ集

ツイッター転載の小ネタ集、芸能編です。 11年11月14日 現代の若者からすると、美輪明宏も松田聖子もひとしく醜い化物として認識されているのだろうか。 11年11月19日 ここ何日かaikoのベスト盤を聴いてたけどいいね。彼女がせめて矢井田瞳ぐらいの容姿だったら買って聴くんだけれども。 12年2月10日 劇団民藝「静か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドのアクション映画「闇の帝王DON」

高木美保と黒田福美ってまぎらわしい さて、最近はアジアのアクション映画を三本観た。  まず、ジャッキーチェン最後のアクション超大作になるらしい「ライジングドラゴン」。「サンダーアーム」「プロジェクトイーグル」の続編。うしなわれた清朝の秘宝を盗み出そうとする物語。  「サンダーアーム」がインディジョーンズと007をまぜあわせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さまざまな大珍品

《演劇におけるJ・グロトフスキーの「リヴィング・シアター」》(山崎正和『世界文明史の試み』433頁) 山崎正和はこんなていどの知識で前衛批判を行っているのか… 銀座コインの案内が届いたのでみていたら、昭和の大恐慌時に刷られ、未発行に終わったという幻の紙幣「裏白五十円」の見本券がなんと一千万の値。 とりあえず急場しのぎの見せ金とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大衆演劇と世界経済3

承前  話を戻す。劇の題は「、」で区切られ「土俵入り」とつづく。一行に遅れて村にたどりついた藤之丞。そのよれよれの恰好を店の二階からのぞいた安孫子屋の女房お蔦は、藤之丞を親方に愛想つかされ追いだされた相撲取りと勘違い。あれこれとやさしいことばをかけてやる。この情景は「一本刀土俵入り」そっくりじゃないか、と芝居心に火をつけられた藤之…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more