テーマ:雑記

ツイッターの中の奇妙な人たち2

さて、昔、ブログをやってる人にあまりに病者が多いのに驚いたものだが、ツイッターも異様な人間が多い。ちょっとまえに「アベ政治にNO! 憲法9条守ろう 」なるアカウントのツイートが流れてきたのだけど、その内容が「へっ?」というものだった。 安倍晋三からブロックされたという。いや、それだけなら別に驚かない。アベならツイッターで一般人をブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辰巳四郎

小学生のころ、吉川英治全集の新聞広告の、太閤記の秀吉や三国志の英雄たち絵に衝撃を受けた。肌の毛穴や光沢、髪の毛や髭の一本一本まで克明に描かれている。おもわず切り抜いて保存したほどだった。その直後だったか、山口と広島に旅行に行ったとき、旅館にあった雑誌によく似た絵が載っていたのを記憶しているのだが、画家の名前は知らず、謎のまま数十年をすご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さらば加藤典洋

加藤典洋氏が亡くなった。この人の著作と思想に関しては、色色と複雑な感情がある。そこで、加藤周一のすぐれた文章「さらば藤純子」「さらば川端康成」に倣って、その感情を書き記し、さらば加藤典洋といおう。 加藤典洋の名を知ったのは、85年に朝日新聞に掲載された見田宗介の論壇時評だった。日米貿易摩擦の話題からはじまって、経済論壇における処方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かんぽ詐欺

海上知明『戦略で読み解く日本合戦史』を読む。 戦争についての知識はなく、クラウビゼッツも読んだことなく、せいぜい司馬遼太郎の小説を読むぐらいなのだが、軍事本は読み始めるとけっこう面白く、もっとあれこれ読みたくなる。本書も平知盛を名将とし、源義経は評価も憚られる愚将、織田信長は革命家、護良親王は革命的戦略家、後白河法皇はサイコパスと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツイッターの中の奇妙な人たち

ネトウヨは論外としても、ツイッターにはずいぶん妙な人がいる。 「ゆみ」というアカウントがある。安倍政権を倒そうと呼びかけている人で、その趣旨には賛成するし、一時はフォローしてた。でもなんかおかしい。 そう思ったのは、去年ぐらいだったか、タイムラインで流れてくるツイートを目にしたときだ。どうも個人のつぶやきとは違うのだ。よく読んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この赤ちゃんがすごい!

馬肉:馬刺しとレバ刺し 美味い 鹿肉:エゾシカのステーキ やわらかくて美味い 両方食べれば馬鹿になる 今年に入って、赤子のウサギを飼う。 先代ミミちゃんが、去年の夏、九歳で息を引き取った。いままで飼ったウサギでは最長寿。 はじめはものすごく小さくて、丸丸して、ネズミにしか見えなかったのだが、 一月経つと、すっかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツイッターでも躓く

久しぶりにかわいい東錦を買ったのだけど、あまりの寒さに水槽の底で動かない。あわてて四千円もするヒーターを買って温める。アルビノ透明鱗の子供が生まれないだろうか。 さて先週、近所の日帰り温泉に行き、ビールを飲んで、ポコチン丸出しで湯につかったら気分が悪くなり、一時間半ぐらい人事不省に。そういえば今年初めにも同じようなことがあったのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェイスブックに躓く

開店したときからなじみだった、薬膳鍋のおいしい中華料理屋さんが半年ほど前、別の町に移転してしまったのだが、小用で近くまで寄ったついでに入ってみると、店のお姉さんが喜んで、餃子をサービスしてくれた。 秋には磯丸水産でサンマ定食ばかり食べていた。中学の頃、理科の教諭が「サンマで一番うまいのはどこか」と質問し、「目黒!」と答えたヤツがい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エグホン7

ツイッター転載の小ネタ集:七月に抉られた本質です 7月3日 不祥事起こした文芸誌は編集長が辞任すべきだろうね 御伽草子(高野物語)には「ひめくまをおもふ心は瘡がしら 塩と酢酢とをにじりつけつつ」なんて和歌(もどき)を詠んで下人が恥をかいたという逸話があるそうな(佐竹昭広『下剋上の文学』による) 7月4日 佐〇木敦が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

背に腹は代えられず、セクハラはやめられず

まーとにかく一銭にもならないことで忙しく、ブログを書く気力もない一月なのでありました。 もう十年ぐらい前のことになるのだが、ある飲み会で文芸評論を書いているという男と話をした。「資本主義を否定する」などと勇ましく語るから、どうやって実践するのかと突っ込んだらしどろもどろになって答えられず、「ああコイツ馬鹿か」と思った。じっさいアチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKの受信料について

先週、NHKの新規契約とかいう男が夜8時すぎてからやってきた。二年半ほど前に引っ越したとき、住所の変更は行っていて、受信料も払っている。なのにこの住所での登録が済んでないという。 向こうの説明が悪くて、一時間近くかかって、とりあえず手続きをする。二重取りされてもすぐ気づくように支払い口座を変更しておいた。 俺は報道番組・政治…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻の貨幣

先月は「アウトレイジ最終章」の感想など書こうと思いながら、とうとう更新できませなんだ。 さて、ネットで見つけたいくつかの貨幣画像 終戦後つくられた十銭アルミ貨の、黄銅での試作品(見本の文字が入ってます) こちらはブラジルとの交流百年の記念貨幣。デザインに問題があって、下のコインは鋳造はされたものの差替え不発行に終わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻の大判小判

四月の終わりにコインコンベンションへ。もし俺が億の金が自由に使えるのなら、ここで売られていた雁金や蛭藻金を買い漁るのだがな。 さて、博多金判・博多銀判で検索してみたら、こんな画像が出てきた。ネット競売にかけられた複製品らしい。 博多金判・銀判とは、鎌倉時代に鋳造された最古の小判といえるもの。どちらも所在不明だったのが発見され…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ポイントサイト地獄

共産党が惨敗したら不正選挙確定 このごろネットをみてる時間が増えた。なぜか? 去年の春からポイントサイトなるものに登録した。アンケートやゲームなどで点数を稼ぐと、ひと月に古本一冊ぐらい買えるのだ。ひとつ登録すると、また別のサイトに登録すればポイントがもらえる。そんなこんなで複数のサイトに登録はしたが、さすがに全部チェックしてらん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OUR HOUSE 感想

さかさま絵 さて、ついに「OUR HOUSE」が終わった。私はテレビドラマを観る習慣がなく、金八先生も北の国からも観たことがない。それが「Mother」きっかけで愛菜ちゃん出演作を観るようになり、現在のドラマの水準はかなり高いと思うようになった。愛菜ちゃん主演作はこれまで秀作ぞろいだった。 それが「OUR HOUSE」…なぜ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田中康夫の機会主義

お維新て維新の丁寧語だと思ってた さて、田中康夫がおおさか維新から出馬という報を聞いて違和感を持った人は多いはずだ。田中は狂気の安倍政権に一貫して反旗を翻してきた、と思っていたのだから。 出馬報道の翌日出演したニュース番組での説明は納得できないではなかった。国民を平気で裏切り、そしらぬ顔でアベを批判する民進党への不信感を田中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引越しと断捨離

とりあえず引越しを終え、欠陥住宅からまともな家に移り、やっと一休み。くたびれすぎたので、週一でバリ風天然温泉スパリブールヨコハマに通っています。 同時期に金魚の赤ちゃんが生まれてしまったので、育児もこなしつつ、物を運ぶ。アルビノも十五匹ぐらいいたのに、いつのまにか姿を消し、いまでは一尾のみ。透明鱗アルビノもいたかもしれないと思うと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝! ブログ開設十年

カッパのバッジってもう発行されてないみたいだけど、こうしてみると、清水崑図案のカッパが変化に富んでるのにくらべて、小島功のカッパ少女は毎回おんなじで見飽きる。俺が小島功を好きになれないのはこれが原因だろう。 というわけで、この四月で当ブログを開設して十年になりました。 現在引越し中なので、更新はかなり滞っております。 じつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「俺」

沖縄にふるさと納税しましょう。卑劣なアヘ政権の抑圧に抗して闘う人たちをすこしでも支援しましょう。ふるさと寄附金の案内はこちら。 http://www.pref.okinawa.jp/site/kikaku/shichoson/top/kennaisichousonfurusatonouzei.html というわけで、河上賞の選評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つけ麺の話

芦田愛菜ちゃんのあまムーチョ 愛菜ちゃん字がきれい 残念なことに、私は揚げ芋が好きではない。 ネットで近所の食い物屋の口コミみてたら、ふざけたのが出ていた。 酔っぱらってその店でつけ麺を注文したら、麺がふにゃふにゃで、文句を言ったら、店員が「うちはこういう麺なんです」と反論されたらしい。 ただたんに、こいつの口に合わな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初正義

あけましておめでうさんでございます。これが今年の初正義になります。 ヅラ犬 とりあえず 御挨拶まで 本年もよろしくお願い致します おちんちん
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記憶――このキジャクなるもの

いか@氏が私の質問に答えてくれています。 http://blog.goo.ne.jp/ikagenki/e/7c6d648c9734db16ac1a96bcf74a3256 加藤周一がかつてテレビで脆弱をキジャクと発音した、と呉智英は嘲笑したが、それははたして本当のことなのか、と、かねがね疑問に思っていた。 呉の加藤批判は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マイクロソフトの邪悪な陰謀

いやはや、大変だった… なにが大変だったかというと、わけのわからん機能が勝手にパソコンに組み込まれてしまったのだ。 おいらは機械が苦手で、インストールとかダウンロードとかいわれると思考停止してしまうのだが(似たようなことで、哲学書なんぞに神という言葉が出てくるとそれだけで思考停止する)、なんか知らんうちに、とつぜんPC Pe…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一年の締めくくりに

買ったきり読まずに溜め込んである全集本のたぐいが散乱してるので整理 本屋さんみたいで気持ちがいい ほとんどの本に105円の値札が貼ってあるのが哀しい 来年はすこしづつ読んでいこう これが今年の闘い修めとなります では皆様、よいお年を!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川瀬巴水

むかし「トンカラリン大計画」という奇怪な漫画が雑誌に掲載されていたけれど、作者名(佐藤ナントカだったと思う)も掲載誌も忘れてしまった。検索しても出てこない。誰か知ってる人いたら教えてください。  今年もあとわずかなので、すこしでも多くの芸術に親しみたい。そうおもい、大田区立郷土博物館の特別展「川瀬巴水―生誕130年記念」をみる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カタカナ語の表記と発音

かわいいみみちゃん  さて広瀬隆『地球の落とし穴』にこんなことが書いてある。ケネディーと書いて原稿を渡すと、いつも校閲者にケネディと直される。ケネディーをケネディと発音するアメリカ人などいない。《ディジタルという言葉も、日本語ではデジタルと書かれている。これは、ケネディーをケネデーと発音するほど、国際的に恥ずかしい表現である。》 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムパタとその仲間たち展

エゴサーチしたら2ちゃんねるでおいらの文章読まずに論評してるコテハンがいた。まあ誹謗中傷じゃないだけマシなんだけど、この人、まえにも俺のこと人形劇団の主宰者と書き込んでいたはずだ。どうゆう文章解析能力なのか。 自分の文章を素っ頓狂な誤読をされるとやはりいい気分ではない。七月に、物凄い非常識で不誠実で無責任なキチガイ連中とちょっとだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詐欺資本主義社会

このところは書いておきたい話題もいっぱいあるんだけど、なかなか更新する時間がない。 先日はテレビでサギ手口ワースト10なる番組を見た。例の健康食品送りつけサギも取りあげられている。もうちょっと前に知っていれば、引っかからずにすんだのに。 同日の新聞には、この手の送りつけ会社が営業停止になったと報道されていたが、ほんと生ぬるい。経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康食品詐欺にご注意を

大澤信亮に井上ひさしの暴力という評論を書いてもらいたい。 連休前の金曜日、拙宅のババアに「注文された商品が出来上がったのでお届けします」とかいう電話が掛ってきた。やけに調子のいい男だったという。ババアとしては、注文したようなしないような、はっきり記憶にないらしい。 うちのババアは通信販売のマニアで、しょっちゅうなにかしら大量に買…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動物あげぽよ大作戦

ポコちんの包帯がとれました うさぎのミミ助を襲撃するポコちん 外で眺めているのはネコ吉です バレリーナみたいな立ち姿 アルビノオランダの子供写真を撮ろうと思ったのですが小さすぎてうまく映らないのでかわりに親の写真を載せときます
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more