テーマ:金魚

ツイッターでも躓く

久しぶりにかわいい東錦を買ったのだけど、あまりの寒さに水槽の底で動かない。あわてて四千円もするヒーターを買って温める。アルビノ透明鱗の子供が生まれないだろうか。 さて先週、近所の日帰り温泉に行き、ビールを飲んで、ポコチン丸出しで湯につかったら気分が悪くなり、一時間半ぐらい人事不省に。そういえば今年初めにも同じようなことがあったのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機械を叩く

ブログも更新しようしようと思いつつ、どうにもままならなかったのだが、ようやく私は、正義の世界に戻ってきた。やはり私には正義がよく似合う。 若杉公徳の漫画『デトロイト・メタル・シティ』を四月に読んで、これは芸術と資質、表現と才能について洞察した、同じ主題を扱ったオルダスハクスレーの小説よりすばらしい作品だった。感想を書こうと思ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オナニーマン

抒情作品が完全にその花を開き切るのは、孤独な生の静寂のなかだけである。そして、こういう開花さえも、読者にとっては毎日恵まれるわけにはゆかない幸福なのだ。小曲集を翻してみる。何もわれわれに語りかけるものがない。詩句は空しく響く。われわれはこんなものを書きとめ、纏めあげ、同時代人や後世に押しつけることに骨を折っている虚栄的な詩人を訝しく思う…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

八月九月の正義

ツイッター転載の小ネタ集 八月九月の崇高な闘いの記録です。 8月4日 スーザンジョージ『アメリカは、キリスト教原理主義・新保守主義に、いかに乗っ取られたのか?』読了。興味深い内容だが、基督教原理主義と新自由主義という矛盾した思想がなぜ融合できるかがわからない。じつは著者ですら、この矛盾に足をすくわれそうになりながら危うく踏み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アレクサンドルデュマ「黒いチューリップ」

引越しのバタバタも落ち着き、疲労も回復してきたので、少しずつ本を読み始めている。中公版世界の文学7で、ビクトルユゴー「氷島奇談」とアレクサンドルデュマ「黒いチューリップ」を読んだ。これは面白かった。 「氷島奇談」も面白いのだが、悪魔と恐れられる山賊、アイスランドのハンの存在があまりにお伽話風で(斧を担いで熊にまたがる、まるで金太郎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引越しと断捨離

とりあえず引越しを終え、欠陥住宅からまともな家に移り、やっと一休み。くたびれすぎたので、週一でバリ風天然温泉スパリブールヨコハマに通っています。 同時期に金魚の赤ちゃんが生まれてしまったので、育児もこなしつつ、物を運ぶ。アルビノも十五匹ぐらいいたのに、いつのまにか姿を消し、いまでは一尾のみ。透明鱗アルビノもいたかもしれないと思うと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片岡鶴太郎の芸術

冷やし中華はめったに食べないけれど、揚州商人の黄金雲丹冷やし麺は美味でした。あとこの夏おいしかったのは生クリーム&カルピス。 ギャラリー銀座にて、ベトナムの芸術家イーランの砂絵を見る。 額に入った砂絵もあるけれど、素晴らしいのは砂を積み重ねたもの。 透明な容器に、色とりどりの砂をいれて、じつに精妙な絵を描くのだ。しかも表裏べつ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

小保方晴子偽装割烹着事件

日本観賞魚フェアに行ってきたよ。アルビノ金魚もいっぱいいたけど、目を見張るのはメダカの改良のすさまじさ。錦鯉や熱帯魚のような輝きをもった種がつくりだされている。グッピーなんかと掛け合わせてるんだろうか? 自然のメダカが絶滅の危機に瀕しているときに、こうした人工種がぞくぞくと生みだされているとは、複雑な気分だ。 これはうちのアルビノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巨大金魚

ぐるねりアイスをやっと近所のお店で見つけた。夏にあちこち探しまわって見つからなかったのを、寒くなってようやっと手に入れたわけだ。でも三色アイスがそもそもみんな同じ味に感じられて、まぜても変わらなかった。私が味盲なんだろうか。 ムー認定『世界の超常生物ミステリー』という本を見つけ、つい買ってしまう。 アメリカのカリフォルニアとネバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進歩的御用学者の世界観

金魚水槽がもう一月半ほど水漏れなんだけど、補修用セメダインを何度塗り込んでも水が漏れてくる。どうすればいいの?  8月11日東京新聞本音のコラムには、山口二郎が「戦後は終わらない」と題する文章を寄せているが、これはひどい内容だった。  ほんとなら俺だって、拝金エセ愛国者といった呆守どもをこそ滅ぼさなければならないとは思う。しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山本作兵衛展

連休中に親しんだ芸術を報告するよ。 まず東京タワーで「世界記憶遺産の炭坑絵師 山本作兵衛展」を。 東京タワーにくるのは十何年ぶりか。作兵衛の名は記憶遺産に登録されたときはじめて知った。登録されると作品の持ち出しが制限されるそうだが、今回展示されたのは、登録後に発見されたもので、それらは記憶遺産にはならないようだ。 幼い頃からそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動物あげぽよ大作戦

ポコちんの包帯がとれました うさぎのミミ助を襲撃するポコちん 外で眺めているのはネコ吉です バレリーナみたいな立ち姿 アルビノオランダの子供写真を撮ろうと思ったのですが小さすぎてうまく映らないのでかわりに親の写真を載せときます
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驚愕 早起き名人会!

あいもかわらず、総括総括の毎日だ。あったかくなったお蔭で、ひっくりかえっていたアルビノ金魚の稚魚がきちんと泳ぎはじめたよ。  で、私も、いくぶん体調が良くなってきたので、原稿書きを再開しようと、資料を探しに、ひさしぶりに神田の古本街を散策した。  東京堂書店に立ち寄ったら、今野真二の講演があるという。  ちょうどこの人の『百年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メンタリズムとか共同幻想とか

肺に水がたまってるらしく、血痰が出る。しかしこのままの寒さが続いたら、金魚も水草も全滅してしまうぞ。  先週テレビでKAMIWAZAという番組を観た。世界中から集められたすばらしい芸が披露されたのだけど、なかでも優勝したやじろべえみたいに平衡をとった木を積み重ねてゆく芸と、一本の棒につかまり腕だけで全身を支え空中を歩いているように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

画像集

最近撮ったお写真を公開するよ 家でとれたイチジク ジャムのように濃厚な味わいです こっちは家でとれたトウモロコシ うさぎさんが食べます アルビノオランダの赤ちゃん うじゃうじゃいます キアゲハの幼虫 パセリを食べてます 仔猫のポコチン かくして、今日も正義は、私によって守られた。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中国山水画の20世紀

賀天健「錦繍河山図」 と、いうわけで、このところ過去の文章しか載せてなかったので、ひさしぶりに近況報告でも書こう。 アルビノオランダの子供が産まれて、世話が忙しい。やっとメダカぐらいの大きさになったのだ。 去年もかなりの大きさになってから、水を悪くして全滅させてしまったので、ひんぱんに水替えを行なっているしだい。 あとは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーンオパール

コソボ産のグリーンオパール オパール原石を見ると、つい欲しくなってしまう。翡翠みたいな色合い。 これは世界一美味いといわれる英国のコーラ おいらはドクターペッパーやダイエットコーラが死ぬほど好きなので、すこし割高だけどけっこう堪能した。 金魚たち 元気です 正義への活力! まさに、正義爆裂大作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グラウベル・ローシャの映画とか

こうも暑いと、パソコン画面なんかと向きあいたくないんだけど、あんまり更新しないで死んだと思われても困るから更新する。 二週間ぐらい前にアルビノ金魚の子供が生まれた。ここ数年、無事育つのは2・3匹という状態だったし、ひと月前に生まれた稚魚もアルビノは全滅してしまったので、こんどこそはと、これまでは水を汚すので封印していた、茹玉子の黄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急性大動脈解離

という病気でしばらく入院してました。 五月十二日の夜七時前、服を着替えようとしたら、とつぜん背中を激痛が襲った。しばらく蹲ったり、背伸びしてみたがいっこうに消えるけはいはなく、ますますひどくなる。筋を違えた痛みではなく、体の内側からきてるものだとはすぐわかる。 予兆はあった。二年ぐらい前から、体調すぐれず、内臓に疾患があるん…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

うまいもの

スッポンの胎卵 じつは震災と原発事故のあと、もう死ぬんだと思い込み、どうせならうまいものをいっぱい食べてから死のうと、スッポン料理の店に行った。刺身とかすごく美味かった。そこではじめてスッポンの胎卵というのを食べ、感動。そしたら通信販売で期間限定で売られていたので、さっそく購入。これはおいしい。 「初恋の香り」という苺があり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おぞましきかな、大衆!

25年ほどまえ加藤典洋が、ビートたけしが「ブスは死ね」というとき云云、と書いていたんだけど、きっとつかこうへいと勘違いしてたんだろうな。  とうとう、愚民たちは谷亮子まで政治家にしてしまった。岡部まりはさすがにナイトスクープでみたいという人が多かったのだろう。いくら民主党が大敗したとはいえ、自民党が勝ってしまえばどっちにしたって増…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はいだしょうこと大野一雄

アルビノ金魚はいまのところ元気。でもちょっと水が悪くなるとすぐ全滅してしまうので、油断できない。はやく共産党が政権とって、鳩山も長妻もいない平和な世の中が来ないかな。 数日前、することもなくテレビを見ていると、いつのまにかお笑い芸人と化している「おかあさんといっしょ」のしょうこおねえさんがダメ人間ぶりをいかんなく発揮していた。ダメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうポコチンはこすらない

斉藤美奈子め~! 文芸時評に取りあげてくれたら、ズリネタにしてあげようと思っていたのにぃ。 東ピロ吉に論壇辞表をやらせたり、糞日新聞は堕ちるところまで堕ちたというかんじだ。 こすれば中からとろ~り白い汁がでてくるポコチンフォンデュ、というギャグを思いついたけれど、もう文化人なのでこんなことを言ってるばやいじゃないのだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正義と金魚と格闘技

 日本の未来を案じ、新しい政党「勃ちあがれチンポン」を結成することにしたよ。  毎年恒例、日本観賞魚フェアに行ってきたよ。我が家でもアルビノ金魚がいっぱい生まれて、毎日が楽しみなのだ。やっとあったかくなってきたから、大きく成長してほしい。  しかしまあ、巨大な金魚はみてるだけで楽しい。なかには転覆してしまっているのもいたが。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

子ども手当てが子殺しを加速する

 ここ2ヶ月ばかり、ジャリジャリいうひどい耳鳴りで悩まされてきた。中耳炎かと、とうとう意を決して耳医者へ。巨大な耳垢が鼓膜にへばりついていたということで、その後はなんともなくなった。  金魚がたてつづけに産卵。冬に生まれた子は四匹になってしまったが、これからは無事成長することを祈るしかない。  ところで愚劣な民主党政権の邪悪…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アダチ龍光の映像

お正月になると帰省してくるのらくろ顔のスモ吉  おお、気がつけば正月ぞ。こりゃめでたい!  あまりのめでたさに、もう失神しそうです。  新年の初正義をみごと守り終え、夕刻、衛星放送をみたら、ちょうどよくアダチ龍光の映像を流す直前だった。  奇術師アダチ龍光は、私が寄席通いをはじめたころに亡くなっているので、間にあわなかっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

私は世界視線を獲得した!

アルビノ透明鱗浜錦とアルビノオランダにうまれた稚魚が孵化。うじゃうじゃいるけど、どれだけ育つだろうか。日ごとに気温が激変しているので心配だ。  三十五年ばかり前に学研から出た大系世界の美術1『先史・アフリカ・オセアニア美術』を、古本屋で500円で買う。原始美術・民族芸術をこよなく愛する私は、これはよい買い物をしたと、ポコチン丸出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高瀬大樹と桜井マッハ速人

 よもや「翔ぶが如く」で超英雄・西郷隆盛の妹を演じてた酒井法子が奄美で覚醒剤を味わっていようとは……  暑くなったり寒くなったりなので、金魚が病気になりやすく、まいにち水換えしたり薬浴させたり大変だ。アルビノの仔も八匹になってしまったけれど、いちおう元気です。  それにしても格闘家・高瀬大樹のブログおもしろすぎ。  自分の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

メキシコ絵画と道教美術

ちょっとわかりづらいけど、アルビノ金魚の赤ちゃんです。  この夏は芝居や映画より、いろいろ見たい美術展が目白押しだ。今回はとりあえず、世田谷美術館でメキシコ20世紀絵画展を、三井住友じゃなかった三井記念美術館では道教の美術をみたよ。  オイラにとって芸術に親しむ悦びは、なにより近代社会を揺さぶる衝撃を感じ、人類の普遍的基層を…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

八代目文治の「逸見十郎太」

草食み猫  四月に生まれたアルビノ金魚はけっきょく全滅してしまった。ほかも残った稚魚は三尾だけ。でも数日前にまたアルビノが産卵。いままでは卵のついた水草を別容器に移していたのだけど、こんどは親をスチロール箱に移して卵は水槽に残す。さすがに孵化が早く、二日もすると百匹ぐらいのアルビノ稚魚がガラスにへばりついていて、さらに二日経つと自…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more