テーマ:音楽

アジアにめざめたら

東京国立近代美術館で「アジアにめざめたら アートが変わる、世界が変わる 1960‐1990年代」をみた。 正直、現代美術に親しむのはもうやめようと思っていた。つまらないものが多すぎるのだ。これからは民俗に生きよう、と決意した。でも少し前に横浜美術館でみた「モネ それからの100年」は刺激的で、現代美術も捨てたもんじゃない。このたび…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エグホン8

ツイッター転載の小ネタ集:八月に抉られた本質です 8月2日 考えてみれば、前田敦子が大島優子より先にAKB卒業するとは思ってなかったし、小嶋陽菜より早く結婚すると思わなかったのう。 いつ死んでもおかしくない老人二人が「東京駅が見えるホテルの一室で小便を漏らしながら」煙草をふかし、ときおり「こいつは殺す」と呟く対談本を出せば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩と箴言 ウイグルのムカーム

青春の日々にこそ、お前の創造主に心を留めよ。 苦しみの日々が来ないうちに。 「年を重ねることに喜びはない」と   言う年齢にならないうちに。 太陽が闇に変わらないうちに。 月や星の光がうせないうちに。 雨の後にまた雲が戻って来ないうちに。(「コヘレトの言葉」新共同訳『聖書』) 萩田麗子翻訳・解説『ウイグルの十二ムカーム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抉られた本質(四月編)

ツイッター転載の本質集四月編でゴメス 4月3日 ジャータカ(本生経)は原始仏典に数えられるようだが、のちのパンチャタントラみたいな教訓物語が多く、捨身飼虎のごとき自己犠牲の精神は北伝系(大乗)の経典にあらわれる思想らしい。他儀を批判した仏陀の教えが自犠に傾いてゆくまでには、どのような思想的転化があったのだろうか? 岡田明憲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七度目の正義

ツイッター転載の小ネタ集:七月の闘いです 7月3日 ダッカ事件で玉川徹氏から「日本人がなぜ狙われるようになったか」と問われた高橋和夫教授はなんだか歯切れが悪かった。放送大学も政府批判すると放送停止にされるんだろうか。 7月4日 佐藤優と竹内久美子の対談本なんて出てるのか。インチキ生物学者の竹内にツッコミまくられるとは、佐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四度目の正義

ツイッター転載の小ネタ集:四月の闘いです。 4月2日 「おかあさんといっしょ」って、たくみおねえさんをズリネタにたっぷりと抜く成人向け番組だと思ってた。こうなったら、うたのおにいさん、たいそうのおにいさんに次ぐ第三の男、おなにいのおにいさんを登場させ、幼児に自慰教育を施すべきではないだろうか。 4月3日 柄谷行人の影響か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オナニーマン

抒情作品が完全にその花を開き切るのは、孤独な生の静寂のなかだけである。そして、こういう開花さえも、読者にとっては毎日恵まれるわけにはゆかない幸福なのだ。小曲集を翻してみる。何もわれわれに語りかけるものがない。詩句は空しく響く。われわれはこんなものを書きとめ、纏めあげ、同時代人や後世に押しつけることに骨を折っている虚栄的な詩人を訝しく思う…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

動画:イザイホーと人形戯

ユウチュウブから 久高島のイザイホー https://www.youtube.com/watch?v=af0PEedYKNY https://www.youtube.com/watch?v=QTjg_L1ZP7o 奄美大島:諸鈍シバヤの人形戯 https://www.youtube.com/watch?v=RtAt7U…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

団しん也デビュー40周年記念ライブDVD

K-1にでてたブアカーオが総合に参戦するという話を聞いて、格闘技系のネット記事をあれこれ漁っていたら、ゲーリーグッドリッジの最近のインタブー記事があった。 ボブサップの本には、グッドリッジは若年性認知症だと書かれていた。サップは日本のテレビでも、病と闘っている親友のグッドリッジ、なんてことを語っていたので、すっかり彼はもう自分がグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の音でお正月!

おくればせながら、あけましておめでとうございます(こっこちゃんとネコ) 神奈川県立音楽堂のニューイヤーコンサート「日本の音でお正月!」に行ってきました。これが今年の初舞台。 まず江戸木遣で歌い初め。渋く響き渡る声がつらなり、うつくしく流れる。 つづいては狂言猿聟。じつはこれはながらく観たかった演目で、セリフのほとん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川原正敏『修羅の門』とか

「箱根八里の半次郎」は氷川きよしの歌だけど、某図案家は「コネとパクリの研二郎」だったわけだ。 やだねったら、やだね。 涼しくなったので読書がはかどる。小坂井澄『終末論の正体』 はかなり含蓄ある好著。《現状を是認できず、現状の根本的な変化、転覆を必然とするのが終末論である》という。終末論もまたイデオロギーなのだ。おいらはキリスト教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七月の正義

ツイッター転載の小ネタ集 7月3日 アヘシンゾーは人格障害の異常者で、メデアへの圧力で捏造報道させ、憲法を捻じ曲げ、沖縄市民を弾圧し、祖国を売り渡し、強権で国民生活と自然を破壊するが、不正選挙だけは断じて行っていない、不正選挙の主張だけはトンデモ陰謀論だ、という考え方はおかしいのではないか。 狂人は選挙の不正も平気で行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成二十六年 最後の闘い

ツイッター転載の小ネタ集。今年最後の闘いとなります。 11/5 マーク・クリスピン・ミラー編著『不正選挙』読了。刺激的だが、異国の状況ゆえ、いささか理解しにくい部分もある。リチャード・コシミズの本も読んでみたいのだが、本屋でみつからないのだ。コシミズや孫崎享や植草一秀による不正選挙追及本を出版してほしいと願う。  「ブッシュ政権…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芦田愛菜ちゃんの「ビューティフルレイン」

もしも記憶が存在しないならば、意識もまた存在しません。自分の過去を何も保存しない意識、自分自身をたえず忘れる意識は、瞬間ごとになくなってまた生ずる意識だということになります。(ベルクソン) 豊川悦司と芦田愛菜主演ドラマ「ビューティフルレイン」を泣きじゃくりながらDVD鑑賞。すばらしかった。 愛菜ちゃん扮する小学生の美雨は、生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お神楽とミャンマーの芸術

二日にわたっていい舞台芸術に親しんだ。  まず日本青年館での第63回全国民俗芸能大会。神楽大会ということで、神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮御神楽、山形県最上郡は金山の稲沢番楽、長野県木曽郡は駒ヶ嶽神社の太々神楽、島根県の隠岐島前神楽が出演。見応えがあった。  御神楽というのは宮中で奏されるもの、ほんらいは歌のみで舞はなかったらしく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の小ネタ

はじめて水島新司をみた赤塚不二夫は、「乞食が背広を着てるようだ」と感動したそうだが、水島が勲章を貰ったと知れば、さぞ、喜んだことだろう。水島新司はオナニー漫画『ドカベン プロ野球編』で晩節を汚したといっても過言ではないのだけれど。そういえば『男どアホウ甲子園』ていまだに読んだことない。 というわけで、ツイッター転載の小ネタ集 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ「Mother」と芦田愛菜の衝撃

血圧を計って間をおかずもういちど計ると、最前とまったくかけはなれた数値になることが多い。血圧とはわずかな瞬間でも大幅に変動しているものなのではないのか。病院で一回計ったところで、安定しているとはいえないのではないか。それとも、俺のほうが異常なのか? さてドラマ「Mother」をDVD鑑賞。これは見応えがあった。ホームドラマかと思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六月の闘い:動画集

本棚 半年前に本を整理したばっかりだというのに、その後も本が増え、新たに棚を購入しなければならなくなった。すこし本も処分しなけりゃならん。 今月はツイッターでもRTばかりで、積極的に悪と闘わなかった。 なので、おすすめ動画集を。 インドネシアの詩人・演劇人レンドラの舞台映像を探したら、これを見つけた。詳細はようわから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二月の闘い

ツイッター転載の小ネタ集、二月分のつぶやきです。 2月2日 徐朝龍『長江文明の発見』を読む。《長江文明の追求は、欺瞞に満ちた「黄河文明」を軸とした伝統的な中国文明に対する、大いなる挑戦でもある》。王朝本位の中華思想でない、自然神を崇拝した、辺境の思想。長江の文化が洪水で滅び、黄河近辺に人人が移住し、夏の文明になったとの説もある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽・動画集5

ユーチューブの音楽・動画を集めてみました。 衣笠貞之助監督「狂った一頁」 日本前衛映画の金字塔。同じ監督の「十字路」も大芸術だが、動画は掲がっていないようだ。 http://www.youtube.com/watch?v=UXlQ1_9Ypwo セネガルはセンベーヌウスマン監督の映画「エミタイ」 http://www.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽・動画集4

ちかごろはyoutubeでモーニング娘。(略してモーニング。)「恋愛レボリューション21」のPVばかり毎日くりかえし観てます。ダンスはカッコいいし、みんな超超超超かわいい。その後のメンバーの境遇を思うと、涙なくしては観られません。 http://www.youtube.com/watch?v=D_xkQAxyf-o 五代目柳亭左…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽・動画集3

youtubeでひろった名曲を紹介するよ。 シーナイーストン「テレホン」 http://www.youtube.com/watch?v=JiGxb1tdp_w キャロルキング「ナイチンゲール」 http://www.youtube.com/watch?v=T5y_Gqi1JhU hitomi「FAT FREE」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽・動画集2

ユウチュウブにあったさまざまな音楽・動画を紹介するよ。 現代京劇「智取威虎山」 http://www.youtube.com/watch?v=cjE0LDNycE8&feature=youtu.be 現代京劇というのも、文革期の悪夢のひとつになるのかもしれない。毛沢東・江青・京劇については、いずれ調べてみたい。 立花家橘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽・動画集1

youtubeの動画をいくつか紹介するよ スヘイラサリンポーのベリーダンス http://www.youtube.com/watch?v=O-Vv15VXyMM&feature=related いまや伝説の演出家グロトフスキの「アクロポリス」 http://www.youtube.com/watch?v=bh7T10IU…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホワイトハウスダウン

「パシフィックリム」で怪獣に追われる芦田愛菜の走りっぷりをみると、はやく本拠地を海外に移さないと来年の24時間テレビのマラソンに駆りだされてしまうんじゃないかと心配になる。  で、「ホワイトハウスダウン」みてまいりました。  同内容の映画「エンドオブホワイトハウス」は、序盤、謎の軍用機がワシントンを空襲し、さらに無数の北の工作員…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

遊佐未森名曲集

なかよし さいきんはゆっくり音楽を聴く時間に恵まれないのだが、ふと、うちにある遊佐未森のCDを数えてみたら、全部で11枚あった。 80年代半ばごろには渡辺美里を好んで聴いていた。89年の『Flower bed』は良曲揃いだったけど、これを最後に渡辺美里はすっかり減退してしまったので、ほとんど聴かなくなった。 かわりに聴きはじめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸能小ネタ集

ツイッター転載の小ネタ集、芸能編です。 11年11月14日 現代の若者からすると、美輪明宏も松田聖子もひとしく醜い化物として認識されているのだろうか。 11年11月19日 ここ何日かaikoのベスト盤を聴いてたけどいいね。彼女がせめて矢井田瞳ぐらいの容姿だったら買って聴くんだけれども。 12年2月10日 劇団民藝「静か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驚愕 早起き名人会!

あいもかわらず、総括総括の毎日だ。あったかくなったお蔭で、ひっくりかえっていたアルビノ金魚の稚魚がきちんと泳ぎはじめたよ。  で、私も、いくぶん体調が良くなってきたので、原稿書きを再開しようと、資料を探しに、ひさしぶりに神田の古本街を散策した。  東京堂書店に立ち寄ったら、今野真二の講演があるという。  ちょうどこの人の『百年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柴田是真など

東京都現代美術館で「アートと音楽」、根津美術館で「ZESHIN 柴田是真の漆工・漆絵・絵画」を見てきたよ。 音楽・音響じたいを美術作品とするためにはさまざまな工夫が必要になる。氷とか輪切りにした木のレコードを演奏するなんて作品は面白い。池田亮司の映像と音楽はやはり凄い。大西景太のどうようの小品群も面白く、かわいらしい。しかし多くが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジアの神神

都写真美術館で映画「スケッチ・オブ・ミャーク」を観た。いまでも古式の神事を残す宮古島。その古老たちの歌声を記録したもの。神がかりの儀式や、島の自然は、やはりすこしずつ失われている。だがしかし、映画としてはあまりうまくできていない。NHKで制作していれば、もっと豊富な資料を駆使したものができたのではないか。なんかビョークでも出てきそうな題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more