テーマ:演劇

貫かれた信念4 平成最後の闘い

ツイッター転載の小ネタ集:四月に貫かれた信念です 4月1日 令和は万葉集から採ったらしいが、韓国に多い名前だという。 いまこそ藤村由加の出番なのに… アガサ死んだらユニット解散しちゃったのか? 4月2日 生物の絶滅を寿ぐ楽観的淘汰万能主義者(ダーウィン原理主義者)を否定することなくして、新しい思想は作り出せない。ダー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

醜怪! 悪の蕎麦屋

「カメラを止めるな!」テレビ放送を楽しむ。やはり緻密に作られている。しかしこの作品だけを過度に持ち上げて、東京サンシャインボーイズ「ショウマストゴーオン」や、シベリア少女鉄道「耳をすませば」のような超傑作舞台作品を忘れるようではいけない。演劇批評は派閥意識ゴリゴリのポストモダンかぶれにずいぶん荒らされ、すっかり堕落してしまったな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エグホン11

ツイッター転載の小ネタ集:十一月に抉られた本質です 11月4日 香港の舞台人キーレン・パン作・演出・主演「29+1」上映会へ。圧巻の一人芝居。共演者もいることはいるのだが、二時間半を越える作品に出ずっぱりで、しかも飽きさせない。美容品販売員の一人喋りは綾小路きみまろと友近を合体させたかのようだ。彼女自ら監督した映画「29歳問題」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エグホン8

ツイッター転載の小ネタ集:八月に抉られた本質です 8月2日 考えてみれば、前田敦子が大島優子より先にAKB卒業するとは思ってなかったし、小嶋陽菜より早く結婚すると思わなかったのう。 いつ死んでもおかしくない老人二人が「東京駅が見えるホテルの一室で小便を漏らしながら」煙草をふかし、ときおり「こいつは殺す」と呟く対談本を出せば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エグホン6 本質を抉れ!

ツイッター転載の小ネタ集:六月に抉られた本質です 6月2日 今日は交通会館の切手コインまつりへ。『社寺福銭・上棟銭他銭譜』という型録を買う。全国のお寺神社で発行された福銭やお守り銭、観光地の土産物銭や記念銭、会社やお店で制作した招福銭、各地の振興券、代用貨、子供銀行の貨幣からパロディコインなど、貨幣ならぬ貨幣が収録された労作。見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エグホン2・3

ツイッター転載の小ネタ集 二月三月に抉られた本質です。 東京新聞大波小波に、早稲田小劇場の稽古映像が公開されたと出ていたが、欧米の前衛劇・パフォーマンス映像はネット動画で見ることができるのに、日本のアングラはかろうじて天井桟敷がビデオ化されてるほかは見る機会がない。やはり日本は文化後進国なのか。(2月2日) それにしても、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抉られた本質(四月編)

ツイッター転載の本質集四月編でゴメス 4月3日 ジャータカ(本生経)は原始仏典に数えられるようだが、のちのパンチャタントラみたいな教訓物語が多く、捨身飼虎のごとき自己犠牲の精神は北伝系(大乗)の経典にあらわれる思想らしい。他儀を批判した仏陀の教えが自犠に傾いてゆくまでには、どのような思想的転化があったのだろうか? 岡田明憲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩と箴言 西洋帝国主義への怒り

イブン=ハルドゥーン『歴史序説』最終章には、アラブのすぐれた詩が多数紹介されているが、とりわけ美しく感じられるのは、スペインのムワシャッハとよばれる形式のものだ。アブー=バクル=アルアブヤドの詩を読もう(森本公誠訳)。 花の牧場に酒酌むとも 朝うなずきし 細腰の 夕べに来ぬは楽しからず 「酒はなぜわが頬打たん 北風は なぜわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立劇場の思い出

国立劇場50年ということで、三井記念美術館で日本の伝統芸能展をみる。軽業や曲独楽の絵や、お国歌舞伎の絵がよい。でもやっぱり芸能は静止した展示物を眺めるものではない、とちょっと物足りない思い。 国立劇場にはじめて行ったのは、たしか中学生のときの文楽鑑賞教室だった。それで場所を知り、ちょうど落語に熱中していたので、あとになって演芸場の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動画:イザイホーと人形戯

ユウチュウブから 久高島のイザイホー https://www.youtube.com/watch?v=af0PEedYKNY https://www.youtube.com/watch?v=QTjg_L1ZP7o 奄美大島:諸鈍シバヤの人形戯 https://www.youtube.com/watch?v=RtAt7U…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の音でお正月!

おくればせながら、あけましておめでとうございます(こっこちゃんとネコ) 神奈川県立音楽堂のニューイヤーコンサート「日本の音でお正月!」に行ってきました。これが今年の初舞台。 まず江戸木遣で歌い初め。渋く響き渡る声がつらなり、うつくしく流れる。 つづいては狂言猿聟。じつはこれはながらく観たかった演目で、セリフのほとん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

007 スペクター(ネタバレ)

007スペクターの感想です。ネタバレするので、未見の方は絶対に読まないでください。 ダニエルクレイグの007にはどうしても悲劇の影がつきまとう。 「カジノロワイヤル」では最後に愛した女性が非業の死を遂げ、「慰めの報酬」では、さらに誰が敵で味方かも定かではない混沌につきおとされ、「スカイフォール」では母親のようなMまでも失ってしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仏団観音びらき「宗教演劇」

私もかつて舞台に立ったことのある劇場、タイニイアリスがもう半年も前に閉館していたそうだ。そこで昔アリスレビューというサイトに掲載した劇評を記念に載せときます。  こないだ教育テレビで「中学生日記」をみるともなくみていて、俺が中学生時代はもっと重苦しい内容だったのに、やけに軽い番組になったもんだと悲憤慷慨してたら、最後に「作 ブルー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三月の正義

ツイッター転載の小ネタ集 三月分の正義をお届けします 3/3 ボリスビアン『北京の秋』は北京とも秋とも無関係な内容だからわざとこの題名にしたというが、石田幹之助『長安の春』という名著を持った日本人にとっては、どうしてもなじみぶかいものに感じられてしまうのではないか。  橋川文三の写真を見ると、初期笑点で人気者だった春風亭梅橋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お神楽とミャンマーの芸術

二日にわたっていい舞台芸術に親しんだ。  まず日本青年館での第63回全国民俗芸能大会。神楽大会ということで、神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮御神楽、山形県最上郡は金山の稲沢番楽、長野県木曽郡は駒ヶ嶽神社の太々神楽、島根県の隠岐島前神楽が出演。見応えがあった。  御神楽というのは宮中で奏されるもの、ほんらいは歌のみで舞はなかったらしく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日中韓の伝統人形劇

うぅ、せっかく大江麻理子からtvkの細木美知代アナに乗り換えたってのに、もう結婚しちゃったらしい… さて、横浜にぎわい座で日中韓の伝統人形劇を観る。 にぎわい座はこけら落としのころから、数年間、わりとよく通っていた。 いつのまにか足が遠のいたのは、常連出演者だった快楽亭ブラックが、客から抗議を受けて新作を演らなくなったからだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の演劇思想

DVDで韓国映画「ベルリンファイル」を観る。期待したほど面白くなく、「シュリ」のほうがはるかに衝撃的だった。アラブ過激派とかモサドとかCIAとか、ほどんど出てくる必要ないのにムリヤリな感じだった。 竹内実『中国の思想』にこんな言葉が出てくる。中国の寺院の祭で演じられる奉納芝居の、にわかごしらえの舞台の柱に書かれていたものだという。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九月の動画集

Youtube動画集芸術篇です 佐々木蔵之介のパワーマイム。テレビドラマの演技からは想像つかない芸術です。 http://www.youtube.com/watch?v=2dehQz1X-EU ヤンファーブル「劇的狂気の力」 http://www.youtube.com/watch?v=wqV5nrVtEwM ミス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片山陽加主演「リボンの騎士」

片山陽加主演の舞台、UMANプロデュース「リボンの騎士 鷲尾高校演劇部奮闘記」(六行会ホール)を観てきたよ。 片山はーちゃんはこんなに美人。 片山はーちゃんはこんなにかわいいのに、一度もシングル選抜に入ることなくAKB生活を終えようとしています。 私が片山さんに惹かれるようになったのは、たしかじゃんけん大会の映像で、ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七月の闘い

ツイッター転載の小ネタ集、七月の闘いです。 7月3日 アヘ晋三を「安倍ちゃん」などと呼んではいけない。キチガイ天ぷら人間でいい。狼少年の寓話のミソは、最後ほんとうに狼が現れるところにあるのだ。 7月6日 国立近代美術館で「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展」をみてきました。なかなかよかったけど、ゲルハルトリヒタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五月の闘い

今月はネコの病気で連休中は出かけられず、治療費に数万円つかってしまった。でも元気になってなにより。崇高な長編原稿も完成し、ひさしぶりに正義の世界に立ち戻る。 というわけで、ツイッター転載の小ネタ集。 5月4日 都知事選における脱原発の「一本化論者」といえば聞こえはいいが、実態は醜怪な分断派が跋扈していた。なかでも最も悪質で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TACT/FESTIVAL

更新がだいぶ遅れましたが、池袋の東京芸術劇場で「TACT/FESTIVAL」を観てきたよ。 海外の上質なパホーマンスを上演する企画なんだそうで、フランスとスイスの新しいサーカス、カナダとタイの劇団の公演を見ました。 フランスのカミーユ・ボワテル「リメディア~いま、ここで」を最前列で観たんだが、上演前に係員が、装置が落ちてくる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動画集 芸術篇

これは観てみたいなあ。「ビーシャビーシャ」の改訂版みたいなものか。 日本初上陸!舞台が無い体験型エンターテインメント「フエルサ ブルータ FUERZA BRUTA」とは http://matome.naver.jp/odai/2139105085958773701 … フィリップドゥクフレカンパニー「パノラマ」 6月にさいた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民俗芸能動画集

東京都民俗芸能大会で観た、稲城市山本社中の里神楽「天の浮橋」が面白かった。生まれてきた蛭子を泣きながら海に流したり、カグツチによってマンコが焼け爛れ悶え死ぬイザナミとか。 で、いろいろと民俗芸能関連の動画など調べていたら、山口県鷺流狂言DVDが販売されていて、思わず購入。鷺流は明治になって廃れてしまった狂言の流派だが、佐渡・山口・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山田勝仁『寺山修司に愛された女優』

図書館の新着コーナーで山田勝仁『寺山修司に愛された女優 演劇実験室◎天井桟敷の名華・新高けい子伝』をみつけた。新刊かと思ったら、三年以上まえに出た本だった。 寺山が世を去って三十年が経っている。おいらはもちろん、寺山の舞台には間に合っていない。去年、ワタリウム美術館での寺山展を見て、生の舞台を体感したかったと痛烈に思う。 寺山の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美輪明宏ドキュメンタリー~黒蜥蜴を探して~

加藤浩次に怯えるまゆゆ さて、映画「美輪明宏ドキュメンタリー 黒蜥蜴を探して」を、「黒蜥蜴」とあわせて観た(東京都写真美術館)。 昨今の記録映画はどうも生ぬるい、とこれまで何度も書いてきて、先日DVD観賞した「ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー」もいささか物足りない出来栄えだった。なんかもうちょっと社会背景とか作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽・動画集3

youtubeでひろった名曲を紹介するよ。 シーナイーストン「テレホン」 http://www.youtube.com/watch?v=JiGxb1tdp_w キャロルキング「ナイチンゲール」 http://www.youtube.com/watch?v=T5y_Gqi1JhU hitomi「FAT FREE」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊饒なる日本人形劇

ツイッターのアカウント、復旧までしばらくかかるかと思ってたら、こっちではなにも発信する間もなく、数日で復活してしまった。とりあえず報告まで。 まえの記事に書いたLOVE展の杉本文楽から、気になって人形芝居についてあれこれ検索してみたら、下呂温泉で上演されてた竹原文楽の貴重な舞台裏の記事があった。 http://ameblo.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

演劇評論家の「政治表現」について

そういえば、今年になってから芝居一本も観てない。  先日の東京新聞には、こんな記事があった。  国内で初めての映画単科大学・日本映画大学(川崎市麻生区)が教授らに対し「学内で一切の政治的活動を行わない」との内容の誓約書への署名を求めていることが分かった。昨春、教授に昇格予定だった非常勤講師が「芸術と政治は歴史的に極めて密接な…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大衆演劇と世界経済1

「大衆演劇と世界経済」(2002年ごろ執筆 某劇評同人誌に発表」)  小苅米ケンは『憑依と仮面』(七二年)において、英語や仏語で所有を意味する言葉がどうじに憑依をも意味するといったところからはじめて、人類学・社会学・宗教学・民俗学等等の該博な知識を援用し、経済現象と演劇的なものとの関係を探っている。小苅米は《贈与の主体と客体との関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more