テーマ:グルメ

貫かれた信念4 平成最後の闘い

ツイッター転載の小ネタ集:四月に貫かれた信念です 4月1日 令和は万葉集から採ったらしいが、韓国に多い名前だという。 いまこそ藤村由加の出番なのに… アガサ死んだらユニット解散しちゃったのか? 4月2日 生物の絶滅を寿ぐ楽観的淘汰万能主義者(ダーウィン原理主義者)を否定することなくして、新しい思想は作り出せない。ダー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この赤ちゃんがすごい!

馬肉:馬刺しとレバ刺し 美味い 鹿肉:エゾシカのステーキ やわらかくて美味い 両方食べれば馬鹿になる 今年に入って、赤子のウサギを飼う。 先代ミミちゃんが、去年の夏、九歳で息を引き取った。いままで飼ったウサギでは最長寿。 はじめはものすごく小さくて、丸丸して、ネズミにしか見えなかったのだが、 一月経つと、すっかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貫かれた信念2・3

ツイッター転載の小ネタ集:二月三月に貫かれた信念です 2月3日 岡留安則死んだのか。もしいま噂の真相があれば、不正選挙を取り上げ記事にしていたかもしれない。どんなに反体制的でも紙媒体が不正選挙追及にまったく動かないのは異常ではないのか。 2月8日 現在の映像技術なら、不祥事起こした俳優の出演部分だけ消して、合成でほかの俳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

醜怪! 悪の蕎麦屋

「カメラを止めるな!」テレビ放送を楽しむ。やはり緻密に作られている。しかしこの作品だけを過度に持ち上げて、東京サンシャインボーイズ「ショウマストゴーオン」や、シベリア少女鉄道「耳をすませば」のような超傑作舞台作品を忘れるようではいけない。演劇批評は派閥意識ゴリゴリのポストモダンかぶれにずいぶん荒らされ、すっかり堕落してしまったな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エグホン12

ツイッター転載の小ネタ集:十一月末から十二月に抉られた本質です 11月22日 考えてみたら、自由と民主主義の破壊を目指す集団が自由民主党と名乗っているのだから、頭がおかしく現実世界からゴミあつかいされてるネトブヨが自分を普通の日本人と勘違いするのも無理はない。自民党は改憲を主張するならまず反自民党とでも名称変更すべきだ(拝金売国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェイスブックに躓く

開店したときからなじみだった、薬膳鍋のおいしい中華料理屋さんが半年ほど前、別の町に移転してしまったのだが、小用で近くまで寄ったついでに入ってみると、店のお姉さんが喜んで、餃子をサービスしてくれた。 秋には磯丸水産でサンマ定食ばかり食べていた。中学の頃、理科の教諭が「サンマで一番うまいのはどこか」と質問し、「目黒!」と答えたヤツがい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エグホン11

ツイッター転載の小ネタ集:十一月に抉られた本質です 11月4日 香港の舞台人キーレン・パン作・演出・主演「29+1」上映会へ。圧巻の一人芝居。共演者もいることはいるのだが、二時間半を越える作品に出ずっぱりで、しかも飽きさせない。美容品販売員の一人喋りは綾小路きみまろと友近を合体させたかのようだ。彼女自ら監督した映画「29歳問題」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エグホン10

ツイッター転載の小ネタ集:十月に抉られた本質です 10月3日 やっと面倒な仕事が終わったと思ったら、風邪をひいて苦しめられる。それにしてもカールもチョコフレークもない世界に生きつづけるのは何と辛いことだろう。 新クロレッツのCM面白いな 10月4日 沖縄県知事選であえて集計機による不正を行わなかったのは、安心させておい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エグホン9

ツイッター転載の小ネタ集:九月に抉られた本質です 9月2日 フランシス・ヒッチング『キリンの首』、リチャード・ミルトン『進化論に疑問あり』再読。名著。創造説は論外としても、突然変異と自然淘汰に固執するダーウィン進化論より、新ラマルク主義・エピジェネティクス・構造主義生物学・ウイルス進化論・重力進化説などのほうがはるかに魅力を持っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エグホン6 本質を抉れ!

ツイッター転載の小ネタ集:六月に抉られた本質です 6月2日 今日は交通会館の切手コインまつりへ。『社寺福銭・上棟銭他銭譜』という型録を買う。全国のお寺神社で発行された福銭やお守り銭、観光地の土産物銭や記念銭、会社やお店で制作した招福銭、各地の振興券、代用貨、子供銀行の貨幣からパロディコインなど、貨幣ならぬ貨幣が収録された労作。見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抉られた本質:9・10・11月編

ツイッター転載の小ネタ集 この秋に抉られた本質です 9月6日 高校生クイズとか小学生クイズとか、そのうちどんどん低年齢化して、あげくのはては胎児クイズやら、精子日本一決定戦やらがテレビ放送されるんじゃないだろうか。 9月7日 三島由紀夫は切腹を秘儀として行おうとしたのか、それとも見物歓迎の演劇と捉えていたのか。現在のよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九月の本質

ツイッター転載の小ネタ集:九月に抉られた本質です 9月4日 自分の思想的基盤はあくまでエコロジーにあり、解放論と伝統保守の折衷なのだが、ネトウヨというのはつまりはバーチャル保守なんだろう。良識左派と良識保守は手を携えて仮想現実ポストモダンを撃滅さすべきなのだ。 『ネアンデルタール人は私たちと交配した』の著者スヴァンテ・ペー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年三度目の正義

トゥウィッター転載の小ネタ集 3月2日 米本昌平『時間と生命』をざっと読む。学説史の紹介と、高度に抽象化された議論なので、熟読すれば得るものもあろうが、自分の当面の関心とは重ならない。米本と池田清彦の対談が読みたいなあ。 映画「円卓」で愛菜ちゃんが演じたこっこって、誰かに似てるとずっと思っていたが、浦安鉄筋家族ののり子だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芦田愛菜の最高傑作は何か

お茶のサイダーとコーラ さて、芦田愛菜ちゃんの最新主演ドラマが決定した。シャーロットケイトフォックスとの共演ということで、期待したい。去年「ラギッド!」以来だから、もう一年ぐらいドラマに出演していないのだ。「ラギッド!」完全版はこのまえの秋に放送されたけど、引っ越したため、衛星放送が受信できなくなり、視聴できなかった。「明日ママ」…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

生物学ノート

ドクターペッパーが不味いという奴はキチガイだと思う というわけで、進化論などを主題にした評論を構想中なので、生物学関連のさまざまな本を読んでいる。吉川浩満『理不尽な進化』は、俺の考えていることとはだいぶ違うのだが、著者は学生時代、ドーキンス『利己的な遺伝子』と並んで、真木悠介『自我の起原』から影響を受けたという。 俺は学生の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蔡国強展

冷やしあめ 生姜が効いて美味し さいきん、あらためて前衛演劇の勉強をしようと、ローズリーゴールドバーグ『パフォーマンス』、山口勝弘『ロボット・アヴァンギャルド』を読み始めている。 二十代は前衛演劇に熱中していたけれど、いつしかそういった世界から離脱してしまった。美的感覚の欠落した、愚にもつかない前衛もどきが多すぎたのだ。ハイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「明日、ママがいない」DVD化を切望する

お蚕チョコ 東京新聞には、終戦直後の紙幣図案が発見されたとの記事。野口英雄の肖像がこの時期すでに検討されていたという。日本紙幣収集事典にはそれと別の図案が掲載されている。 芦田愛菜の明日ママがネット動画にあがっているのをみつけたので、初回から最終回まで全九話をつづけて視聴する。 児童養護施設を悪しざまに描いているとして抗議…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桂米朝のこと

こないだモヤさまで紹介されてたベトナムのフォーを食べてみた。うどん風そうめんといったかんじで、なかなか美味い。パクチーにもちかごろは慣れてきた。  さて、桂米朝師匠が亡くなった。志ん朝さんの死にくらべれば驚くことでもないが、やはり本格落語の実力者が減ってゆくのは寂しいことだ。  米朝さんは落語に熱中しはじめた十代前半のころの俺に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浮世風呂

このたび第10回河上肇賞奨励賞をいただくことになりました。 藤原書店さんから、選評が掲載された『環』60号を送っていただく。わりかし好意的な評に喜ぶ。 「最後の方は詩の引用が連続している」「引用が量的に多い」「詩と歌とをどう分けて考えているのか」といったご指摘はしかと受け止めて、書き直したい。 『環』じたい充実した内容で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つけ麺の話

芦田愛菜ちゃんのあまムーチョ 愛菜ちゃん字がきれい 残念なことに、私は揚げ芋が好きではない。 ネットで近所の食い物屋の口コミみてたら、ふざけたのが出ていた。 酔っぱらってその店でつけ麺を注文したら、麺がふにゃふにゃで、文句を言ったら、店員が「うちはこういう麺なんです」と反論されたらしい。 ただたんに、こいつの口に合わな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お神楽とミャンマーの芸術

二日にわたっていい舞台芸術に親しんだ。  まず日本青年館での第63回全国民俗芸能大会。神楽大会ということで、神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮御神楽、山形県最上郡は金山の稲沢番楽、長野県木曽郡は駒ヶ嶽神社の太々神楽、島根県の隠岐島前神楽が出演。見応えがあった。  御神楽というのは宮中で奏されるもの、ほんらいは歌もにで舞はなかったらしく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

痛風の話

パプ 先日、テレビに健康番組で、痛風のことをやっていた。尿酸は血管を悪化させ、心筋梗塞等を誘発させるという。 怖ろしい… じつは私も通風で、つい二ヶ月ほどまえも、肉食ばかりしてたら足が腫れあがって歩けなくなった。 いちばんさいしょに症状が出たのは二年前の大動脈瘤手術後。まだ入院中の出来事だった。 便所で転んでしまい(水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「フライトゲーム」と「フルスロットル」

脳の断面  このところあまりアクション映画がなく、映画館から足が遠のいていたけど、やっといい作品が公開された。  まず「フライトゲーム」。これはシチエイションサスペンスミステリーパニックアクションとでもよぶべきもの。70年代映画マニアからすると、エアポートシリーズと「オリエント急行殺人事件」の合体のようで、またその後の、「エグゼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片岡鶴太郎の芸術

冷やし中華はめったに食べないけれど、揚州商人の黄金雲丹冷やし麺は美味でした。あとこの夏おいしかったのは生クリーム&カルピス。 ギャラリー銀座にて、ベトナムの芸術家イーランの砂絵を見る。 額に入った砂絵もあるけれど、素晴らしいのは砂を積み重ねたもの。 透明な容器に、色とりどりの砂をいれて、じつに精妙な絵を描くのだ。しかも表裏べつ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

一月の闘い

征服者パプー 先月は二十七年ぶりに歯医者に行ったり、本を三十冊ぐらい買ったりして出費が多かったけど、ふぐ鍋・すっぽん鍋・薬膳鍋を食べることができ、しあわせ。 というわけでツイッター転載ここ一ヶ月の正義。おもに都知事選と評論用の覚え書です。 1月1日 自分では目いっぱい地球を汚していながら、ヒステリックに他の人を非難する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カイユボット展

サンタの和菓子 さいきん、いくつかの駅で柿のジュースを売ってる店を見つけた。期間限定らしいが、流行ってるのだろうか? 珍しいので飲んでみたら、すごい美味。柿のジュースっていままでみかけたことなかった。なぜいまになってこんな商品がでてきたのか、と思ったら… チンポ柿 こんなのが東京で見つかってるんだそうです。ネットの噂では放…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巨大金魚

ぐるねりアイスをやっと近所のお店で見つけた。夏にあちこち探しまわって見つからなかったのを、寒くなってようやっと手に入れたわけだ。でも三色アイスがそもそもみんな同じ味に感じられて、まぜても変わらなかった。私が味盲なんだろうか。 ムー認定『世界の超常生物ミステリー』という本を見つけ、つい買ってしまう。 アメリカのカリフォルニアとネバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松原新一氏のこと

 デニーズのアンガスサーロインステーキはおいしいのう。ところで、けんやガストは、とりあえずのステーキがおまけについた野菜食べ放題の店ってことでいいの?  さて、文芸評論家の松原新一さんが亡くなられたと知る。  松原の著書を読んだのは、八〇年代半ばごろ、『大江健三郎の世界』が最初だったはずだ。とうじ大江の小説を熱狂的に愛読していた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すばらしき日本文化

ぐるねりアイスってどこにも売ってない。  東京駅の地下街にラーメンストリートというのができていて、六厘舎とか出店していた。この店、俺が子供のころ住んでた町にあったんだけど、とうとう一度も行けないまま閉店してしまったのだ。  行列ができすぎて近所迷惑になる、というのが閉店の理由だったはずだけど、やっぱりいまでも行列ができている。で…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

山本作兵衛展

連休中に親しんだ芸術を報告するよ。 まず東京タワーで「世界記憶遺産の炭坑絵師 山本作兵衛展」を。 東京タワーにくるのは十何年ぶりか。作兵衛の名は記憶遺産に登録されたときはじめて知った。登録されると作品の持ち出しが制限されるそうだが、今回展示されたのは、登録後に発見されたもので、それらは記憶遺産にはならないようだ。 幼い頃からそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more