テーマ:社会

狂人 野田佳彦

本年の最終正義はやはり史上最低・最邪悪・最卑劣・最醜怪のインチキ人間、野田佳彦を滅ぼさなくてはならない。死刑執行を拒否し犯罪被害者の遺族を蔑ろにする法相、禁煙ファシストの厚労相、ムダなダムを推進する国交相、軍事無知の防衛相、闇献金の消費者相などなど、史上最低の内閣ではないか。いまでは野田の悪代官ツラみただけで吐くほどだ。 なにより…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル

八ツ場ダム建設に関して、地元の人人が口口に民主党への憤りをのべるのをみてると、つい「やらせ」という言葉を思い浮かべてしまう。彼らを翻弄したのは民主党ではなく、どう考えても自民党と官僚どもだろう。つくづく群馬は保守金権王国だと思う。いっそ群馬は福田康夫を王様にして独立したらどうだろうか。 前原誠司が民主党代表のころ、中村とうようが「…
トラックバック:24
コメント:0

続きを読むread more

加藤典洋と見田宗介

面白い実がなる不思議な木。 これが実。なんて木なのだろう。 見田宗介著作集が岩波書店から刊行されはじめたそうです。真木悠介著作集もそのあと出るそうです。渋谷のジュンク堂と紀伊国屋でさがしたけど、見つからなかった。 一昨年の春ごろに、社会学を専攻したという見田を「神」と呼ぶ青年に会った。彼は「見田宗介全集が出たら買いますよ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お金の話

しばらくぶりすぎて、すっかり参照数が落ち込んでしまったけれど、とうとう私は正義の世界に戻ってきた。やはり私には正義がよく似合う。  「七人のマッハ!」というタイ映画では、首都をテロ攻撃から守るため田舎の人たちが命を捨てて闘う、というか闘わされる場面があって、つまりは都市のために農村が犠牲になるってな図式がみごとに描きだされていたけ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Twitterがあなたの脳を破壊する

かわいい てなわけで、 一週間ばかり、ヒwiヒヒerに熱中していて、ロクロク眠ることもできなんだ。 俺のせいじゃない。こいつらが面白すぎるのが悪いんだ。こんなのリアルタイムでみてたら、芝居や小説なんか退屈に思えてしまうだろう。 ぜひとも、以下をすべてご覧ください。感動のヒューマンストーリーです。 論争第一ラウンド h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小ネタ集

ムダに忙しく、あんまり纏って書く事柄もないから、つい面倒でツイッターだけで済ませてしまう。しょうがないからいままでのつぶやきを加筆訂正して転載しておこう(カッコ内は日付)。 http://twitter.com/#!/iidukumanto 朝の連続テレビ小説、「にしどぅ」を構想してみたよ。裕福な家庭に育った主人公が、取巻きと力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迷惑/不愉快

ウロ憶えだが、まえに若い女性が電車内で化粧をするのは迷惑だ、というけれど、これは迷惑じゃなくて不愉快なんだろう、と金原ひとみがどこかで言ってたと読んだことがある。個人的な感情を公共心にすり替えているのだ。 まちBBSなる掲示板があって、俺が住む町のスレッドもあるので読んでいると、駅前にある喫煙所が迷惑だ、という書込みがしつっこく連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

節電ファシズムが始まった

体のあちこちが痛む。死ぬのだろうか。とりあえず遺言はこちら。 http://twitter.com/#!/iidukumanto  アンドレ・ルロワ=グーラン(安藤礼二はこの人から名前を取ったのだろうか)『世界の根源』を読んでいたら、彼はドゴン族研究のグリオールにやや批判的で、直接きつい言葉を吐いたりしたらしい。《驚くべき人物で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電話回線詐欺ふたたび

頭来たんで緊急更新 きのう、休日の谷間なのでボーっとしてたら、株式会社エス○ー通信とかいうのが、電話番号の頭に0033をつけなくてもよくなった、といって訪ねてきた。 怪しいとは思ったが、うちはプラチナラインに加入しているので、サービスが更新されたということだろうと思ってたら、ズカズカあがりこんでくる。ぱっと見は好青年風なのだ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

藤井誠二『殺された側の論理』

保坂展人、世田谷区長か。がんばってほしいな。  さて、藤井誠二と外山恒一は、ともに学校や管理教育批判から出発し、保坂の弟子筋にあたるが、両者とも保坂とは違った方向へ進んでいる。藤井は左翼的な「人権」思想より深い立場でほんとうに虐げられた人たちの権利を追及する真摯な書き手に、外山はたんなるキチガイに、と。  藤井の『殺された側…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

反原発からエコロジーへ

むか~し買って読んだ土井淑平『反核・反原発・エコロジー』をひさしぶりにひっぱりだして読み始める。その鋭い現状認識はいまでも色褪せていない。梅原猛は原発PR誌で「原子力は日本の神様だ」との間抜けな発言をしていたという。そういやジャイアントロボも原子力エネルギーで動いていたんだな(遠い目)。 梅原は吉本隆明と違って、近代文明や人間中心…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

浮世におちんちんの花が咲く

江頭2:50のPPPでの、「ちょっとぉ~、みんなおかしいよ~っ!」という早川亜希の悲痛な叫びが、いまこそ俺には理解できる。日本人(とりわけ東京人)は狂ってるとしか思えない。 せっかく正義のために、ツイッターまで復活させて挑んだというのに。 http://twitter.com/#!/iidukumanto 大衆はやはりブタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復活の正義

東電社長の入院先は停電しないのか? 狂信者のメンタリティーの根はひどく感傷的で、同時に想像力が欠如しています。だからこそ、たとえわずかでも、希望がもてるわけです。もしこういう人たちの心に想像力を注ぎ込んでやれば、それが功を奏して狂信者もそうそう自分の言うことがぜったいに正しいとは思えなくなる、、という希望です。――アモス・オズ『わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイバー∴サイコロジック「大戦死遊園」

 だが神が花であり 木々であり  山 太陽 月の光であるのなら  どうして それを神と呼ぶ必要があるだろう  ――フェルナンド・ペソア  サイバー∴サイコロジック 義眼の公演「大戦死遊園」(下北沢OFFOFFシアター)をポコチン丸出しでみる。ナンセンスミステリ劇という。  舞台は理数専門予備校の談話室。なのに、部屋の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うさぎさん

おめでとうさぎ というわけで、正月中はじっくり本を読もうと思っていたけれど、どうしてもテレビみて酒飲んで寝てしまう。 それでもいくつか読んだのだが、特筆すべきなのは大西俊輝『人肉食の精神史』(東洋出版)。大冊の労作だが、さまざまな知見がちりばめられていて、ためになる。 BS-TBSでは長崎の竹ン芸と新潟の人形芝居一座による…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小泉毅を厚生労働大臣に任命せよ!

それにしても長妻昭って一体なんだったんだ? ミスター年金だかなんだか知らないが、生きた人間の記録は戻らないってのに、死んだ人間には年金払いつづけてたんだから、こりゃお笑い種。世界の恥さらしではないか。結局やったのは禁煙ファシズムの旗振り役。江戸時代なら切腹もんだ。もっとも、誰よりも日本を腐らせた竹中平蔵がのうのうとはびこっているぐ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東浩紀はカンニング竹山に弟子入りせよ

池田雄一を見た人は東京が飢饉にあると思い、東浩紀を見た人は飢饉の原因は東にあると思うだろう。(元ネタはチェスタトンとバーナードショーの会話です)  先月末に放映された、「若者不幸社会」を論じた朝まで生テレビを録画して見た。はっきりいって、面白くない。なにより「不幸」「幸福」の内実こそが問われねばならないはずなのに、出席者の顔ぶれか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

節を曲げてツイッターに走る

ツイッター、始めさせられました(泣)  日頃から「芸は売っても体は売らない ブログはやってもツイッターはやらない」を信条にしてる私が、なぜ変節したかといえば、今週のお嫁さんにしたい女性ランキング二位の子(ちなみに一位は近所のビデオ屋の店員さん)から、デートして欲しくばツイッターをはじめよ、と脅迫されたからにほかなりません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おぞましきかな、大衆!

25年ほどまえ加藤典洋が、ビートたけしが「ブスは死ね」というとき云云、と書いていたんだけど、きっとつかこうへいと勘違いしてたんだろうな。  とうとう、愚民たちは谷亮子まで政治家にしてしまった。岡部まりはさすがにナイトスクープでみたいという人が多かったのだろう。いくら民主党が大敗したとはいえ、自民党が勝ってしまえばどっちにしたって増…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長田鬼門『死刑のすすめ』

双子のとうもろこし  新聞広告でみた長田鬼門『死刑のすすめ 積極的死刑拡大論』(東洋出版)がおもしろそうだったので、都心の大型書店まで行って買い求める。近所の本屋になかったのだ。最新号の『群像』(読みましょう)にも一頁広告がでていますな。  一般に反体制派(左翼というと語弊がある)は死刑反対、保守派のほうは死刑賛成の図式があるけ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

100兆ドル紙幣

毎年恒例、東京国際コインコンヴェンションへ行ってきたよ。  しかし戦後発行されたお金は東京五輪千円銀貨以外は買取不可らしい。その千円銀貨も数年前までは3000円していたのが、いまでは2000円に下落してる。おいらが小学生時分は一万円の価値があるといわれていたのに。  欲しいのはエラー銭か試鋳貨幣だけれど、そういったものは10万1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

子ども手当てが子殺しを加速する

 ここ2ヶ月ばかり、ジャリジャリいうひどい耳鳴りで悩まされてきた。中耳炎かと、とうとう意を決して耳医者へ。巨大な耳垢が鼓膜にへばりついていたということで、その後はなんともなくなった。  金魚がたてつづけに産卵。冬に生まれた子は四匹になってしまったが、これからは無事成長することを祈るしかない。  ところで愚劣な民主党政権の邪悪…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

なぜ私だけが苦しむのか

どうでもいい本ばかりはびこる中、ハロルド・S・クシュナー『なぜ私だけが苦しむのか 現代のヨブ記』(岩波現代文庫)はまさに真の名著とよぶにたる、第一級の思想書だった。 著者はアメリカのユダヤ教のお坊さん(ラビ)。ユダヤ人のすむ地区で、さまざまな痛みを抱えた人人の話を聞き、心の支えになるべく努めている。 そんな著者の幼い息子アーロン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドナウの夢のおもちゃ箱

ベーシックインカム論者があほらしく思えるのは、悪や金持ちもいっしょくたにしてしまう愚劣な平等思想に犯されているからだろう。そこには正義も人間洞察も抜け落ちているのだ。そんなオタクや犯罪者に連載させてる週刊朝日ってのは、アサヒ芸能以下だな。 もうこうなったら日本の赤字空港はみんな世界各国に貸出し、空軍基地にしてしまうほかないのではな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

厚生官僚を皆殺しにしろ!

 河出書房新社の現代の文学33『五味川純平集』で「人間の條件」を読了。二段組で千頁を超える大作。三年ほど前に古本屋で買ったまま、ほったらかしにしていたのを、今年になって読み始め、一日に百頁づつこなしてゆけば十日で終わると考えていたのだが、取り込みもあり、半分読んで中断し、半年たって一気にのこりを読み進む。いやはや、すごい小説があったもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愚かしき哉、大衆!――ドキュメント政権交代

ついにこの日がやってきた。とにかくアニメの殿堂だけは阻止したい、これ以上オタクをのさばらせてはならないという、民衆の熱い強い想いが巨大なうねりとなって、自民党を崩壊に追いやったのだ。こんな嬉しいことはない。 などと、手放しで喜べない気もする。なんせ一人勝ちだかんね。勝ったのは民主党じゃない、愚民達だ、と心ある人は言うかもしれない。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

わけのわからない肩書

 森永さんとカンニング竹山の見分けがつかなくなってきた!  週刊誌を見てたら、近頃はニコチンの少ない煙草がはやりで、ハイライトなどは売れないそうだ。じゃあショートピース吸ってる私は絶滅危惧種ですか。  それにしても酒酔い運転を規制したせいで日本経済は疲弊したとの堺屋太一には、さすがにえらいこと言いやがると轟き桃の木ポンキッキだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の内なる左翼精神

「もし愛する人が300人委員会だったら、あなたはどうしますか?」というテーマのケータイ小説を思いついたのだけど、ケータイ持ってないから書くこともできんわ!  左翼活動に関するドイツの映画や舞台を観たせいで、私の内なる左翼精神が発動し、仲正昌樹『日本とドイツ 二つの戦後思想』を読む。仲正は解説者としては有能だが、とつじょとして感情が…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ポコチンを出して何が悪い!――いま、SMAPからPOCOPへ

草彅剛がポコチン丸出しで逮捕され、日本中が怒りと怯えのパニック状態と化しているが、その真の意味を理解するものは少ないといえよう。  鳩山大臣が怒り狂って、「なぜあんなヤツを地デジCMに使ったのか」とか言ってるらしいけど、友達の友達がテロリストなのだから、ヌーディストぐらいは受けとめる度量を持ってほしい。そもそもあれは地デジ完全移行…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

森田健作を死刑にしろ!

「寝耳に水」――寝ている人間の耳からとつぜん大量の水が噴きでること。『正義のことわざ辞典』より  やっと鶴田知也の「コシャマイン記」が文庫化されましたね。図書館にはいるまでは読めないのだが、とりあえずよかった。某文芸評論家にいたっては作品も作者も知らなかったほどデス(嘲)。  文学界新人賞はイラン人女性だそうです。写真見たら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more