聖なるブログ 闘いうどんを啜れ

アクセスカウンタ

zoom RSS みんなが出るテレビ

<<   作成日時 : 2007/04/02 06:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 新聞によると、困ったビジネスメールランキング三位は「メールの返信が常に遅い」、七位「大量のデータを了解なく送信してくる」、八位「必要以上に『開封確認要求』をつけてくる」だそうで、某劇場の失礼千万なバアさんがモロにあてはまり、これを読んだ俺は「ドワハハハ」と、ポコチン丸出しで豪快に笑ったのであった。

 さて先週は野暮用が重なり、やけに忙しい毎日だったよ。去年の五月頃に、たまたまtvkの「みんなが出るテレビ」なる番組を見た。いかにも素人といった感じのヒゲの濃い金髪の男がぎこちなく司会をし、横にいるマイクのかぶりものをした男がひとりでブツブツとツッコミをいれている。なんだこの番組は、と興味が湧き、以後ときおりみるようになった。女子大生が神奈川のさまざまな名所などを紹介する番組らしく、なかなかいい情報もあり、そのうち女子大生の名前と顔が一致するようになると俄然おもしろくなり、夏になるとほぼ毎週楽しみするようになった。最初に司会をしてた金髪男は県民コメンテーターの肩書をもつ飛田さんという理容師で、地元のお祭りや行事に積極的に参加し、また番組で取り上げる神奈川の名所名店にも足を運び、いかにも人生を満喫しているといったかんじで羨ましい。マイクを被った男はやまだマイクと名乗る番組の統括者らしく、やまだひさしという人気DJだという。この人はまた環境問題を考えさせる音楽の催しをやっていると最近新聞に大きく取りあげられていた。そういえば番組でも下水処理施設やペット処分場などを取材している。女子大生もかわいい子が多いのだが、このたびの放送で、多田さんと坂本さんというとりわけかわいい子が卒業してしまい、泣きじゃくる女の子達をみながら、私もまたテレビの前で、むせび泣いたのであった。

 そんなわけで、地域を大切にしなければならないと目覚めた私は、横浜へ赴き、にっぽん丸の船内見学をしたのだった。旅行会社の企画で、船の中をあちこち見てまわり、終わってから食事もでるのだが、あまり美味いものでもなかった。ビンボー人のオイラは、ラーメンと定食しか体が受けつけず、あんなふうに少量ずつ野菜だの汁だの魚だの肉だのと、ちまちま食べていたら死んでしまうだろう。三ヶ月間の世界一周クルーズなんてのがあったが、俺はそんなに船の中に閉じ込められていたらきっと気が狂うだろうな。最高1000万もし、安くても200万かかる。ああいうのは停年を迎え年金で余生を満喫する老夫婦が行くものなのだろう。

 そんなわけで、地域を大切にしなければならないと目覚めた私は、横浜でジャパンペットフェアを見物したのだった。どちらかというとペット用品フェアといった感じがしないでもないのだけれど、犬猫兎金魚のエサなどの試供品をしこたま貰い、満足。ドラマに出ていたという、黄金の鯉の泳ぐロボットなどもあり、そのむかし山崎構成『曳山の人形戯』に紹介される鯉のからくり人形に驚嘆したのを思い出した。中型犬ぐらいの巨大ウサギ(本物)に超びっくり。ウチの犬よりひとまわりデカく、ちょっと飼ってみたい。翌週は鑑賞魚フェアもあるのだ。

 そんなわけで、地域を大切にしなければならないと目覚めた私は、横浜市立歴史博物館で「横浜の神代神楽」をみたのだった。じつはその日に上演される横浜の神楽をみる予定だったのだが、満席で入れなかったのだ。展示は鯛の仮面などありおもしろかった。神楽も近代に様変わりさせられ、男女のきわどい場面などが削られ、現在の形になったのだという。また神楽の社中が歌舞伎なども演じていたこともあるという。現在ではスーパー神楽なる洗練されたものもあり、もちろんそれはそれで充分面白いものなのだが、古体の型を復元するのも面白いのじゃないか。

 かくして、今日も正義は、私によって守られた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
みんなが出るテレビ 聖なるブログ 闘いうどんを啜れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる