聖なるブログ 闘いうどんを啜れ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大晦日にヒョードルVS朝青龍を実現させよ!

<<   作成日時 : 2008/09/24 09:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
モントリオール五輪に出場したデューク麻生

 今月はスカパーのディスカバリーチャンネルで世界の格闘技スペシャルを見まくった。現役のアメリカ人格闘家二人が各国で修行するという番組の企画自体は毎回おんなじでさほど面白くはなかったのだが、イスラエルやハワイには聞いたこともない格闘術が存在すると知ることができた。願わくばもうすこし古い歴史あるもの(セネガル相撲やパキスタン相撲など)を取りあげてほしい。

 DREAM6をテレビでみた。ジャカレイの、相手の足首を狙って水平に飛び込むタックルには驚いた。こんな技があるのか? しかしそのジャカレイも出会いがしら的な打撃に沈んでしまった。これが真剣勝負の面白さなのだが。ゲガールムサシにもう郷野は勝てないのじゃないだろうか。
 真性インチキ人間秋山某をスター扱いするTBSの姿勢は異常だ。こんなやつをいつのまにかみんなが認めてしまう状況が捏造でなくほんとうなら(すくなくとも花くまゆうさくは認めてしまっている)日本はファシズムに近づいているのではないだろうか。秋山より酷い、殺人疑惑まである船木某とか、大麻疑惑の某とか、まさに犯罪者集団じゃないのか。
 ジミーアンブリッツに須藤元気が、さかなクン状態で大興奮していたのはなぜなんだ?
 もっとも期待していたミルコ×アリスターは、思ったとおりアリスター圧倒的優位ですすんでいたのに、たまきん蹴りで無効試合とはもったいない。それなら戦極のナツラの試合も無効にしてほしかった。しかしこれでミルコ株は大暴落まちがいなしだ。
 とうとうヒョードルも参戦するようだ。大晦日、誰と戦うのか? 五輪王者石井慧が手を挙げたらしいが、それよりやっぱ朝青龍だろう。格闘技界を再活性化させるには、これしかないと思う。朝青龍をはじめ外国人を追放し、日本人力士だけの競技になれば、相撲もまたいずれ人気復活するのではないか。

 かくして、今日も正義の畑は、私によって耕された。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大晦日にヒョードルVS朝青龍を実現させよ! 聖なるブログ 闘いうどんを啜れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる