聖なるブログ 闘いうどんを啜れ

アクセスカウンタ

zoom RSS 壮麗なチベット美術

<<   作成日時 : 2009/09/27 21:56   >>

トラックバック 6 / コメント 6

上野の森美術館で「聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝」を見たよ。

タンカとよばれる極彩色の仏画が好きで、チベット美術展はいくつか見た記憶があるけど、今回は最も充実してて、素晴らしかった。

仏教伝来のおり、チベット各地を土着の宗教の魔女に見立て、その関節にあたる場所に寺院を建立し、封じ込めたという絵がまずはじめにあって、すごく面白かった。ほかにもさまざまに不思議な造形があり、奇矯な発想にたちまちひきこまれる。

こまかく仏や怪物が描きこまれた仏画、その画風はインドやイスラムの細密画と同じもので、遡ると中国山水画が起原になるのかもしれない。
金色に輝く仏像はうつくしくもまがまがしく、抱きあう男女の仏や、びっしりと手のはえた千手観音には感嘆。
しなやかな肢体の仏像はときになまめかしく、衣には襞がこれでもかというほど刻みこまれているのに肌にぴったり吸いついているのが面白い。ダーキニーという像はやわらかな腰つきだけど、手にお饅頭みたいなものを持っていて、よくみると、脳みそがつまった頭蓋骨だった。
祖師たちの像は写実的な顔にたいして、体は抽象的に簡略化されており、その対比が魅力。

獣たちの頭を重ねた法具はまるでトーテムポールか南米あたりの民芸品を思わせる。

舞踊劇にでてくるガイコツの衣装はたぶんウルトラマンの雛形になったのではないかと思われる。

画像画像






いや、ほんとうに素晴らしい展示の数数に感動。見てよかった。これこそまさに必見の展覧会。
かくして、今日も正義は、私によって守られた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
壮麗なチベット美術
あんてなサイトにブックマークされました。 ...続きを見る
他力本願
2009/09/27 21:59
聖地チベット
{/star/}人気ブログランキング{/star/}   ...続きを見る
日子のさらさら日記
2009/10/03 10:28
聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝
昨日は美術館に行って来ました。 ずっと行きたいなと思っていて、お盆の忙しいシーズンを乗り切ったのでようやく行く事ができました。 なんか、ありえないくらい混んでいてびっくりしました。 人が多すぎてゆっくり見られなかったですね;; こんなに混むことも普通はないと思います。 どうやら、期間がもうすぐ終わるので前売り券を持っている人が駆け込みで来たのと、夏休みがもうすぐ終わってしまうので子供づれも多かったようです。 平日ど真ん中でこんなに混んでいると思いませんでびっくりしました。 ... ...続きを見る
古びた森小屋
2009/10/03 14:01
『聖地チベット -ポタラ宮と天空の至宝-』@上野の森美術館
&nbsp; 先日、「上野の森美術館」で開催されている、 『聖地チベット -ポタラ宮と天空の至宝-』 http://www.seichi-tibet.jp/ &nbsp;を見に行ってきました。 ...続きを見る
猫好きエンジニアの呟き
2009/10/21 08:42
■聖地チベット展へ行く。
上野の森美術館で聖地チベット展をみた。 ■歴代ダライ・ラマが本拠としたポタラ宮 ...続きを見る
そこに魂はあるのか?
2009/10/21 19:42
聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝
上野の森美術館に行ってまいりました。 JR中央口から上野の山に上がったところ、一番近い美術館ですね。入り口でチベットの方とおぼしき人達が集まっていて、演奏会をするのかと思ったら、この開催について中国政府への抗議をしていました。今、治安はどうなんでしょうね。先日、副主席が来ていましたけど、その辺の話題には当然触れないでしょうね。 最初の写真は、十一面千手千眼観音菩薩立像です。 ...続きを見る
冬への扉
2009/12/26 09:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
正義の味方、ウル○ラマン!!(笑)

……

ご無沙汰しております(汗)東洋美術は、我々日本人に非常に感覚が類似している分、かなり惹き込まれた事と思います。
私自身、オカルト(失礼)には非常に興味があり、お金があれば行きたいところですが、最近はライブの遠征(ブログ参照)の為、行き辛い状況です(泣)

それにしても、最近はブログ編集部荒らしの人が、かなり大人しくなっています。
「つまらない」と思ってはいけない!?(笑)
麒麟檸檬
2009/10/01 23:02
荒らしの人はおとなしいですが、かわりにオカルトな女性が活躍してます。この人のブログも必見です。コメントは絶対しないように。
ウルトラうどん
2009/10/02 00:11
TB、ありがとうございました〜。
チベットの美術展、私は初めて行ったんですけどとても楽しめました。
魔女の図は面白かったですね。
ウルトラマン……!
その発想はなかった…。
記事、楽しませていただきました^^
それでは〜。
綾里 未優
2009/10/03 14:07
コメントありがとうございます。
チベットの仏様は、日本の仏様と違って、色っぽいですね。
闘いうどん
2009/10/04 07:47
僕もチベット展に行ってまいりました。
先週の朝日新聞にも紹介されていたように、現地でも見ることができないような大変貴重な展示物だったんですね。
それにしても、造形的にも素晴らしい物が多かったですよね。
このウルトラマンとの対比は、ウルトラマンファンの僕としても思いつきませんでした。いやー、闘いうどんさんの発想にも参りました。<m(__)m>
冬への扉
2009/12/27 08:25
みうらじゅんがまえに、ウルトラマンのモデルは仏像だというようなことを喋っていたのですが、あの衣装はもろにウルトラマンですよ。ぜったいあれみてコスチュームのデザインしたと思います。
闘いうどん
2009/12/27 09:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
壮麗なチベット美術 聖なるブログ 闘いうどんを啜れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる