聖なるブログ 闘いうどんを啜れ

アクセスカウンタ

zoom RSS ホワイトハウスダウン

<<   作成日時 : 2013/08/21 10:57   >>

トラックバック 4 / コメント 0

「パシフィックリム」で怪獣に追われる芦田愛菜の走りっぷりをみると、はやく本拠地を海外に移さないと来年の24時間テレビのマラソンに駆りだされてしまうんじゃないかと心配になる。

 で、「ホワイトハウスダウン」みてまいりました。
 同内容の映画「エンドオブホワイトハウス」は、序盤、謎の軍用機がワシントンを空襲し、さらに無数の北の工作員がどこからともなくあらわれ、白亜館を占拠してしまうまでは映像的にかなり面白かったんだけど、その後の展開は「ダイハード」以来さんざ使い古されたもので、ほとんど新鮮味がない。セガールの「沈黙の戦艦」みたいに淡淡と進行してゆく。テロ集団にまじってた女性狙撃手(すぐ死んでしまう)が妙に強く心に残ったけれど、そもそも、あれだけの兵器をどうやって米国内で調達したんだとツッコミたくなる。
 「ホワイトハウスダウン」のほうは、あまり評価は高くないようだが、すくなくとも俺には説得力を持っていたし、登場人物たちも魅力的で、面白かった。もうすこし、昔のパニック映画にあった群像劇風にしてもよかったと思う(観光案内の男とか、もっと活躍させてほしかった)。
 「エンド」と「ダウン」のちがいは単純に言えば、保守とリベラルみたいなところで、早い話、敵をどこにみるか、ということでもある(ネタバレを避けるためここまでにしとく)。

 本作には「ダイハード」を意識して作ったとおぼしき場面が随所にみられる。主人公の名前がジョンだったり、「第九」のかわりに「第五(運命)」が流れたりするのも「ダイハード」へ捧げたものではないかと思ったりする。そこが「エンド」と違うところで、脚本にメリハリが効いているのだ。
 あとテロ集団に女性がいないのもいい。「ダイハード2」までは、テロリストに女性はいなかったけれども、その後のこの手の映画では、男女同権のつもりか、かならずムリヤリ女性が含まれているのがなんか俺には嫌だったのだ。

 なかなかの秀作アクション映画で、余は満足じゃ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「ホワイトハウス・ダウン」ここまでやって良いのかと戸惑いつつ楽しんだ
映画「ホワイトハウス・ダウン」★★★★ チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス マギー・ギレンホール、ジェイソン・クラーク出演 ...続きを見る
soramove
2013/09/05 07:25
『ホワイトハウス・ダウン』 愛国者の条件
 異星人に制圧された米国と、その解放のために立ち上がる大統領を、米国の独立戦争になぞらえて描いた『インデペンデンス・デイ』(1996年)は、さぞかし米国民の愛国心を高揚させたに違いない。  その迫力あ... ...続きを見る
映画のブログ
2013/09/05 11:54
ホワイトハウス・ダウン
議会警察官のジョン・ケイル(チャニング・テイタム)は、シークレットサービスへの転身を目指し、次席特別警護官キャロル(マギー・ギレンホール)の面接を受けるが、結果は不採用。 娘エミリーをがっか... ...続きを見る
心のままに映画の風景
2013/09/05 17:28
ホワイトハウス・ダウン
ホワイトハウス・ダウン観ました・ [満足度:★★★☆☆ 3点] ※ネタバレ含む感 ...続きを見る
ぷかざの映画感想記
2013/09/05 21:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ホワイトハウスダウン 聖なるブログ 闘いうどんを啜れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる