聖なるブログ 闘いうどんを啜れ

アクセスカウンタ

zoom RSS 三月の闘い

<<   作成日時 : 2014/03/27 12:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ツイッター転載の小ネタ集 三月篇

3月1日
都知事選での一本化というのは、いろいろあるけど、結局「宇都宮降りろ論」だったと思う。小沢支持とか、検察への批判から、宇都宮に厳しい目を向ける人、宇都宮の政策に近いと言いながら誹謗中傷を垂れ流す狂人など、立場は様様。その位相を明確にしたうえで、あらためて脱原発の共闘を目指すべき。

3月2日
テレビ東京開局50周年記念番組をつい見入ってしまった。「テレビはテレビ東京、コーラはペプシコーラ」という強靭な意志と精神こそが、真の芸術家を生みだす。テレビ東京は現代日本文化を根底から支えつづけたのだと、心から感動する。鶴瓶・たけし・草g・江頭と、日本を代表するチンポ出し芸人が出演登場したのみならず、田原総一郎まで番組中チンポを出していたとは。

3月3日
優木まおみのポジションが小島瑠璃子に替ったんだね。

3月4日
日本の警察は世界一だとかつては言われたが、じっさいは冤罪だらけだった。独裁政権はつねに不正選挙から始まる。お上のすることに間違いはない、なんて思って不正選挙を否定してると、そのうち独裁者にじわじわと首を絞められる。一刻も早く倒閣運動を起こし、安倍晋三を公職追放すべきだ。

3月6日
柏市の通り魔殺人犯の顔が演劇ストーカーの故加藤康介そっくり。加藤は人格障害を持っていたようで、有罪判決を受け服役出所したすぐあと死んじゃった。今回の異常殺人鬼も同じような病気だろうか。もし責任能力なしとして野放しにされるなら、市民は凶悪犯罪者への対抗策を持たねばならない。
ゲーム脳とか脳内汚染というのは、やはり実際にある現象なのではないか。今後どんどんこういう異常者が増えてくるだろう。凶悪犯罪者を死刑にすることも重要だが、仮想現実に対する予防も必要。エコロジー教育、エコロジー思想、エコロジー批評こそ現代社会に真に求められるものだ。

ウクライナ情勢はなにがなんだかよくわからないけど、日本も複雑怪奇。安倍のやることならなんでも賛成のネトウヨは論外だが、惨事便乗資本主義で日本人を苦しめるアメリカの安倍批判に期待せざるをえない国内の左派という図式。不正選挙を追及しないからいけないのだ。

諸星大二郎の漫画『孔子暗黒伝』は、孔子・老子・ブッダ、あるいはインド先住民・東南アジアの山岳民、南島から縄文の文化を描きだし、汎アジア世界を構築する驚くべき意欲作でした。
文学でこうしたアジア的世界を創造するならば、やはり漢字に頼らねばならないのか。甲骨文字から古代朝鮮語、万葉仮名、ハングル、字喃、トンパ文字など駆使したジョイス的言語世界を構築するには、真の天才があらわれなければなるまい。

3月8日
ウノなにがしの深夜ラジオ終わるらしいな。聴いたことないけど本当にめでたい。去年のいまごろぐらいまでは手術明けで眠れず、ずっとラジオを聴いていたが、あのときやってた素人大学生の放送はけっこう面白かった。東京新聞のコラムも終了させてもらえないだろうか。乞食文化人はもうコリゴリ。

3月9日
誰か桂米丸に取材して、芸術協会からみた落語協会分裂騒動や、鈴本とのイザコザをまとめてくれないだろうか。

3月10日
佐村河内守と安倍晋三は病的な嘘吐きだが、小泉純一郎が安倍に対して、佐村河内における新垣隆にならなかったのは重大な問題ではないか。小泉が「安倍政権をぶっ壊す」と発言していれば、政界再編への起爆剤になったはずなのに。

20世紀のアメリカでは、末尾に0のつく年に選出された大統領は任期中に死ぬことが定められていたのだが、レーガン暗殺が失敗した時点で秩序は崩壊し、80年代以降、世界は新自由主義に覆われていくのであった。(歴史豆知識)

3月11日
臆せず不正選挙疑惑に言及しはじめた孫崎享は、やはり佐藤優や佐高信のようなメディア乞食とは格が違う。だいたい佐藤優は日本のラスプーチンとかいうなら、毒を盛られても銃で撃っても死なないのか? 天木直人も広瀬隆も、孫崎につづいて不正選挙を追及してほしい。

小森みちこ主演のにっかつロマンポルノ「あんねの日記」も迫害されるのだろうか?

3月16日
兵頭正俊はヨニウムが都知事選で評価を上げたとつぶやいていたが(俺の中では都知事選で兵頭の評価は暴落した)、いまは小保方晴子をめぐってそれとなく争っているみたいだ。自意識過剰の山崎行太郎も参戦。

3月18日
淀川長治はテレビの解説でブルースリーのことをいつも「そこらにいる兄ちゃんみたいな顔」と言ってた。淀川が同性愛者だと聞いたのはだいぶあとになってからで、ああ、好みの顔じゃなかったんだな、と思った。
みるきーと名乗りながら南天のど飴のCMに出ていた時点でおかしいと気づくべきだったのか?
それにしても松尾スズキって誰かに似てると思ってたら、プロレスラーの松永光弘でした。

3月19日
オバマは超法規的措置をとってでもブッシュ前大統領を拘束し、死刑にすべきだ。そうしてはじめて、堂堂とロシアを非難できるのだ。

3月22日
演劇やってる演技性人格障害っぽい(そこまで重症じゃない)人を稀にみるけど、ふだんの態度が演技だから、いざ舞台に立ったり即興稽古やったりするととたんに印象薄い演技になる、というか舞台で素に戻るんだと思う。あれはすごい不思議な現象。
自分のことを変わってるという人がたまにいるけど、ただたんに性格悪いだけということが多い。

3月23日
俺が「笑っていいとも」を好んで観ていたのは三十年近く前だが、そのころのタモリは、ニューリーダーとよばれていた安倍晋太郎や竹下登の勢力争いをときおりネタにしていた。ネタにしても面白味のない半分ブルドッグ顔のカン違い独裁者もどきに媚を売るのは、タモリにとって屈辱ではなかったか。
丸谷才一『忠臣蔵とは何か』によれば、演劇的人間の独裁者(ようするにただの目立ちたがり)として暴虐をふるった徳川綱吉の将軍時代は、大雨洪水地震津波旱魃疫病などの災害が連発したという。安倍晋三を一刻も早く引摺り降ろさないと、日本は沈没するだろう。

自分が応援していた候補者が落選したから不正選挙を疑うってのは、なんらやましいことではなく、しごく当然のなりゆき。そこを批判するのは、重大な問題提起を潰してしまうことでしかない。もっともっと不正選挙追及の声を高めよう。

AKBも不正選挙。今年は松井珠理奈が一位じゃないかな。



TPP亡国論 (集英社新書)
集英社
中野剛志

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by TPP亡国論 (集英社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

12・16不正選挙
リチャード・コシミズ
リチャード・コシミズ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 12・16不正選挙 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




安倍政権のネット戦略 (創出版新書)
創出版
津田 大介

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 安倍政権のネット戦略 (創出版新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

小選挙区制は日本を滅ぼす─「失われた二十年」の政治抗争
講談社
浅川 博忠

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小選挙区制は日本を滅ぼす─「失われた二十年」の政治抗争 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三月の闘い 聖なるブログ 闘いうどんを啜れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる