聖なるブログ 闘いうどんを啜れ

アクセスカウンタ

zoom RSS 007 スペクター(ネタバレ)

<<   作成日時 : 2015/11/28 21:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

007スペクターの感想です。ネタバレするので、未見の方は絶対に読まないでください。

ダニエルクレイグの007にはどうしても悲劇の影がつきまとう。
「カジノロワイヤル」では最後に愛した女性が非業の死を遂げ、「慰めの報酬」では、さらに誰が敵で味方かも定かではない混沌につきおとされ、「スカイフォール」では母親のようなMまでも失ってしまう。激情に駆られる男が非情に生まれ変わってゆく一連の物語なのだが、この三本では他にも三人の女性が命を落としている。

カジノロワイヤル
http://oudon.at.webry.info/200612/article_1.html

慰めの報酬
http://oudon.at.webry.info/200901/article_6.html

スカイフォール
http://oudon.at.webry.info/201212/article_1.html

じつはこれらの悲劇を裏で演出している人物がいた、というのが最新作「スペクター」の眼目だ。

冒頭のヘリコプターを使ったアクションが素晴らしい。英国情報部の内務と外務が統合され、00課は存亡の危機に立たされる。ここらの内容が(というか全編通して)「ミッションインポッシブル ローグネイション」そっくりなのが気になるが、措いといて、「慰めの報酬」でその存在がかいまみえた謎の国際犯罪組織の会合にボンドはあっさり潜入し、ついにその首領が姿をあらわす。それはボンドにとって忘れるのできない顔だった…

その男は、幼くして両親を亡くしたボンドの後見人オーベルハウザーの息子で、ボンドとは兄弟同様に育てられ、父とともに雪山で死んだと思われていたフランツだ。ボンドは謎を解くため、組織に追われるかつての敵、ホワイトに接触する。過去二作ではお洒落な老紳士だったホワイトは、髭もじゃの小汚いオヤジになりはてている。予告で見た男があのホワイトだったのかと、俺は轟いた。「慰めの報酬」では奥さんらしき女性とオペラ鑑賞してたけど、離婚して、一人娘の身を案じているという。ボンドは組織の秘密を知る娘マドレーヌの保護を約束する。

フランツオーベルハウザーは、犯罪組織スペクターの首領で、おなじみエルンストスタブロブロフェルドと名乗っている(ペルシャ猫や「007は二度死ぬ」とおなじ目の傷も象徴的に表れる)。みてると「スカイフォール」のときとおなじく、ホワイトもマドレーヌもボンドをおびきよせるための囮にすぎず、すべてはブロフェルドの策略でしかない。前三作でボンドが味わった苦しみまでも、彼の筋書きだったというわけだ。

本作は失敗だったと俺は結論するのだが(とはいえ駄作ではない)、それは脚本に無理があるからだ。Mに異様な愛憎を抱いていた前作のシルバどうよう(彼もスペクターに操られていたようだ)、フランツオーベルハウザーもまたボンドに異常な敵愾心を抱く。ボンドの両親と同じ登山での遭難とみせかけて、父を殺害し、自らを抹消し、ボンドの人生を翻弄する。おそらく自分よりはるかに優秀なボンドに、すべてを奪われた感覚に陥り、嫉妬に狂い、ボンドが愛するあらゆる者を抹殺したい、という願望が彼を衝きうごかしているのだ。

なんて映画に描かれていない部分を空想し、つい精神分析的対象にしてしまうけど、はっきりいっていきなり現れた新キャラをボンドの過去に結びつけてもムリヤリなこじつけにしかみえず、因縁が感じられるはずもない。ブロフェルドがボンドの影だったとするには納得できるほど両者の内面の葛藤に踏み込んでいるわけでもなく、オーベルハウザー=ブロフェルドとする必然性はまるでない。犯罪組織があまりに巨大化してしまい、英国情報部の中枢にまで食い込んだ理由をつけるため、ボンドを憎み苦しめるオーベルハウザーという存在が創りだされたように思える。

「悲劇が転じて幸運になる」というブロフェルドのセリフがあったけど、「カジノロワイヤル」で恋人を救うことができず死なせたボンドは、最後に過去をふっきるように、囚われのマドレーヌを見事救出する。もうすこし最後にド派手な見せ場があれば印象も変わったろう。あと巨体の殺し屋ヒンクスが、「ゴールドフィンガー」の万屋とか「私を愛したスパイ」のジョーズのような迫力を残せてないのも惜しまれる。もう一回ぐらい出番を増やしてほしかった。
降板説もささやかれているけど、クレイグにはもう一二本シリーズを続けてほしい。今度こそ一話完結で。

追記;オーベルハウザーという人物の由来に関しては以下の文章が参考になる。
http://strangways.blog69.fc2.com/blog-entry-6118.html?sp


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
007 スペクター(ネタバレ) 聖なるブログ 闘いうどんを啜れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる