聖なるブログ 闘いうどんを啜れ

アクセスカウンタ

zoom RSS 幻の大判小判

<<   作成日時 : 2017/05/07 14:42  

トラックバック 0 / コメント 0

四月の終わりにコインコンベンションへ。もし俺が億の金が自由に使えるのなら、ここで売られていた雁金や蛭藻金を買い漁るのだがな。

さて、博多金判・博多銀判で検索してみたら、こんな画像が出てきた。ネット競売にかけられた複製品らしい。
画像

博多金判・銀判とは、鎌倉時代に鋳造された最古の小判といえるもの。どちらも所在不明だったのが発見されたと矢部倉吉『古銭と紙幣 収集と鑑賞』に載っているのだが、この本以外には資料がない。上の複製は地元福岡で造られたものか定かではないが、これならひとつ手に入れたいものだ。

ほかにも気になって古い珍品大判小判画像を探してみた。
画像

東京国立博物館所蔵の上字大判金・無名大判金・角判金。これは室町後期のもののよう。われわれが知る大判小判は江戸時代、さかのぼっても秀吉鋳造のものぐらいだが、それ以前の数少ない物。

つぎは東京大学 経済学図書館・経済学部資料室の古貨幣コレクションから。
画像

上代方金(左)上代判金(右)足利家で鋳造したものか、はっきりしたことは知らない。大判小判の原型だろう。
画像

金含銀二分判(左上) 福知山三十匁銀(左中)
福知山十五匁銀(左下) 盛岡七匁銀判(右上)
但馬壱両銀判(右下) 金含銀二分判(左上)
これらは江戸時代の地方貨幣。どれも現存一品のみといわれる貴重な物。

さらにこんなものがあった。
http://www.geocities.jp/matubarajin/detail13.html
信長鋳造の大判という。本物なら超弩級の大発見だろう。なんでも鑑定団に出して欲しい。
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
幻の大判小判 聖なるブログ 闘いうどんを啜れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる