アクセスカウンタ

聖なるブログ 闘いうどんを啜れ

プロフィール

ブログ名
聖なるブログ 闘いうどんを啜れ
ブログ紹介
闘いうどん、それは正義とおうどんという、これまで決して交わることのなかった相反する二つの要素が一体になった凄まじくも崇高なおうどん。煮えたぎるコシのつよい闘いうどんを武器に、この世に巣食う悪を滅ぼし尽くす、めくるめくような正義の世界を、どうかご堪能下さい。いま、吹き荒れる正義があなたを襲う!

こんな悪との闘い、はじめてだ…

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
エグホン9
ツイッター転載の小ネタ集:九月に抉られた本質です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/09/30 22:26
世界文学大作戦:ブータンの瘋狂聖 ドゥクパ・クンレー伝
渋谷ツタヤのサスペンスコーナーにあった「神は死んだのか」というDVDが面白そうなので借りてみた。無神論者の哲学教授に論戦を挑む学生と、彼らを取り巻くひとびとの群像劇で、これはてっきり「マグノリア」方式で、最後とんでもないオチがつくに違いないと思っていたら、事件が起こることは起こるのだが、結局教会の宣伝映画じゃないかとがっくり。幸福の科学の布教映画と変わらない(見たことないけど)。まぎらわしい棚に置くな! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/09/21 23:08
エグホン8
ツイッター転載の小ネタ集:八月に抉られた本質です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/31 19:40
詩と箴言:終末論覚書
性根のまがった哀れな男は、手当たり次第に何でも嘲る。自分にも欠けた点がないわけでもないのを、知ればいいのに、それには気がつかない。(「オーディンの箴言」『エッダ―古代北欧歌謡集』谷口幸男訳) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/18 10:49
ミッション:インポッシブル フォールアウト
観てきた。これはすぐれたアクション映画、いや、もうアクション芸術映画といったほうがいいだろう。物語の細かい部分がよくわからず、二回観た。近場の映画館でやってないから、一時間に一本しか出てないバスに乗って遠くまで。夏休みで窓口は他の映画観る子供ばっかりだし、これだからシネコンは嫌いなんだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/14 14:54
エグホン7
ツイッター転載の小ネタ集:七月に抉られた本質です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/31 12:14
三遊亭円丈『師匠、御乱心!』と落語協会分裂騒動
三遊亭円丈の名著『御乱心』が三十年以上の時を経て、『師匠、御乱心!』と改題され、ついに文庫化された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/30 22:23
ダンガル きっと、つよくなる
ダンガル きっと、つよくなる 「バーフバリ 王の凱旋」は完全版もあわせて映画館で三回観、DVDで戦闘・格闘場面を繰り返し観た。こんな面白い映画はほかになくこれを超える映画は今後十年あらわれないだろうと思っていたが、「ダンガル きっと、つよくなる」はインド映画の世界興行収入で「バーフバリ」を上まわっているという。まさか、「バーフバリ」より面白い映画なんてあるのだろうか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/12 10:53
エグホン6 本質を抉れ!
ツイッター転載の小ネタ集:六月に抉られた本質です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/30 20:35
背に腹は代えられず、セクハラはやめられず
まーとにかく一銭にもならないことで忙しく、ブログを書く気力もない一月なのでありました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/29 19:41
エグホン5
ツイッター転載の小ネタ集:五月に抉られた本質ですが、はじめのほうのツイイドを誤って消してしまいました。ので、十日から。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/01 20:15
機械を叩く
ブログも更新しようしようと思いつつ、どうにもままならなかったのだが、ようやく私は、正義の世界に戻ってきた。やはり私には正義がよく似合う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/05/31 22:44
エグホン4
ツイッター転載の小ネタ集:四月にえぐられた本質です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/05/02 09:43
エグホン2・3
ツイッター転載の小ネタ集 二月三月に抉られた本質です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/31 21:47
詩の根源へ
詩の根源へ という本を出しました ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/15 00:23
二十九年前の朝まで生テレビ
晩年の西部邁はアヘ政権に批判的だったようだが、もう少し生きていたら、朝日の森友文書改竄報道と断末魔のアヘチンゾウに対して、どんな反応をみせたのだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/10 20:03
韓国の大芸術アクション映画「悪女」
一月の半ばに急遽本が出ることになって、バタバタしていて、更新が滞っていたのだけど、ついに私は、正義の世界に帰ってきた。やはり私には正義がよく似合う。満を持して悪との闘いに挑む私のポコチンは、いつにもまして臭い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/04 15:21
エグホン(抉られた本質)1
ツイッター転載の小ネタ集 平成三十年一月に抉られた本質です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/31 21:09
星野仙一について私が知っている二三の事柄
新年最初の読書はフィリップロス「素晴らしいアメリカ野球」だった。冗長な部分は多いものの、終わりのほうはけっこう面白い。むかし小田実がテレビの討論番組で「フィリップロスっちゅうオッサンがこういう小説を書いとるんや」と話していたけど(ロスは小田より歳は一つ下だが)、出席者は誰も読んでなかったようで、完全にスルーされていた。小田実や村上春樹や高橋源一郎のような、アメリカ現代小説のマニアにしか理解できない面白さがあるのだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/08 16:39
抉られた本質(師走編)
ツイッター転載の小ネタ集 十二月の本質です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/31 15:19
詩と箴言 ビルマの文学
日頃世界のさまざまな詩を読んでいるのだが、東南アジアの古典文学作品は、中国文化圏にあるベトナムのものがかろうじて翻訳されているぐらいで、その他の地の古典文学は、存在するのかどうかすら知られていない。さいわいタイに関しては『タイ国古典文学名作選』があり、これは抄訳要約ながらかなり面白く、いつかあらためて紹介したい。今回取り上げるのはウー・ペマウンティン『ビルマ文学史』(大野徹監訳 池田・コウンニュン・堀田・原田分担翻訳)。八百年におよぶ歴史を概観する良書。よくこんな本を翻訳刊行したと感心。いくつか... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/23 17:39
詩と箴言 ウイグルのムカーム
青春の日々にこそ、お前の創造主に心を留めよ。 苦しみの日々が来ないうちに。 「年を重ねることに喜びはない」と   言う年齢にならないうちに。 太陽が闇に変わらないうちに。 月や星の光がうせないうちに。 雨の後にまた雲が戻って来ないうちに。(「コヘレトの言葉」新共同訳『聖書』) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/15 11:37
NHKの受信料について
先週、NHKの新規契約とかいう男が夜8時すぎてからやってきた。二年半ほど前に引っ越したとき、住所の変更は行っていて、受信料も払っている。なのにこの住所での登録が済んでないという。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/10 12:53
モンゴル人最強神話の終焉
「喧嘩稼業」で無敗の横綱金隆山が死んだ(?)のは衝撃だったのう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/06 23:31
抉られた本質:9・10・11月編
ツイッター転載の小ネタ集 この秋に抉られた本質です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/29 21:55
幻の貨幣
幻の貨幣 先月は「アウトレイジ最終章」の感想など書こうと思いながら、とうとう更新できませなんだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/06 20:01
詩と箴言 先住民の言葉
ながらく更新が途絶えていたが、とうとう私は、正義の世界に帰ってきた。やはり私には正義がよく似合う。満を持して悪との闘いに挑む私のポコチンは、いつにもまして臭い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/29 13:26
抉られた本質(六・七・八月編)
ツイッター転載の小ネタ集:六・七・八月の闘いです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/31 13:14
アルチンボルド展ほか
アルチンボルド展ほか 今月は猛暑にくわえ、パソンコンが壊れかけてて、書きたいこともいくらかあったのに、とうとう更新できませなんだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/30 16:51
芸術小説 超探偵・高橋節夫の事件簿3
   3身体殺人事件――さようなら、高橋節夫 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/23 21:51
芸術小説 超探偵・高橋節夫の事件簿2
   2超密室! 豚高闘竜殺人事件 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/22 20:27
芸術小説 超探偵・高橋節夫の事件簿1
   1超探偵・高橋節夫登場 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/21 23:22
不正選挙小ネタ集
不正選挙に関するつぶやきをまとめました ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/20 21:28
詩と箴言 恐ろしき忖度社会
このところ、スティーブン・ピンカー『人間の本性を考える』『暴力の人類史』を読み返している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/18 18:53
持永只仁とクエイ兄弟
持永只仁とクエイ兄弟 赤ちゃんからの脱却 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/11 18:58
抉られた本質(五月編)
ツイッター転載の小ネタ集 この五月に抉られた本質です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/31 20:36
春風亭小朝の暴力
神奈川県立図書館の全館公開ツアーに参加。はじめて入った書庫はまるでバベルの図書館かと思うような狭苦しい迷宮だった。本だけでなく、映画、ビデオ、レーザーディスクも多数保管されている。他にもずいぶん貴重なお宝が保存されているのだと知り、図書館の役割の重要性をあらためて感じる。図書館こそ文化の中心なのだ。解体新書や、変わった形、変わった装丁の貴重書も見せてもらい、余は満足ぢゃ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/29 20:45
幻の大判小判
幻の大判小判 四月の終わりにコインコンベンションへ。もし俺が億の金が自由に使えるのなら、ここで売られていた雁金や蛭藻金を買い漁るのだがな。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/05/07 14:42
抉られた本質(四月編)
ツイッター転載の本質集四月編でゴメス ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/30 11:45
田宮二郎の「白い巨塔」
田宮二郎の「白い巨塔」 田宮二郎主演のドラマ「白い巨塔」をDVDで観た。もう四十年近く前の作品だが、いささかも古びていない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/23 23:55
詩と箴言 マヤの神話
詩と箴言 マヤの神話  四つの国の終わりに、その罪悪の極みとして  高慢で狡猾な一人の王が起こる。  自力によらずに強大になり  驚くべき破壊を行い、ほしいままにふるまい  力ある者、聖なる民を滅ぼす。  才知にたけ  その手にかかればどんな悪だくみも成功し  驕り高ぶり、平然として多くの人を滅ぼす。  ついに最も大いなる君に敵対し  人の手によらず滅ぼされる。    ――ダニエル書(日本聖書協会 新共同訳『聖書』より) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/21 13:15
三度目の本質
ダーウィンの自然淘汰による適者生存説は、生存という言葉が示すように、生物だけにしか適応しない。自身が生物であるから、われわれは生物が一番大切に見えるが、宇宙内の森羅万象を考えると、生物はその一部にすぎないのである。つまり、生物独特の法則に従って、外の現象とは独立に生物だけが変遷を重ねてきたとは、ちょっと考えがたいというところにダーウィンの概念の根本的な欠陥があると思う。(大野乾『大いなる仮説』) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/31 19:52
大芸術!「山田孝之のカンヌ映画祭」
大芸術!「山田孝之のカンヌ映画祭」 根津美術館で「高麗仏画――香りたつ装飾美」を。ひさびさに東洋美術の神髄を心ゆくまでたんのう。しかし肉眼では捉えきれないぐらい緻密に描き込んであるので、暗い会場でやや離れたところに展示された絵をみても、見逃した部分は多く、図録を見返すと、さらなる驚きが発見される。観音様の絵の中に、ちいさな仏がびっしり描かれていたりするのだ。金泥で書かれた装飾経もまた細かな美が集積された芸術だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/29 00:33
貨幣のようなもの
貨幣のようなもの さかさま絵 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/21 12:44
トリプルX:再起動
トリプルX:再起動 レックスホイスラーのさかさま絵 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/17 23:02
詩と箴言 遺伝子とは何か
アラブの詩以上に知られていないのがトルコの古典詩だ。平凡社の世界名詩集大成18には、峯俊夫によるフズリとバーキー、それに二十世紀の詩がわずかに翻訳されており、これらはのちに『トルコの詩』という一冊にまとめられているが、俺が読んだのはそれだけだ。《ムーア人の滅亡後はアラビア・セム系の言語の宝はトルコ人に受け継がれたが、かれらはほとんど独特なものを生み出すことなく、ペルシアとアラビアの領分にとどまっている》とドイツの詩人クラブントはのべている(世界教養全集13「世界文学三十六講」秋山英夫訳)。ここで... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/08 22:13
二度目の本質
ツイッター転載の小ネタ集:二月に抉られた本質です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/28 12:37
詩と箴言 西洋帝国主義への怒り
イブン=ハルドゥーン『歴史序説』最終章には、アラブのすぐれた詩が多数紹介されているが、とりわけ美しく感じられるのは、スペインのムワシャッハとよばれる形式のものだ。アブー=バクル=アルアブヤドの詩を読もう(森本公誠訳)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/20 14:16
詩と箴言 ジャーヒリーヤ詩
詩と箴言 ジャーヒリーヤ詩 サタンは、すべての罪ぶかい嘘つきのもとへ降りる。 彼らは聞きいっているが、その多くは嘘つきである。 迷う者は詩人に従う。 汝は、彼らがあらゆる谷間をさまよい歩く様子を見なかったか、 自分では実行もしないことを口にするのを。 ――コーラン26章 池田修訳(世界の名著15) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/10 14:16
平成二十九年最初の本質
ツイッター転載の小ネタ集:一月の本質になります ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/30 19:51

続きを見る

トップへ

月別リンク

聖なるブログ 闘いうどんを啜れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる