ミティラー美術館コレクション展

たばこと塩の博物館でミティラー美術館コレクション展をみてきたよ。たば塩は前に行ったとき道に迷ってずいぶんムダに歩きまわって、もう間違えまいと挑んだのに、すこし手前で曲がってしまい、けっきょく歩きまわってしまった。場所を渋谷に戻してほしい。 インド先住民の描いたミティラー画ワルリー画の展示会は以前よくあちこちで開かれていて、何度かみ…
コメント:0

続きを読むread more

半沢直樹DVD鑑賞

ここんとこしばらく「半沢直樹」DVDを見まくっていた。なんのかんのいってもやっぱり面白い。ミステリー要素が大きいのでネタバレになる内容紹介は避ける。もちろんご都合主義的な展開も目立って、ここんとこはもうちょっと工夫してほしかったけど、特に証券会社を舞台にした前半は見応え充分。なにより悪役が素晴らしい。市川猿之助の伊佐山の憎ったらしさは絶…
コメント:0

続きを読むread more

コロナで思うこと

終末思想を極めたので、こんどは進化論の勉強をしようと、スチーブンジェイグールド『個体発生と系統発生』を読み始めたが、高度に専門的な内容なので、なかなか先に進めない。18世紀の前進化論についてはフーコー『言葉と物』でも取り上げられていたと記憶する。もうすこしわかりやすい本で一から学ぼうと進化論入門書をひもといていたら、とつじょ地震が起こり…
コメント:0

続きを読むread more

詩と箴言:東洋の言葉

火が消えるとき、それはまさに風に入る。 水が乾くとき、それはまさに風に入るのだ。風こそ実にこれら一切のものをとりこむ者であるからである。(ウパニシャッド) 年を重ねて、ますます自分の実存の「根」が東洋にあることを痛切に自覚する。 そこで東洋の詩をいつくか紹介してみよう。 まず朝鮮の僧侶、韓龍雲の詩。この人については白楽晴…
コメント:0

続きを読むread more

年末年始の闘い

ツイッター転載の小ネタ集 年末年始に行われた壮絶かつ崇高な闘いの記録です 12月1日 斎藤幸平の著作は全共闘世代からはどう評価されているのだろうか 12月2日 「いだてん」DVDを観てるんだけど、やっぱり落語パートはいらなかったな。森山未來は好演だけど、ビートたけしと神木隆之介を見るとなんか鬱陶しくて、つい早送りしたくな…
コメント:0

続きを読むread more

詩と箴言:不断の進歩の物語を否定せよ

あなたの心が子供に縛られていれば、子供はあなたにとって愛すべき敵となってしまう。あなたがいかに教養と品格のある者でも、子供が誕生すれば、もはやかつてのあなたではいられない。たとえ立派な禁欲者であろうと、子供ができればあなたも堕落しきった者でしかありえない。 もし今日あなたが海と同じ色に染まれば、海の底を夜照らす真珠となるだろう。だ…
コメント:0

続きを読むread more

令和二年 闘いの総括

今年もわずかとなった。コロナのお蔭で家に引きこもることが多く、極度の人間嫌いの私に不自由はなかったのだが、思うように芸術に親しめなかったのが悲しい。 四月から二ヶ月間は電車もバスも乗らなかった。六月初めにバスに乗った時、満員で隣の席に客が座っただけで恐怖を感じ、浅い呼吸で酸欠状態に陥ったほどだが、最近は気にならなくなった。もっとも現在…
コメント:0

続きを読むread more

川本喜八郎と岡本忠成

インド映画「ダンガル」DVDを購入し、何度も繰り返し観て、そのたび感激して泣いている。ネット動画を観ると、日本版では削除された場面がかなりあることに気づき、オリジナル版はブルーレイでなきゃ観られないと知る。そうなると完全版がみたくなり、ツタヤでわざわざブルーレイ再生機を借りて観ると、これはやっぱ完全版のほうが断然いい。なぜカットするのか…
コメント:0

続きを読むread more

緒形拳とその時代

鯉の甘煮 信用金庫の被災地応援キャンペーンに当選して、商品がもらえることになった。どうせならふだん食べられないものを選ぼうと注文したけど、味付は濃いし、堅いし、小骨は多いし、ウロコついてるし、あんまり美味くなかった。鯉のあらいは数年前に食べたことあったけど、うっす~い切り身で味もろくにわからなかった。どうも私と鯉は相性が良くないようだ…
コメント:0

続きを読むread more

貫かれた信念 9~11

ツイッター転載の小ネタ集 九月から十一月にかけて貫かれた信念です 9月1日 24時間マラソンに対抗する24時間ズリセン、関東大震災に対抗する関東大試飲祭など、やらなければならない企画は山ほどあるなあ。 9月13日 「女王陛下の007」のダイアナ・リグが亡くなった。新聞にはボンドの最初の結婚相手を演じたとあるが、じつは映画…
コメント:0

続きを読むread more

詩と箴言:マックス・ノルダウ『現代の堕落』

よく「その人のことを信じようと思います」という言い方をするけれど、実はそれって、自分が信じたい“理想の人物像”を勝手に期待しているのではないか、って。だから「裏切られた」なんて言葉が出てきたりして。でも本当は相手が裏切ったわけではなくて、自分には見えていなかった部分が見えただけだとしたら? その時、すべてを受け容れられる自分でいるために…
コメント:0

続きを読むread more

世界の終末思想

M・ヒンメルファーブ『黙示文学の世界』はなかなかの好著。黙示文学というと通常は聖書の外典偽典のように、ユダヤ教からは排除された、キリスト教資料として扱われる。けれどもユダヤ人の著者は、ビンサンチン時代の「セフェル・ゼルバベル」「セフェル・エリヤフー」といったユダヤ文学を取り上げていて、こうした文献はほかに資料がなく、邦訳もない。岡田明憲…
コメント:0

続きを読むread more

三代目小さんのレコード

金澤裕之・矢島正浩編『SP盤落語レコードがひらく近代日本語研究』という本を見つけて、読んでいた。面白い指摘がいくつかあって、興味深い。三代目柳家小さんは、近代語を最も用いていた噺家で、三代目馬楽はあまり新進の語に興味を持たないという(小野正弘論文)。けれどこれは、両者の吹込み数に圧倒的な差があることを考慮すべきだろう。馬楽「長屋の花見」…
コメント:0

続きを読むread more

映画「星の子」

欲に動かされ、心に動揺をきたしてどうにもならないこの世に生まれた者は、みな心が乱れ散るのは当然のことです。譬えていうならば、人間の世界に生を受けた者にはみな目鼻があるようなものです。乱れ散る心を捨てて往生しようということはとても無理です。心が動揺していながらも、そのまま念仏申す者が往生できるのであればこそ、すばらしい仏の本願というもので…
コメント:0

続きを読むread more

半沢直樹のことなど

半年ぶりに映画を見に行く。「テネット」SFを好まないので、クリストファー・ノーラン監督作品はみたことがなかった。映像感覚は面白いけど、内容はさっぱりわからない。アクション場面を逆回しにしてみたらどうか、という思いつきだけで作ってしまい、脚本の方はどうでもいいと考えたのではないか。 コンビニで実話BUNAタブーなる雑誌をみつけ、つい…
コメント:0

続きを読むread more

記憶の不思議

藤原頼長のことが気になって、元木泰雄『保元・平治の乱を読みなおす』を読み、なかなか面白く、あらためて頼長に興味がわくが、今回書きたいのはそのことではない。 文中「大庭景親」という東国武士の名をみたとたん、とつじょ花沢徳衛の顔が浮かんできて、いまから四十年以上前の大河ドラマ「草燃える」で、景親を演じていたのを思い出したのだ。 念のため…
コメント:0

続きを読むread more

末法思想について

ユダヤの預言書や黙示文学を読んでいると、その社会状況が現在の腐りきった日本とよく似ていると感じざるを得ない。マスコミの虚偽報道と不正選挙にコーティングされた日本社会はもはや滅亡間近の末期症状というべきだろう。 数江教一『日本の末法思想』を再読。これは名著。 考えてみれば、俺は日本仏教をいままでほとんど勉強してこなかった。 著者…
コメント:0

続きを読むread more

黙示録考

きみたち花婿は(花嫁の寝屋に)はいるな。処女らは冠を装うな。きみたち婦女らは子が授かるよう祈るな。石女はこの上もない幸福感にひたり、子のない者は喜び、子のある者は悩むであろう。なんで難儀して産み、呻吟しつつ葬るのだ。また人に子があって何になる。彼らの後裔に名をつけていまさら何になる。この母は廃り、その子らは捕囚の身となったというのに。い…
コメント:0

続きを読むread more

「あさひなぐ」と「いだてん」

現在おいらが唯一読んでる漫画、週刊ビッグコミックスピリッツ連載、こざき亜衣「あさひなぐ」が終了した(ヤングマガジンの「喧嘩稼業」もあるのだが、もはや連載中とはいえない状態だ)。 読みはじめたのは三年ぐらい前、乃木坂メンバーの映画が公開されたころで(映画はつまらなかったが、江口のりこ扮する尼さんの寿慶は漫画そのままで驚いた)、風呂屋でみ…
コメント:0

続きを読むread more

世論調査は捏造です

フェイスブックで三ヶ月も前に「アベシンゾーとタケナカヘイゾーの〇刑を求めます」と書いたことへの警告が届いた。アベはついにフェイスブックへの言論弾圧を始めたということだろう。つまりアベはまだ実権を手放すつもりはないということだ。徹底的に批判し、滅亡させるほかないのだ。 菅義偉の支持率が石破を抜いて急上昇しているらしい。 そんなもん…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ禍での信念

ひさしぶりにツイッター転載の小ネタ集 三月以後に貫かれた崇高な信念です 3月11日 なんで5ちゃんねるの芦田愛菜スレッドが蓮實重彦の話題になってるんだ? 3月16日 タワーレコードでCDを買うと八割ぐらいの確率でケースが壊れてる。もうあそこでは買わない。 植松聖死刑! まこともって文句なしの名判決 俺は死刑を肯…
コメント:0

続きを読むread more

詩と箴言:正義だョ!全員集合

それにしても暑すぎて、原稿を書くどころかブログの更新もできず、本も読む気になれなかった。 終末論の勉強がはかどらないのは、基本的に俺がユダヤ・キリスト教に関心がないからだ。創世記や預言書は身に迫ってくるけれど、黙示文学となるとどうもピンとこない。 「おお大地よ、もし心でさえもほかの被造物と同様に土のちりから出来たのだとするなら、…
コメント:0

続きを読むread more

人類滅亡論序説7

 稲岡宏蔵はロンボルグをブッシュ政権と呼応するかのように登場した経済成長至上主義者と批判する。マット・リドレーは《私が意見を異にするのは、ありとあらゆる政治色の反動主義者たちがほとんどで、たとえば文化的変化を嫌う保守派、経済的変化を嫌う社会主義者、テクノロジーの面での変化を嫌う極端な環境保護主義者らだ》(54)と、市場原理主義的立場を表…
コメント:0

続きを読むread more

人類滅亡論序説6

 リドレーは、世界の進歩にともない自然生態系は回復しつつあるという。この説に論拠をあたえたと考えられるのがビョルン・ロンボルグだ。ロンボルグもまた、社会は進歩し、自然との関係はどんどん改善され、人類はなんだかんだいってますます繁栄している、と数多くの統計を示して主張する(40)。ところが、悲観的な環境保護論者も同じ資料を参照してるのに、…
コメント:0

続きを読むread more

人類滅亡論序説5

 ピンカーは言語は自然淘汰によって発達し進化してきたとつねづね主張している、いわば淘汰原理主義者のひとりなのだが(その本尊はダーウィンだが、現在最大の布教者は利己的遺伝子でおなじみリチャード・ドーキンスだろう)、人間の本性は一万年のあいだ一定で、社会間の行動の違いは環境要因によるとし、遺伝子があたえる影響については一部留保しつつも懐疑的…
コメント:0

続きを読むread more

人類滅亡論序説4

 立花隆は、バラ色未来学が流行したあと、公害の顕在化によって灰色未来学が登場し、七十年代半ばにはふたたびバラ色未来学が復活してきた、と書いている(23)。円堂都司昭も、未来学ブームが起きた六十年代後半から大阪万博までを未来の時代とし、そののち七十年代前半から終末の時代が始まったとする(24)。初期には分子生物学的知を駆使して環境問題や人…
コメント:0

続きを読むread more

人類滅亡論序説3

 トルストイは『クロイツェル・ソナタ』のあとがきでのべる。《人類の滅亡ということは、人間にとって何もこと新しい思想ではない。宗教家にとっては、信仰のドグマであり、科学者にとっては、太陽の冷却という観察から推して、必ず到着しなければならぬ結論である》(14)と。  トルストイは長廬子とおなじように、天文学的に人類の滅亡は必然と考えている…
コメント:0

続きを読むread more

人類滅亡論序説2

 世界の終末・人類滅亡を語る本は多い。たまたま目についたものをあげれば、ジョエル・レビ『世界の終焉へのいくつかのシナリオ』、マーチン・リース『今世紀で人類は終わる?』、ナオミ・オレスケス+エリック・M・コンウェイ『こうして、世界は終わる』、フレッド・グテル『人類が絶滅する6のシナリオ』、アラン・ワイズマン『人類が消えた世界』『滅亡へのカ…
コメント:0

続きを読むread more

人類滅亡論序説1

悲観主義と楽観主義 「結局、富も文明も、貧困や野蛮と同じだけ戦争の原因をはらんでいるのであってみれば、人間の狂気も悪意もついにいえることがないのであってみれば、遂行すべき正しい行為は、ただ一つあるのみだ。賢者はこの惑星を爆破するに足るだけのダイナマイトを積むがよい。この地球が粉微塵になって虚空に散るとき、宇宙はほんの少しばかり、ま…
コメント:0

続きを読むread more

大西つねき問題

初期仏典にこんな逸話がある。 キサーゴータミーという若い女性が、一人息子を亡くし、半狂乱になって仏陀の元にやってきた。子供を生き返らせてほしいというのだ。 仏陀はこう言った。「これまで一度も葬式を出したことのない家から、芥子の実を貰ってきなさい」 彼女は喜び勇んで出かけた。だが、どこを訪れても、葬式を出したことのない家はない。探し…
コメント:0

続きを読むread more

終末・進化・尊厳死

現在構想中の評論は三部構成で、終末論・進化論・尊厳死を扱う予定なのだが、もう五六年本を読んでいるのになかなか考えがまとまらない。 後藤明『世界神話学入門』で、世界の神話を古層のゴンドワナ神話と新層のローラシア神話に大別していることは以前にもふれた。 フレイザーは洪水伝説がアフリカ大陸にはほとんど存在せず、あっても一神教の影響とみてい…
コメント:0

続きを読むread more

詩と箴言:007と俳句

統治される者は統治者の生き方を規範にし、後者が腐敗堕落すれば、前者もそれに調子を合わせるものである。上に立つ者が好き勝手なでたらめをすれば、それをとがめて自分たちだけは節度を保つというのではなく、悪行を徳行と心得ちがいして模倣するのである。王の行動を是認するには、実際、王をまねる以外にないからである。フラウィウス・ヨセフス『ユダヤ古代誌…
コメント:0

続きを読むread more

水滸伝を断念

アベ批判ツイートしてたら、いきなりアカウント停止させられ、そのまま再開されない。あきらかにツイッター社のいやがらせで、おそらく数万人の反アベの人たちが発言を封じられているのではないか。アベが追い詰められ、滅亡を迎え、日本に民主主義が復活しようとしているとき、ともに声をあげられないのがなんとも歯痒い。アベ辞任と黒川辞任はセットだろ、と思っ…
コメント:0

続きを読むread more

北沢方邦『世界像の大転換』

北沢方邦の新著『世界像の大転換』を読む。 北沢方邦の名を知ったのは、80年代の半ばごろ、当時熱中していた本多勝一の著作を通じてだった。 70年代、極限の民族の探訪ルポで人気を博し、反体制の論陣を張っていた気鋭のジャーナリスト本多と、構造主義を紹介し、対抗文化運動の担い手だった気鋭の文化人類学者北沢は初顔合わせの対談で意気投合し、エロ…
コメント:0

続きを読むread more

検察庁法と種苗法の改悪に反対しよう

※現在、卑劣で邪悪なツイッター社の謀略によりツイッターアカウントが制限されております。アベはなりふりかまわず言論弾圧はじめたな! アベによる悪法に抗議する声が高まっている。 息のかかった検察官クロカワ某の定年を延長させ、みずからの犯罪を隠蔽し、幕引きを図り、政権を投げ出し退陣してのうのうと余生を過ごそうとする卑劣なアベによる検察…
コメント:0

続きを読むread more

マスク

奇妙な夢を見た。 夢はいつでも奇妙なものだが、大規模な演劇祭があり、観たい演目が二つあるので(ひとつは主演が米倉涼子だった)、知人を誘って切符を予約し、客席にいたら、枝野幸男とその弟子にあたる岡村隆史そっくりな、新太郎という政治家が出演していて、俺は知人に状況を説明するのだが、新太郎の名字がどうにも思い出せない。そんな政治家は実在しな…
コメント:0

続きを読むread more

7日間ブックカバーチャレンジ

フェイスブックで「7日間ブックカバーチャレンジ」という企画に参加しました。その、七日間にわたる壮絶かつ崇高な記録。 ①これから一週間毎日本の表紙を紹介せよとの指令をいただきましたので、まず初日は、この地球上で最も神聖な書物を。 『詩の根源へ』 これには一読感銘を受け、以後何度となく読み返し、かくも素晴らしい本を書いたのは、きっ…
コメント:0

続きを読むread more

志村けん および小林信彦

志村けんが亡くなって、いくつかの追悼番組を観、雑誌記事を読み、ネット動画を漁りして、堰を切ったように志村のギャグのかずかずの思い出が甦ってくる。その多さは空前絶後といってもいいのではないか。あらためて志村けんは本物中の本物だったと思う。そうした偉大な人物が、コロナ感染という、病気というより突発的事故のような形でこの世を去ってしまったこと…
コメント:0

続きを読むread more

詩と箴言:アメンホテプ四世とダライ・ラマ六世

神よ、 変えることのできるものについて、 それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。 変えることのできないものについては、 それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。 そして、 変えることのできるものと、変えることのできないものとを、 識別する知恵を与えたまえ。 アメリカの神学者ラインホールド・ニーバーの祈りの言葉…
コメント:0

続きを読むread more

哀悼 志村けん

志村けんさんが新型肺炎で亡くなった。惜しんでもあまりあり、残念でならず、悲しすぎる。 物心ついたときから、「8時だヨ!全員集合」に親しんできた。荒井注が脱退して、初登場した志村が、台車に寝そべって刀を振りまわしながら舞台を横切ってゆく場面に大笑いした覚えがあるけど、正確な記憶かどうかは定かでない。 驚かされたのは東村山音頭で、こんな…
コメント:0

続きを読むread more

レザー・アスラン『人類はなぜ〈神〉を生み出したのか?』

しばらく古代イスラエル最初の記述預言者アモスに関する本を読んでいたのだが、並木浩一『ヘブライズムの人間感覚』はその時代の社会背景を捉えて興味深い。《古代の農民たちはどこでもぎりぎりの生活状況にあり、家族の増加やしばしば訪れる雨不足やいなごの害によって、いとも容易に困窮して、納税や食料、それに播種のために帰属もしくは富裕農民から金や穀物を…
コメント:0

続きを読むread more

最近の芸術

先月は東京都現代美術館のダムタイプ展や森美術館の未来と芸術展を見、国立映画アーカイブでは戦後日本ドキュメンタリー映画「山谷 やられたらやりかえせ」「山中常盤」など見、なかなか刺激的だったのだが、今月は疫病の蔓延で外出もままならず、思うように芸術にも親しめなんだ。 最近聴いたCD まずフィリピンの作曲家ホセ・マセダが採集した民族音…
コメント:0

続きを読むread more

貫かれた信念1・2

ツイッター転載の小ネタ集 令和二年一月二月に貫かれた崇高な信念です 1月2日 007はカジノロワイヤルだが、自民党はカジノワイロで、響きとしても間が抜けてる。 1月6日 「喧嘩稼業」掲載されているではないか。しかも今回めちゃくちゃ面白い。 1月7日 食べてすぐ横になると牛になるというが、逆も真なりとするなら、食べ…
コメント:0

続きを読むread more

詩と箴言:闘いうどんフェステバル中止のお知らせ

今春開催を予定しておりました四年に一度の正義の祭典「闘いうどんフェステバル」は、新型肺炎感染予防の観点から、中止に決定いたしましたことをご報告申しあげます。なお二年に一度の正義の祭典「闘いうどんカーニバル」は予定通り開催いたします。奮ってご参加ください。 「人間は神のうちに一人の人間しか見なかったし、今後も見ないだろう。人間がどん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

増田俊也『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』を泣きながら読む

今年に入ってスポーツノンフィクションを二冊つづけて読んだ。 佐山和夫『金栗四三 消えたオリンピック選手』 大河ドラマ「いだてん」前半は見逃しているので、これは興味深い。 金栗四三の逸話で最も感動的なのがつぎの物語だ。金栗は日本人初の五輪代表選手として、ストックホルム大会マラソンに出場するも、猛暑のため朦朧としたまま、民家の庭に…
コメント:0

続きを読むread more

四角いジャングル

少年マガジンに掲載され、小学生のころ愛読していた梶原一騎原作・中城健漫画『四角いジャングル』全11巻を入手し、ここしばらく読みふけっていた。感慨深い。このころの俺はプロレスは真剣勝負だと思っていたし、この漫画に描かれた世界もすべて実話だと思っていた。現在からすると、虚実とりまぜた世界が、なんとも奇妙に滑稽に映るのだが、いっぽうでまた、格…
コメント:0

続きを読むread more

世界文学大作戦:ワングランの不思議

年末年始は「水滸伝」か「オブローモフ」か「悪霊」といった長めの書物を読もうかと思っていたのに、あっというまに一週間がすぎてしまった。おいらはもともとカフカやアポリネールやボルヘスやローベルト・ワルザーやブルーノ・シュルツのような前衛的な短編小説を好んでいたので、長い小説はあまり好きではないのだ。 新年最初に読んだ小説は宮本百合子の短編…
コメント:0

続きを読むread more

令和元年 最後の信念

ツイッター転載の小ネタ集:十二月に貫かれた信念です 12月5日 学問でなく評論を書いているのは、事実を探求するより自己表現したいからだが、創作でなく評論を書くのは、自己表現より自己主張したいからなのだ。 12月10日 吉本芸人に闇営業を仲介したカラテカの入江とやらは、アベともつながりがあったはずで、反社会勢力もアベから紹…
コメント:0

続きを読むread more

「いだてん」のことなど

「いだてん」総集編をみる。 このドラマ、今年最大の収穫だったのだが、じつは本放送では前半部分をほとんど丸丸観ていない。 オリンピック自体はわりと好きで、というのも子供のころモントリオール五輪をみて感動したのがきっかけで、小学校の図書室で金栗四三が水を飲まない練習をして、小便がドロドロになり、このままでは死ぬと思い、深夜人が寝静まって…
コメント:0

続きを読むread more

ミイラの話

今月も慌ただしく、各種支払いに追われている。ゆっくり芸術に親しむ暇も、読書する時間もない。 Bunkamuraザ・ミュージアムでリヒテンシュタイン侯爵家の至宝展、東京国立博物館でカタール王族の収集品展示「人、神、自然」をみる。 文化村は肖像画・宗教画・風景画もよいが、なにより静物画が素晴らしい。この美しさは写真で見てもあじわうことが…
コメント:0

続きを読むread more