フレンチアクション「アルティメット」

 サッカーに興味はないけれど、朝の番組で、大沢啓二がジダンに「喝」とかいってて、張本勲が相手選手に「喝」といってた。張本は、人間どうしてもがまんできないときもある、頭突きは本来顔面にするものだがジダンは胸にやったから冷静さを保っていたとも発言していた。やはり差別される身になっての言葉だと思う。くらべて大沢のほうは人種差別する側の人間(死んだソレイタの扱いを思い出せ)だということが明確になり、醜悪だった。

 さて、今年に入って「ナイトオブザスカイ」「トランスポーター2」と、仏製活劇映画の威勢がいい。イメージフォーラムでみた「アルティメット」もかなりの、というか、「MiⅢ」を上回る面白さだった。主演のふたりはともに格闘技経験もあり、シリルラファエリはスタントマンとして活躍、ダヴィッドベルは海兵隊からパルクールという独自の身体表現・肉体芸術を編みだしている(パルクール集団「ヤマカシ」も彼の弟子のような存在らしい)。そんなふたりが肉体を駆使してみせるのだから、極上のアクションが堪能できるというものだ。
 舞台は、2010年の都会から隔離された、低所得者の住む13街地。ここで生まれ育ったレイト(ベル)は、麻薬の汚染から救おうと街を牛耳る顔役タハと闘っているが、妹を人質にとられ、監獄へ入れられてしまう。タハはその間、新型兵器を強奪し、誤って起爆装置を作動させてしまう。この危機を解決するため、腕利き捜査官ダミアン(ラファエリ)が任務に赴き、レイトと力をあわせて闘うのだが、この筋書もうまくできている。邦題の由来は、悪玉がテレビでUFC(ひとむかし前の日本での俗称はアルティメット大会)を観戦しているところからきたのだろう。タンクアボットそっくりな、雪男と名づけられた巨漢も登場し、チャップリン映画の悪漢か「007ゴールドフィンガー」の万屋みたいな闘いっぷりをみせたりする。やはりリュックベッソンがてがけた「トランスポーター2」はさいごマンガになってしまっていたけども、本作は生身の体がひたすら駆け、跳び、ぶつかり、すりぬけ、動き回るのだから、もう仏蘭西がアクションの本場として香港・タイと並び称される日も間近いのではないだろうか。

 ついでながらイメージフォーラムシネマテークでフランスアヴァンギャルド映画「アッシャー家の末裔」「マッチ売りの少女」もみる。先先週はフィルムセンターでフランス前衛映画選集を、先週は横浜美術館イメージフォーラムフェスティバルでイギリスアニメーション作品集をみた。学生時代はこうした映画ばかり、ほぼ毎日のようにみまくっていたものだ。古今の名作はACTミニシアター、実験映画はイメージフォーラムとシネマシオン、記録映画は有楽町そごう最上階の映像カルチャーホール、漫画映画は板橋のアニメーションフェスティバル、文化映画は日比谷図書館、落語や伝統芸能の記録映像はNHK放送博物館と国立劇場の上映会、あと、明治学院の学生がやってたらしいアンリラングロワ集団なんて上映会もあった。アテネフランセにはめったに足を運ばなかった。こういった映画に親しむ機会もずいぶんと減った。イメージフォーラムはぜひマヤデレンとシャーレーンカズンの上映会をふたたび開いてほしい。

 イメージフォーラムのちかくに、あじろう(庵治郎)というつけ麺のうまい店があり、そのもちもちした食感にふれると、もう恵比寿のつけそばちゃぶ屋からも足が遠のいてしまうほどだが、その隣に、麺カフェ牡励湯なる店があり、そこで鮎涼つけ麺というのを食ったら、じつにうまかった。ふだんは牡蠣からダシをとったラーメンをだしているそうなので、ぜひ食べてみなければならない。もちろんあじろうのつけ麺も忘れるわけにはいかないのだが。
 いいつけ麺とアクション映画に親しめ、嬉しい。かくして、今日も正義は、私によって守られた。

この記事へのコメント

2008年01月14日 23:15
ぼーれいめんもあじろうもつぶれちゃったみたいです。絶望。

この記事へのトラックバック

  • アルティメット(バンリュー13) Banlieue 13

    Excerpt: シリル・ラファエリ、ダヴィッド・ベル主演 邦題がアルティメットになりました シリル・ラファエリ、ダヴィッド・ベル主演 リュック・ベッソン製作のアクション映画 なんとなくYAMAKASIを思わせ.. Weblog: travelyuu とらべるゆう MOVIE racked: 2006-07-27 21:44
  • 映画『ナイト・オブ・ザ・スカイ』(ジェラール・ピレス監督)★★

    Excerpt: >映画『ナイト・オブ・ザ・スカイ』(ジェラール・ピレス監督)★★ う――――ん、何と言おうか、、、 あれだ、目指せトップガン!!で、リアルに作ろうとして、 そのままなし崩し.. Weblog: AI-z「出田直正(nao)の一日。」 racked: 2006-08-14 03:05
  • アルティメット

    Excerpt: 監督:ピエール・モレル 脚本/原案:リュック・ベッソン 出演:シリル・ラファエリ、ダヴィッド・ベル、トニー・ダマリオ、ラルビ・ナセリ 2010年のパリ。治安悪化により隔離された地区・バン.. Weblog: 幸せになりたい女課長28歳。 racked: 2006-12-14 22:59
  • アルティメット (Banlieue 13)

    Excerpt: 監督 ピエール・モレル 主演 シリル・ラファエリ 2004年 フランス映画 85分 アクション 採点★★★ 何度も書くようではあるが、映画を楽しむポイントは決して一つではない。感動の物語を楽しむのも.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2006-12-30 07:28