バトルヒート

ドルフラングレンとトニージャーの映画「バトルヒート」を観てきたよ。

引っ越してからニケ月ぐらいテレビを見られない状態だったので、DVDばかり見ていた。「マッハ!」「トムヤムクン!」であらためて往年のタイアクション映画の素晴らしさに打たれた。
「トムヤムクン2」が「マッハ無限大」の題で今年初めごろに公開されていたようなのだが、まったく宣伝されてなかったので知らなかった。まえにも書いたとおり、ネット動画で見ていたのだが、たいして面白くなく、どうしても映画館で観たいとは思わなかった。

過去記事:YouTubeで観る「トムヤムクン2」
http://oudon.at.webry.info/201408/article_2.html

トニージャーの師匠パンナーリットグライが去年若くして亡くなっていたことも知らなかった。彼のアクション演出はもはや巨匠レベルだったと言ってもよく、もうタイのアクション映画は衰退の一途をたどるしかないのではないか。
しかし、一時は「マッハ参」の監督を放棄して坊さんになっていたというトニージャーが海外作品で活躍しはじめたのは嬉しい。「ワイルドスピードスカイミッション」につづき本作、香港では「SPL2」でウージンと共演しているそうだし、ラングレンとの共演作をもう一本撮り終えているという。リットグライも草葉の陰で喜んでいるのではないか。

いっぽうドルフラングレンといえば俺には悪役の印象が強いが、「ダークエンジェル」という一風変わった映画があって、ラングレン扮する刑事が異星人と闘うものだったけど、暴走刑事とコンビを組まされた、生真面目だが腕利きのFBI捜査官という取り合わせが面白く、これはふつうのアクション作品でも通用したんじゃないかと思う。

さて「バトルヒート」。ネタバレしないがこれはかなり面白く、「エクスペンダブルズ」や「96時間」より見応えある。悪役の俳優さん、「パシフィックリム」に出てたけど、他にもどっかで見憶えある。「ドクターモローの島」だったかな、と調べてみたら、「薔薇の名前」で火あぶりにされる不気味な男だった。あれみたときは特殊メイクだと思ってたが、ホントにあんな顔してるんだな。びっくり。
あと女優さんが三人でてくるけどみんな美人。暗い映画だけどなかなかの傑作なので、皆様ぜひご覧ください。

追伸:日本破壊を目論むアヘチンゾーは、不正選挙のニセ総理ですよ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック