人類滅亡論序説6

 リドレーは、世界の進歩にともない自然生態系は回復しつつあるという。この説に論拠をあたえたと考えられるのがビョルン・ロンボルグだ。ロンボルグもまた、社会は進歩し、自然との関係はどんどん改善され、人類はなんだかんだいってますます繁栄している、と数多くの統計を示して主張する(40)。ところが、悲観的な環境保護論者も同じ資料を参照してるのに、…
コメント:0

続きを読むread more